ゆっちは、ちゃんと喋れたんか?
2007年12月17日 (月) | 編集 |
20071217200717.jpg

ゆっちは、昨日、思う存分話せたんかな?
昨日の少年倶楽部プレミアムはKAT-TUNの中丸君がゲストでした。
次回、またタッキー!!?
KAT-TUNも下積みの長いグループだと思う。
だって、買い続けたアイドル雑誌の表紙を何度も飾っているのに、「で、この子ら誰?」みたいな感じがずっと続いたもの。

ゆっち作詞の「ONE ON ONE」というファーストアルバムの曲。
あの詩が、ものすごく物語っている。

NEWSのデビューが決まったとき、亀ちゃん、仁、ゆっちの3人でジャニーさんの所に乗り込んだという下りは、、、やっぱりカツンだと思った。
虎視眈々と何かを狙っているあの目が、デビュー前からすごい奴らだと思った。
NEWSには、これまた「誰やねん?」みたいなジュニア経験も短い子達が集まっているし、エイトにいたっては「君ら、ようがんばっとったな。。。」というメンバーだし、そりゃぁ骨のある亀ちゃんたちは食らいついてでもその理由を知りたかっただろう。
「なぜ、俺らじゃないんだ。」って。

それでも、「俺らはDVDデビューでいいんだ。」って言っていたカツン。
この世界は厳しいね。そうやって、色々なものを諦めても腐らずに進めるかだもの。

どのタイミングで誰が起用されるのか、サプライズもいいところだ。
そして、ゆっちは色々なところに気を遣って、話しているんだなと感じる。昨日も。
本当の気持ち、全部ちゃんと話せたかしら?

香取は彼らのファーストコンサートが忘れられないよ。
あの時の6人のお辞儀の仕方が、それはそれは、おでこが膝にくっつくぐらいの最敬礼だったこと。

さて、昨日はMAも超かっこ良かったです。
あぁ、ジャニーさん、この子達のこともなんとかしてくれい!
いや、以前に屋良ちゃんが「やっぱり、もっと言うべきだった。」って言っていたように、この世界はやっぱり前へ前へ、自分で行くしかないんだろう。

まだいけるぞ。GO AHEAD!だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック