日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
大ちゃんの時代!!
2008年01月18日 (金) | 編集 |
20080118233506.jpg

「これが僕たちの、Freestyle!」
好き勝手にしてるだけやん。

。。。。ってゆってる場合ちゃうよ!大ちゃんの画集が大変なことに!
とうとう、大ちゃんの時代が来たんだね。
最後の隠し球だ。

昨日、嵐友達のブログで、大野智画集「Freestyle」の予約が、どこも受け付けてくれない!という情報を聞きました。すぐさま、いつもお世話になっている例の「ぴあ」のある大型本屋さんに問い合わせたのですが、まぁこれが、らちのあかない会話でした。

「予約できますか?」
「発売日には間に合わないかもしれません。」
「で、手には入るんですよね?」
「それは予約をされた方から順番にお売りすることになるので。」
「だから、ちゃんと手には入るんですよね?」
「それがわからないんですよ。」
「じゃぁ、他のお店にも問い合わせてみたいのですが、予約は入らないということですか?」
「発売日には間に合わないとは思うんですが。。。」
。。。。。なんやねん、この会話。戻ってるやんけ。
というような押し問答がなされました。
最後には、てきぱきした感じのお姉さんが電話に出て来て、「大丈夫と思いますよ。」というコトバが締めでした。

で、、、先ほど、電話がきて
「出版社にも注文が殺到して、初版でのご予約は無理のようです。でも、注文が多いのですぐに第2版がでるはずですので。」という話でした。

てゆうかね。
いつも思うんですけれどね、もっと初回的なものはいっぱい作ってほしいです。
小出しにしないでほしい。なんかそうういう、気分をあおるようなことはしないでほしいですね。

それにしても、どんだけ少ない刷りだったんでしょうか。
大ちゃんに、あまり期待はされていなかったのかしら?
いや考えられる。

とっても気楽に考えていた「アマツカゼ」も心配になってきました。
平日だし(夜だけど)大丈夫かな?と思ったのですが、ちょっと自信のなくなってしまった気持ちです。

でも、大ちゃんがたくさんの人に受け入れられて行くのが嬉しい。
そして、そんな大ちゃんの姿を見届けていけるのが嬉しいです。
今朝はめざましで大ちゃんが出ていた。なんかもう座長としての風格があるけれど、先輩アツヒロくんをしっかり立てている大ちゃん。
お稽古がんばってね!
怪我しないでね!
最後に会えるといいな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック