日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
答えは未来にあるんだよ。
2006年04月20日 (木) | 編集 |
この春に転勤した学校は、香取が以前いた学校だ。
2年前まで、2年間いた。
そのときに3、4年生と担任した20人の子たちは、この春卒業した。
香取は、その子たちが卒業したのを待って、今の学校に戻ってきた。
その子たちのこと、大好きだった。
私は13年間、正式にこの仕事を続けてきて、家族の海外赴任で退職した。北海道は、そういうときは必ず退職しなければならない。休職はできない地域だ。
アラブ首長国連邦にいる3年間で、もう一度この仕事に復帰したいと思っていた。
もともと、音楽の大学だったから、実は小学校の免許をもっていなかったので、その3年間に通信教育で取得した。
もう一度、現場に戻って、前に働いていた13年間よりきっと「いい香取」になってがんばりたいって思っていた。
アラブからもういちど採用試験を受けに戻った。
2次試験までがんばったけど、だめだった。
まぁ、「13年間もいらなかったんだよ。」って言われた気分だった。
全否定。。。そういう気持ちを抱いた。
今でも、北海道教育委員会も文部科学省も大嫌いだ。

帰国してから、「期限付き」という形で「チョーク一本?」もって色々な学校に行くようになった。
そして帰国後初めて担任した子たち。
この春、卒業した子たちだ。

本当に大好きだった。
何をやっても楽しかったし、何をやっても私に着いてきてくれた。
どんなへんてこ授業でも、真剣にやってくれたし、音楽が大好きで心優しい20人だった。

その子たちとの別れの式で、香取は壇上で号泣した。
何にも話せなかった。自爆した香取に連爆するように、当時4年生だった20人は大粒の涙を流してくれた。(いつも香取は教師冥利につきるよね。)
こんなに素敵な出会いができたのなら、な~~んだ。採用試験落ちてよかったんだって思った。このために、私は採用試験に落ちたんだ。
この子たちに会うために、私は今いるんだ。。。その時、心からそう思えるようになった。
こんなにすてきなhappy endが待っていたんだ。。。って。

その後、2年。
いろんな噂を聞いた。
新しい担任の先生との関係や、○○ちゃんが反抗してるよ。。。とか、香取には考えられないことだったし、厳しく叱られてる子供たちのことを想像して、香取も離れた学校で泣いてた。
お別れしたけれど、幸せを願い合ったんだ。私たちは。

色々な行事に呼ばれても行かなかった。
私は行ったらだめなんだって思ってた。新しい先生と仲良くしなよ。。。って思った。
市内の音楽会に彼等が出ると聞くと、こっそりわからないように見に行ったりした。
だけど、「みんな~~こんにちわ~~!!」って行ってはだめだろうなと思ってた。

この春。
香取は彼等の母校に戻った。
どこで聞き付けたか、ぽつらぽつら大きくなった中学生が遊びにきてくれる。
どこかに書いたけれど、卒業文集に「一番の思い出は3、4年生のとき」って書いた女の子もいたって言う。
その話を聞いた時、香取は泣いたよ。
だって、一体どんな2年間を送ったの?って思ったから。

最初に遊びにきてくれたのは女の子たちだった。
昨日は、その子たちが男の子達を連れてきた。
かわいい小さい子だったのに、ちょっと声変わりなんてしちゃってこっちも照れる感じ。
だけど、じ~~って私の顔を見て、かわいかった男の子が色々話してくれた。

そして今朝。
この頃いつもそうだけど、重い気持ちを抱きながら職場に向かう。
その車から5、6人の男の子の姿が未見えた。
中学生かな。。。と思って、そのまんま学校の敷地に入って車を停めた。

学校に向かう香取に、声変わりした男の子の声が
「せんせい~~~~~!!」と呼んだ。
振り向くと、5、6人の男の子は、当時香取のクラスにいた男の子くんたちだった。
手を振ると、全員が大きく手を振ってくれた。
「いってらっしゃ~~~い!」って香取も怒鳴った。

今は結構な苦しみに中にいるし、きっと彼等と生活していたときだって苦しい日々だったに違いない。
人間が、生きて行くんだもの。
辛いことも楽しいこともある。
今、手を振ってくれる彼等の中に香取は、どういう風に残っているのかわからないけれど。
答えはその時には出ない。
ずっと先の未来に待っているんだ。
Happy endがね。
コメント
この記事へのコメント
いつも香取さんの学校での記事を読むと
自分の仕事について改めて考えたり、励まされたり・・・。
この記事でも「答えは未来にある」と言う言葉。
ちょっとハッとさせられました。

今、仕事をしていて自分はこれでいいのか・・・と何度も悩んで
逃げ出したくなること、辞めたくなることがたくさんあります。
未来が見えなくてとっても辛い。
でも、香取さんの言葉、記事を読んで
私も辛いけどHappy Endが待っていることを信じて
この仕事を続けていこうという気持ちになりました。

本当に本当に辛くて、投げ出したくなるけど
頑張ろうと思います。

本当にいつもいつも、励ましてくれてありがとう!
2006/04/23(Sun) 01:09 | URL  | すぅ #-[ 編集]
すぅさん、同じだよ!!
>すぅさん
コメントありがとう。
私がここに書いてることは、自分に向けてです。
私もね、、、今は未来が見えないです。
不安をいっぱい抱いて、霧の中を進んでいるような気持ちです。
ふっとした瞬間に、考え込んでる自分が、自分で嫌になります。
きっと振り返ったらたいしたこともない「今」なんだと思います。

辞めたくなるのもわかるよ。
私も、毎年毎年考えます。ばかみたいだけど。
でも、、、、進むかな。うん。前に向かって歩くかな。
うん、歩こうね。
きっとhappyendが待ってると信じて。
2006/04/23(Sun) 12:06 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック