日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
楽しい飲み会
2008年01月27日 (日) | 編集 |
「じろうさん、もはやですか?」
「うぃ~~~~。。。」
昨日は久々に飲み会で、夜中の2時頃に帰って来た。
楽しい楽しい飲み会だった。
20080127113239.jpg
ここ数年、飲み会というものが苦痛だ。
職場の大勢で飲んでいる時は、とくに苦痛だ。(いやいや、今の職場とか前の職場とかに限らず)
なんでかわからないけれど、そこに「楽しさ」を見いだせなくなっている。
そして、やっぱり利害関係とかがあったりするのも嫌だ。「無礼講」とか言っている時点で、牽制しあってる感じがしてやだ。
それから、子供っちの名前を出して、個人情報じゃじゃ漏れで愚痴とか言ってる時とか最悪だし、以前いた学校なんて飲み会で行事が決まったりしていた。そんなのは納得いかないし、やだ。

昨日のメンバーは、ちょうど香取が退職するときに組んでいた、当時の6年生担任の同僚達だった。香取が遠くに行くので、送別会をしてくれた。3月なんて忙しいはずだからと、忙しくない1月を選んで、色んな人に声をかけて集まってくれた。

その当時の学年のメンバーは6人。
その中のひとりは、遠いところに転勤しちゃったけれど、みんなで飲んだ。
当時、嫌なことがあっても、楽しいことがあっても、平日でもよく飲んでいた。休み時間に、頭に濡れタオルを乗せている人もいた。酒臭い息で授業をしている人もいた。
いっぱい飲んだけれど、いっぱい仕事もしたし夢もあった。
よくここでお話しする、沖縄戦をテーマにした劇をやったメンバーだった。
演技指導、音楽指導、大道具、小道具、バック絵、エンドロール作り、群読指導、、、とみんなで分担して200人の6年生による劇を作り上げたんだ。
ラストシーンで主役の女の子が、体育館のフロアに何粒もの涙を落としたとき、私たちがやってきたこの道が、正しいと確信した。

そんなメンバーが10年経って、再会する。(もちろん、その間何度か個人的に会ったり、また同僚になったりしているけれど。)管理職になった人もいる。
1次会はめちゃくちゃ喋り、お腹の筋肉が苦しいほど笑い転げた。
2次会はいっぱい歌った。今やジャニソンしか歌わない香取も、久しぶりに色々と懐かしい歌を歌った。
(初めて知ったんだけれど、本人映像のKinKi KidsのPVは豊富だった。あと、お宝としてフィンガ-5の映像や、忍者の映像。。。爆!)

みんな言う。
「飲み会なんて久しぶり。」「こんなに楽しい飲み会って、このごろなかったんだ。」
香取は、仕事のストレスを仕事場のメンバーで飲んで発散するのは、なんか違うってずっと思っている。この頃。
もう利害関係もなんにもなくなった私たち。
そこに残っていたのは「友情」だけだったよ。
どんなにバカなことを言っても、みんな知ってる。自分たちがやって来たことの尊さやそして苦しさも。

そして、夜更けの街をまた、それぞれの場所に戻って行った。
また3年後!ってみんなで言った。みんな近所にいるから会えるやん?って香取は言ったら、
こんなことがないと集まれないのさ。。。って、みんなが言った。
じゃぁ、そのきっかけとなって元気に戻ってくるよ。
明日も職場で「おはよう。」って会うように、みんな帰って行った。
コメント
この記事へのコメント
私も
偶然同じ時に同じような集まりを楽しんでおりました。
同じ苦労をし、今でもお互い頑張っているからこそ、リフレッシュできる仲間なんだと思います。
1年ぶりで会っても前置きなしで毎日会ってる様に話ができ、別れる時もまた明日会うように一年間別れていく・・・。
そんな風にしてもう8年続いています。
時代や職場環境は本当に変ってしまったけれど、一緒に苦しくも楽しく頑張っていた仲間に会うことで、また今の現実の中で何とか生き延びる道を模索する気も湧いてくるのです。
来年も、笑ってみんなと会えるように、ストレスは溜まっても「負けないぞ!」って感じです。
2008/01/27(Sun) 19:38 | URL  | 昭平 #-[ 編集]
本当ですね。
>昭平さん
ほんとに、ぴったり合いましたね。タイミング。
辛い飲み会。。。って、きっと「日本の文化」のような気がします。
よその国にもあるのかしら。
居心地がいい場所って、「人」なんでしょうね。

昭平さんは、温泉にも入られて、いいですね~。
おいしいものもいっぱいですね。
私も、いまのうちにおいしい魚達を食べておかないと。。。。
2008/01/28(Mon) 19:51 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック