日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
翔ちゃんの涙
2008年01月15日 (火) | 編集 |
20080115162522.jpg

「あ、、、翔ちゃんが泣いてる。。。」
「ほんまや。。。。きれいな涙やね。」

月曜日のNEWS ZEROはC型肝炎訴訟の九州原告団の福田依里子さんが、イチメンのゲストだった。汚染された血液製剤によってC型肝炎感染被害者となった福田さん達患者さんを救済する、「薬害肝炎救済法」の公布が決定されたのだ。
当事者にならなければ、その苦しみも何もわからない。
「あなたの家族がもし同じ病気に感染したら、それでも同じような態度を取るのですか?」と厚生労働省の前で何度も訴えて来た福田さんに、その決定の2時間前に翔ちゃんが出会った。

よくぞ、そんな大切な瞬間に、福田さんという方は翔ちゃんに会ってくれた。。。って思う。
いや、誰でもない翔ちゃんだからきっと会ってくれたんだろうと思う。

月曜日は1日中ローズデイだったから、私はここの記事に「薔薇のない花屋」のことを書こうと思って久しぶりにリアル見していた。そして、冬休みも最後と思って、そのまんまNEWS ZEROを見た。いつもはどうしても見ることのできない遅い時間なので、嵐の色々な番組の中で、これだけはいつもスルーさせてもらっていた。
だけど、この日。
いちばん心に残ったのが、翔ちゃんの涙だった。

「薬害肝炎救済法」が決定される瞬間を、会議室のような場所で肩を並べてテレビを見る福田依里子さんと翔ちゃん。
その決定の瞬間、福田さんの様子を見守る翔ちゃん。
涙ぐむ福田さんをしっかりとした眼差しで見つめる翔ちゃん。

香取の心に深く残ったのは、福田依里子さんが笑顔でその部屋を去って行ったあと、
「あんな小さな体で大きなものを背負って来たんだね。。。。。。よかった。。。。」と言った、翔ちゃんの目から一筋の涙がこぼれたこと。

たった2時間の間に、福田さんの何年もの想いを受け止め、その苦しみを解ろうと努力し、同じ世代の人間として自国である日本のことを考え、その理不尽さを嘆き、それでも
「これは私の入学式です。」
と笑顔で話す福田依里子さんの強さを眩しいと思ったであろう翔ちゃん。
この法律の決定のときに、初めて涙を見せた福田さんの前では、ともに涙を流すなんてことは決してしなかった翔ちゃん。あぁ、、、大人になったね。24時間の時から比べたら本当に大人になったね。
あのとき、涙を流してよかったのは、福田さん達原告団の人たちなんだって、翔ちゃんは知ってる。

大学の時から報道の仕事をしたかったという翔ちゃん。
ニュースになんて興味ないよという若い世代を引っ張って、そして、夏コンのオーラスでは「世の中を変えたい。」って言った。
きっと今、なにができるんだろうと、一体自分には何が足りないんだろうと考えているんだろうな。
小さな体で20代で発症することはめずらしいというC型肝炎について実名公表をして、製薬会社や厚生労働省を訴え続けた福田さんのことを、きっとそちら側に飛び込んで解ろうとした翔ちゃん。

味方するっていうのは、on your sideって言うよね。うまい訳だなって思った。
きっと翔ちゃんは、ニュースキャスターとしてとても大切な「そっち側」に行ける人間なんだ。

薬害エイズにしても、C型肝炎にしても、そして古くは水俣病にしても、解決していないことがいっぱいだ。胎児性水俣病の方だってもう還暦を迎えられる年齢になっているはずだ。黙っていれば患者さんはみんなこの世からいなくなる。。。。的な考え。
しかも、一体誰のせいかわからないような組織がらみのことが多い日本。

前総理大臣の安倍さんは「愛国心」って言ったけれど、私はここ数年、母国をあまり誇りには思えない。だから、愛国心なんて子供達に指導はできないな~っていつも思う。
翔ちゃんがもっともっと大人になった時は、日本は翔ちゃんにとって嵐にとって、誇りの持てる国になることはできるのかしら。
コメント
この記事へのコメント
今日
新聞の折込に、フィブリノゲンを当時使って
いた病院名が挙げられていました。
それを見て、恐ろしくなった。
こんなにもたくさんの病院で使われていたんだ。
でも、それは、当然。
だって、国が認可してる薬だから。

私の出産した病院の名前もあった。
いや、わたしの県内のほとんどの病院名があった。
この中に、まだ隠れている患者さんがあと
どのくらいいるのだろう。
ほんとうに恐ろしい。

そして、福田さんはじめ、原告の方たちには
ほんとうに頭が下がる。

そうですか、翔の涙。
教えてくれてありがとう!


2008/01/17(Thu) 16:45 | URL  | まこりん  #HfMzn2gY[ 編集]
もう大人になったのに
>まこりん
もちろん、翔ちゃんだって、考えられる年齢だったよね。
うちらの時代で言うと「森永ヒ素ミルク」やね。古いわ。マジ古いけどさ。。。。

大切に育てて、病気させないように、そして賢い女の子に育て上げた福田さんの親御さんの気持ちも、想像できないほど辛いだろうね。

しかも何年も何年もたって発覚するってひどいね。
水俣病だって、チッソ工場が水銀を海に流し続けた年数なんて、何十年だもの。
何年もの間、患者さん達を黙らせていたしね。。。

今回のことで、みんなが名乗れるようになったけれど、その中でまた「認定患者」さんとそうでない患者さんとに分かれたりするんだろうか。。。
2008/01/17(Thu) 19:40 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック