日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
がんばれ!ジュニア!
2008年01月10日 (木) | 編集 |
20080110234713.jpg

「なぁ、昨日のハブ酒の場所に雑誌置いただけやん。」
「どんだけ、やっつけ仕事やねん。」
「屋良ちゃん、素敵!!」(by みかん)

Endless shockでの屋良ちゃんの役にしても、ドラマ「ハチクロ」にしても、往年のジュニア達にスポットライトの当たる今日この頃です。
去年のshockで斗真が、そしてその前は翼君や亮ちゃんがやってきた、光一さんに相対する役を今年はMA屋良ちゃんがやるらしいです。
最初、エイトの大倉くんフューチャーだったので、彼がやるものだとばかり思っていました。
でも、屋良ちゃんに大役が回ってきました。
こんな風に、topstageさんで取り上げられると、なんとも驚きです。

長くMAのファンをやっていらっしゃった方達はもっとだと思います。
私が「この屋良って子、、、どんな子なんやろ?」って思い始めたのが、何度もここに書いている通り、劇団演技者の「Gypsy」というお芝居でのことでした。東山さんに立ち向かって行く目の鋭い少年。
それが屋良っちとの出会い?です。
実は、「夜もヒッパレ」に出ていた頃は、日本に存在しておらず、彼らの存在もあまり知りませんでした。
そして、キンキのバックで踊る「ビロードの闇」のときの屋良ちゃんを久しぶりに見て、めっちゃかっこいい!!と思いました。
MAは嵐とはまた違って、キャラ立ちしたい!というよりも、お芝居やダンスを追求して行くグループという感じで、その潔さがいいと思っていました。

「NARUTO」「FAME」「光一さんソロコン」とMAの活躍する姿を見て来て、ずっと思っていました。
MAはもっと、ひとりひとりがアピールしないとあかんのとちゃうか?と。
「サバ☆アイ」を観たときに尚更そう思いました。こんなにお芝居のすばらしい、真面目で頑張り屋さんのグループをこのまんまにしとくの、めっちゃもったいない!!
例えば、smapの先頭きって行ったのが木村君であったように、嵐を多くの人に知らしめたのがニノや潤くんであるように、誰かが一歩踏み出して、自分を表現しないとあかんやろう!!と。

先陣切った屋良ちゃんのドリボ。
あの日の朝、めざましの芸能欄の紹介で、屋良ちゃんの文字を見たとき心臓が高鳴りました。
屋良ちゃんが行くんやな。。。。。と。
あれよあれよと言う間に、少年倶楽部でのユニッットも誕生し、そして今回のショック。。
私にとっては、最後のミラクルです。
「MAを応援して来てよかった!!」なんて、とてもじゃないけれど言えないくらいの短かった応援期間でしたが、なんだか満足しています。
見届けていける、、、という気持ちです。

そして生田斗真。
この子は、本当にがんばったな。本当に。
何度もチャンスはあったでしょう。
だって、ジュニアの中でも、タッキーたちと同じくらいがんばってドラマにもでていましたよね。
「あぐり」。育ちのよさそうな男の子だな~って思いました。
まだ小さいのに、誰よりも先頭切ってメジャーになったとーま。誰もが、絶対にデビューへと繋がって行くと思っていたでしょうね。
ずっと、ジュニアでは常にいいポジションにいたとーま。
タキツバ、ニノ、潤君、相葉ちゃん、pちゃん、そしていつも同じラインにいたとーま。
デビューして行く周りのメンバーを見て、どんな想いでこの数年間を過ごしていたでしょう。

いつしか、ドラマより舞台での活動が多くなり、それでも持ち前の真面目さでジャニーズ以外の劇団とのコラボもがんばっていたとーま。
香取が初めて生とーまを観たのは、WSSです。少年隊のときとは別役で(これも大変だよね。たしか、赤坂君の役が回って来たんだ。)嵐の3人をサポートしてくれた。
そして、去年のショック。光一君より高いテンションで「舞台人」を前面に出し、MAの4人にも感心されていた存在感のあるとーま。
とーまに会うには、舞台しかないんだろうな。。。と思っていました。

「イケメンパラダイス」の起用には驚きでした。特番の「花男」に出演してたけれど、他局だし、、ほんとによくフジテレビさんは彼の存在をあのドラマにもっていったと思います。
いつしか、小栗君と同じかそれ以上の存在感を出すようになったとーま。
初回は、「めっちゃテンション高すぎやん。舞台とちゃうねんで。」ってハラハラしましたが、いつしかあのドラマをひっぱっていく存在となりました。

「ハチミツとクローバー」。
エンドロールに「生田斗真」の文字を見たとき、そんなにファンでもないのに涙が出ました。ずっと応援して来たファンの皆さんはもっと大きな感動だったことでしょうね。
はぐみちゃんに一目惚れをして、見守って行くなんとも切ない役を、もはや初回で表現していて、とーまは器用な子だな~と思いました。
そして、これからどんな道を行くんだろうと思いました。
屋良ちゃんがそうであるように、やっぱりアイドルとして歩いて行く道も、彼の中には想定されているのでしょうか。だって、歌えるんですから。ダンスだって、、、ほんとはカウコンでもみんなに見せてほしかったです。

、、、、、となんだか、熱く長く書きましたが、去年今年と続く、あの時代のジュニア達の活躍には2008年も大いに期待したいです。
才能あふれた子達がいっぱいいるので、どうか埋もれないでほしいな。。。と思っています。
、、、って、あんた誰やねんというようなエントリーでございました。
コメント
この記事へのコメント
がんばれジュニア!
屋良っちやトウマ君の活躍が、「デビューだけがジャニーズタレントの目指すところじゃない」って示しているような気がします。
ヒッパレや初ドラマ「伝説の教師」のヨネ&屋良っちは、正直・・・・という感じでしたよ(笑)でも、それを見ていたからこそ、努力を重ねて今の輝きを手にしているんだなってわかります。
本人達がどんな思いでジュニアをしているかは想像するしかないんですが、でもひたむきに頑張る姿が魅力のひとつだと。
ジャニーズは層が厚いですね。まだまだ目が離せません。
2008/01/11(Fri) 23:38 | URL  | もさ #-[ 編集]
下からどんどん来ますね
>もささん
コメントありがとうございます。
それにしても、よくがんばったと思いますね。斗真も屋良ちゃんも。
今年の屋良ちゃんの活躍は、本人も驚くくらいの勢いだったでしょう。
近頃、あんまり食べてないという屋良ちゃんが心配ですね~。

かつて、smapの後ろでキンキが踊っていたように、そして、その後ろに嵐がいたように、、、、いつも先輩の背中を見ながら切磋琢磨するその世界が私は、とっても好きです。
いや、、、近頃のゆるい感じの子供達にも味わってほしい世界です。
2008/01/11(Fri) 23:45 | URL  | 香取 #-[ 編集]
舞闘冠
香取さん、このところ、舞闘冠のPVにはまってるママゴンです。
そして、見るたびに「あぁ、香取さんの好きな屋良っちだ。」(他のメンバーがよくわからない~(笑)
って思ってます。
なんだか、いろんな形でジャニーズがんばってるジャンね~。
でも、その中でもまだまだ暗闇の中を歩いている子もたくさんいるんだろうな。すごい世界だなって。それが、ちっちゃい子達も背負ってんだって。
そんなことを思う今日の少クラでした。
2008/01/14(Mon) 00:55 | URL  | ミーハーママ #-[ 編集]
おっ!!ニアミス!
>ママちゃん
いいしょ?舞闘冠、、、っていうか、このネーミング。。。さすがタッキーですな。
ちょっと引きで撮り過ぎっていう感じもしますが、でも、屋良ちゃんが今まで見せてこなかった、「アイドル性」みたいなものを出してて、、、それがなんか心震えましたわ。

とーまもそうだけれど、「もうアイドルとしてデビューすることをきっと、諦めているんだ。」って思っていました。
舞台という道を、歩くと決めたんだろうと、、、私自身が決め付けていました。
だけど、あのミュージックビデオの屋良ちゃんはアイドルですよね。まさにまさに。

MAとしてがんばってほしいから、あのユニットにデビューしてもらいたいとか、なんか口が裂けても言いづらいんだけれど、もしそんなチャンスをジャニーさんが与えてくださったら、きっとがんばるよ。あの子達。絶対に!!

メンバーは、キスマイから千賀ちゃん、ABCの塚ちゃん、関西ジュニアの文ちゃん。そしてM.A.Dの山本君。きっとこの子は、うちら何回も嵐のバックで観てるはずだよ。
どの子も、ダンスではそれぞれのユニットでの、ずば抜けた才能をもっている子らしいですよ~。

今日の少年倶楽部まだみてないです。
なんか新しいHDDの使い方がいまひとつ解らなくて。悲しい。。。。
2008/01/14(Mon) 01:12 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック