日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
死ぬかと思った。。。。
2007年12月28日 (金) | 編集 |
20071228235210.jpg

「えらいことやったらしい。。。」
「おつかれさま。。。。てゆうか、ご愁傷さま。爆!!!」

引っ越しでございました。2かまどから、1かまど。
もう「どんだけ~~~!!」っていう言葉、「ゴミ屋敷かよ!」という言葉、何十回も使いました。
家族が単身赴任をしておりましたが、戻ってきましたよ。とうとう!!楽しい独身生活、これでおしまいですよ。奥さん!!

昨日、引っ越しの準備に出かけたら、家の中はなんにも片付いておりませんでした。
その時点でもはや、やる気を失っておりました。
押し入れに入っている全ての物は「ごみ」でしたわ。数々の段ボールを開けると、中にはいらないものが山ほど入っておりました。

地獄でした。
私は「こ。。。これが、生き地獄とというものか~。」と思いました。

うちもマンションで狭く、しかも収納が少ないので、とにかく必要最低限の物だけもって帰ってこい!!という指令を出していたので、荷造った段ボールの数より、捨てたものやもらってもらったものの方が数倍多かったです。

「なんで、こんなもの取っておくのさ~~~~!!」
これも、何度も使った台詞でした。

うちの家族の前世は絶対に「リス」とかに違いない。
なんでもかんでも貯めておく習性だろう。
未来を思いやって、なんでもかんでも取っておくから、旅には出られないのだ。
その土地で生き、その土地に閉じ込められているような動物。

そして私はきっと「鳥」だったにちがいない。
だって、物を持たない主義ですから。
ものを持つと、未来のことを心配してしまうでしょう?そして、物が増えると、旅に出ることはできないでしょう。

結局、昨日の朝8時にこっちを出て、夜中の3時まで片付け、ゴミの中で眠り(号泣)、5時には起きて盛大なゴミ出しをして(あ、、、もちろん清掃会社には連絡済みですわよ。)、なんとかかんとか10時半に出発してきました。

それにしても、よく「ゴミ屋敷」とか、「ゴミロード」とかの問題をテレビで見かけ、「うわ、、ひどいな。なんでゴミ溜めるねん。」って思っていましたが、こんなに身近に「ゴミを溜める人間」がいたとは。。
先日観た、探偵ナイトスクープのゴミの部屋から本を探す。。という企画を、「気の毒に。」と思って見ていましたが、、まさにそんな感じでした。
テレビが撮影してくれている訳でもなく、モチベーションの上がらない作業でございました。

2時間睡眠だったので、うちについて荷下ろしをして、ご飯食べに行って、戻って来たら爆睡してしまいました。

さてと、明日は北海道香取地方は大荒れのようです。
そして、いよいよ明後日は大阪に向けて旅立ちます。飛行機さん,飛んでね!!
一旦大阪に行って、新幹線で東京に戻る。。。意味不明だけれど、大阪から参戦することに意義があるのじゃ!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック