日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
これが最後の!「プーシリーズ外伝 アマツカゼ」
2008年01月12日 (土) | 編集 |
20080112142859.jpg

「最後の追っかけは僕に任せてや!!」(by だるん)
昨日の夜、焼き肉から戻ったらお友達から「大ちゃん舞台」のお知らせが!!
3月末から4月までの公演期間だということなので、もう私は行けないんだな~とスケジュールを見ると。。。。
香取が日本を出発する日のちょっと前から公演が始まっている。。。もしかしたら、行けるのかもしれないと、一か八かで申し込んでしまいました。
(ちょうど、注文していたバッグがサイズ違いでお金が戻って来るのだ!うふ)

香取の追っかけの原点は「TRUE WEST」東京グローブ座でした。
嵐のファミクラに入会して、初めて取ったチケットが大ちゃんの舞台でした。
お席は、グローブ座最前列のセンターでした。(こんな席が当たる人いるんだね、、、と松岡ファンのお友達に言われました。まさにビギナーズラックでした。)

暗転の舞台にちいさなスポットが当たったとき、ブルーのセーターを着た、たしか眼鏡をかけている大ちゃんが机に座ってなにか仕事をしている。(タイプを打っていたか何か)
そんな場面でした。
思わず「大ちゃんだ。。。」って言ってしまいました。
初嵐でした。初嵐が大ちゃんでした。そして、当時は初めて舞台観覧に参加する香取がやらかしてしまったのは、最前列センターでカーテンコールの時、そっと、、、、ほんとにそっと大ちゃんのウチワを出しちゃいました。(その後ですね。舞台の観覧の時はウチワをもっちゃだめ、、、みたいな告知があったのは。爆!)
大ちゃんは、会場全体を見回してお辞儀をして、顔を上げる瞬間に香取のウチワを見ました。
そして、「うちわ。。。ウチワ!!?」みたいに二度見しました。

その当時まだ、大ちゃんのことも嵐のこともあんまりよく知らなかった香取が、唯一知っていたことは嵐のデビューの時、大ちゃんがステージに出る時はいつも自分のウチワを探す、そして見つけたらほっとしてがんばれる。。。っていうことでした。
「TRUE WEST」はTOKIOの松岡君とのふたり芝居だったので、きっと会場には松岡君ファンがいっぱいなんだろうと。だから、大ちゃんに「嵐のファンがいる。」ってわかったら、きっと嬉しいんじゃないかしら?なんて、今だったらあり得ないことをしてしまいました。爆!ごめんなさい。嵐ファンの皆様。

その後、舞台の感想をがっつり書いて、大ちゃんのラジオ番組に香取が送ったことは、言うまでもありませんな~。

初めての嵐が大ちゃんの舞台。
それは、「嵐というのは、なんて才能と表現力に溢れた人たちの集団なんだ。。。」ということを香取が知ったきっかけでもありました。

さて、「プーシリーズ外伝 アマツカゼ」はきっと、香取にとって本当の意味で「嵐の追っかけ生活」の締めになったらいいな。。。と願っています。
いや、もう行ける日はたった1日だけなので、もしその日のチケットが取れなければ、それはもうそれで諦めて旅立ちます。
だけど、大きなスーツケースをもって、片道チケットで最後の東京を訪れたとき、その最後を大ちゃんに見送ってもらえたら本当に幸せ。
でも、もう嵐にはいっぱいいっぱい幸せにしてもらってるから、今回は神様に祈ったりはしないんですけれどね。

今日、最後の振込をしてきました。
郵便局のATMの前で「どうぞよろしくお願いします。」と払い込み用紙を見送るのも、何度も何度も振込先口座番号を見直すことも、小さな振り込み用紙にどんだけ書いたらええねん。。。って思うことも、これが最後となりました。
あぁ、、、でも、最後の申し込みが嵐でよかった。
ほんとに、よかった。そして、大ちゃんで。
コメント
この記事へのコメント
いよいよ
出発の日が決まったのですね。
当然行く所も決定してるのですね。

今度は、どこかしら?わくわく(笑)
かとりんのことだから、また思いっきり
いろんなことするんだろうな~!
土産話楽しみにしています(^O^)/

出発前に大ちゃんの舞台見れるといいですね!
そういえば、個展も開くとか・・・
いよいよ大野さんの才能が花咲く時がきましたな(笑)

2008/01/13(Sun) 17:06 | URL  | まこりん  #HfMzn2gY[ 編集]
大ちゃんの個展
>まこりん
行きたいですな~。でも、これだけは、どうスケジュールを考えても行けませんわ。
だから、祈っています。個展の成功を。

みなさんが、最後の私の遠征(片道切符です。)を応援してくださいます。。。ありがたいです。

大ちゃんの季節がやってくるね!!
2008/01/13(Sun) 22:20 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック