日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ONE DAY IN OUR LIFE~T.AKIRAライブ反省会
2007年12月10日 (月) | 編集 |
20071210193612.jpg

あーちゃん、ありがとう。
香取のいる遠い遠い、こんなに遠い北海道まで来てくれて。

昨日、フィンガ-5の晃くんが来た。どうしても、晃くんとかあーちゃんって香取は思ってしまう。
なんだか小さい頃に戻った気がするから。
「最後のサインは、夢にまで見たCDBOXやで~~!!」
そこは、20人ほどが入れる小さな小さな喫茶店でした。置かれているのはパイプ椅子で、まるでお家に晃君が遊びに来てくれてライブをしてくれる、、、そんな感じでした。

香取のお家からすっごく近くて、しかもしかも前にお仕事していた学校の校区なんで、なんともなじみの深い場所でした。
開演30分前に着いた香取たちは、お店の前で入り待ち?していました。すると晃くんが。。。。
「あ、、、晃さん。」と言う香取に、「あ、、、久しぶり。」とおっしゃってくださる晃君。
「覚えててくださったんですか?」と問う香取に「先生でしょう?」と言いながら、音合わせに入ってゆかれました。
嬉しかったよ~。もう超テンション上がりました。(いや、あげる必要ないんだけれどね。)

お店前の駐車場に車を停めて、車中で待ってる香取達に、スタッフさんが何度も何度も「もうちょっとお待ちください。」と言ってくださるのです。いやいや、お気遣いなく。そんなにお気遣いされるコンサートにはとんとご無沙汰の香取は、逆にどきどきでした。

そして、入場。恥ずかしいのでいちばん後ろの席に座りました。
今、晃君の所属事務所の社長さんの依田さん(ごめんなさい、お名前の読み間違いをする失礼な香取でした。)が、ちょうど後ろにいらっしゃったので、自己紹介させていただきました。
実は、香取地方に来てくださるなんて夢にも思わず、何度か事務所にメールをさせていただいたんです。お話をしていて感じたのは、この世界のことはよくわからないのですが、この方、とっても晃さんのことを大切に大切にしてくださっているんだな~っていうことでした。
晃君が活動を再開されてから、何度か東京でのライブに行かせてもらったけれど、こんな風にしっかりとマネージャーさんが一緒にいらっしゃるのをお見かけするのは初めてでした。そういえば、この頃メディア露出の多い晃君。
マネージャーさんの手腕なのだろうな~と感じました。

さてさて、ライブのスタートです。
1曲目は「個人授業」でした。
いつもいつも香取は♪あなたは~せんせい~♪と歌う晃くんに、照れているのですが、、、昨日も照れていました。(なんでやねん!!)

もう、晃くんライブにはとんとごぶさたの香取は、今ひとつ曲目がわからず、セットリストもなにもここにアップすることはできないのですが。それでも「つばさがあれば」とか懐かしい歌も歌われ、会場はどよめいておりました。
今ひとつ乗りの悪い香取地方。。。ってゆうか、あまりの会場の狭さとなんとも言えない緊張感で、私もどうしていいのかわからなかったです。ごめんね。晃くん。やりづらかったかな?
MCも楽しかったですよ。ときどき親父ギャグ飛ばしていました。晃さん。
てゆうか、昔「ナウい曲を作ります。」とか言っちゃって、「死語かよ!」とつっこまれていたことなんかも思い出しました。

さて、昨日のライブで、いちばん私の心に残ったのは、マイケルジャクソンの「ONE DAY IN YOUR LIFE」でした。マイケルが13、4歳の時の歌だと紹介されました。
私は、初めて聴いた曲でした。
ジャクソン5も、マイケルジャクソンも、全部フィンガ-5が好きだったから聞くようになりました。
フィンガ-5のこと見失って、いつの日かフィンガーの音楽を聞くことがなくなっても、ひとりで大人になる道を歩いているその途中にも、ときどきジャクソン5を聞いたり、マイケルジャクソンの歌を知る度、私は晃君たちはどうしているのかな?って思っていました。
小さい頃、ポスターの中にいた晃君。
同い年だから、「この子、生意気だな。」って思っていた晃君。
幸せだったらいいな。。。って思っていました。
(マイケルジャクソンが、香取には幸せに見えなかったから)

同じように音楽を愛しながら大人になっていくマイケルジャクソンの曲や、その生活ぶりを耳にする度に、私は思い出していました。

昨日、晃君がこの歌を歌ったとき、なんだか晃君の人生を見せられたような気がしました。
きっと、小さい頃から大好きな歌だったんだろうな。
この歌を心に抱きながら、ここまで歩いて来た晃君。

5年前。
赤坂のライブハウスでの集いがあったとき、実はまーちゃんファンの香取は、目の前でギターを持つ手が汗でびっしょりになっていく晃君の姿を、どきどきしながら見ていました。
そして、そのとき
「それでも、一生歌っていこうと思っています。」って言った晃君。
そのこと、昨日のマイケルジャクソンのONE DAY IN YOUR LIFEを聞きながら思い出しました。
当時はまだ一般のお仕事をされていた晃くん。

歌のお仕事を再開されるには、きっと勇気もいっぱい必要だったでしょう。
たくさんの決心も、失ったものだってあったかもしれない。
それでも、また私たちの前に戻って来てくれた晃くん。
同い年の晃くん。

昨日、晃君がこの歌を歌いだしたとき、そんな色々な想いや晃君の後ろにある沖縄の海や、小さい頃の晃君や。。。いろいろなものが目の前に迫って来て、香取は圧倒されてしまいました。

歌ってすごいよね。
だって、人の人生を見せてしまうんだもの。
そうやって、歌に魂を込めて人に伝えることのできる人間は、きっと、やっぱり神様に選ばれた人なんだ。昨日,そう思った。
音楽を愛し続けて、そして歌い続けることを決心して、諦めずにずっと歩いて来てくれた晃くんに「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。

昨日は、再会もありました。
30thの時にお会いした、札幌のフィンガ-ファンのお友達。
わざわざ、札幌からいらしてくださいました。
「香取さんでしょう?すぐわかったよ!」って言ってもらえて、嬉しかった。

そしてもうひとつ。
そのお店は晃君のお母様の従姉妹さん?晃君の従姉妹さん(どちらか忘れてしまいました。)のお店なのですが、昨日は中学生の男の子がずっといちばん後ろで観ていました。
そのお店の子供さんです。
ええ、ええ、、、、よくある話で、教え子ちゃんでしたよ。
「○○小だよね?先生のこと覚えてる?○○先生のクラスの子だよね?」とか、みんなが晃くんと写真を撮っているときに、その子と話す香取。しかもお父様(お店のご主人)とご挨拶したり。
しかも、手にはCDBOXを持ち。。。やってしもーたわ。

最後は出待ちですよ~。
こんなに親切にされる出待ちは初めてです。
だって、、、お店のご主人が「もうすぐ来ますよ。」「あと5分くらいで来ますから。」と何度も言ってくださるのです。爆!
しかも、最後には、遠巻きにお見送りをしている香取達の前に、車を停めてくださって、晃さんとのお別れもさせていただきました。
こ、、、こんな出待ちは初めて!だって、いつもは事務所のこわいお兄さんに、にらまれてるのに~。

しかも、そのお見送りした車に教え子乗ってるし、頭下げてるし、、、(あんたのこと、見送ってへんわ!みたいな気分)

また来るよ!って晃君は言っていたけれど、こんなに遠い所まで1回でも来てくれたことに本当に感謝です。
朝早く旭川を出て、6時間もバスに揺られ、一生懸命2時間近く歌ってくださって、そして最終便で帰られました。
もっとおいしいもの、食べていってほしかったな~。

いっぱいの再会と出会いに感謝の1日でした。
しかもカウコン取れて、なんてハッピーな1日だったでしょう~。

ずっと、香取として言い慣れている呼び方で。
あーちゃん、ほんとにありがとう!
ここで、今、会えたことは、香取にとってほんとにミラクルでした。
来てくれて、ありがとう。




コメント
この記事へのコメント
こちらでははじめまして!
レポ読ませていただきました。。

もう~~~じ~~んと、涙・・涙です。

香取さんの心がそのまま伝わってくるようで・・。
みんなほんと温かいね。。
集いの事も思い出しちゃった。

マネージャーもすばらしい方でしょ。。
もちろんファンのみんなもそう。。
Happyな気分にさせてくれる、ブログを読ませていただいてありがとう~☆
2007/12/10(Mon) 22:10 | URL  | CHIKA #g.K8bYvA[ 編集]
5年前の赤坂の集い、ごいっしょしましたね。

あれから何度も晃くんのライブに出かけ、晃くんがうたってくれてるのが当たり前のように感じていた気がします(毎回感動あるんだけど)
でも、香取さんのブログよんでて、あの5年前のことあらためておもいだしましたよ。
晃くんが目の前で歌ってくれる喜び・感動・幸せ・・・
そのことを大切に思いたいなあと思いました。



2007/12/11(Tue) 20:15 | URL  | MIYU #-[ 編集]
あぁ、ちかこさま~
>CHIKAさま
こんなへんぴな所まで来てくださって、申し訳ありません。
ありがとうございます。

だってだって、ちかこさん。
ずっと支えてこられたのは、ちかこさん達じゃないですか。
私は、どんなことがあっても、笑顔で凛とした背中を見せてくださるちかこさんのこと、いつもすごいな~って思っています。

晃君のことずっと支えて来られた、昔ながらのファンの方達はほんとにすごい!
そんな「優しい心」に支えられている晃君は、これからもちゃんと歌って行かなきゃだめなんですよ。
それが、晃君が生まれて来た理由なんだと、、、ライブで思いました。

次は、東京でご一緒させてください。
個人授業で照れますから。。。私。
2007/12/11(Tue) 20:21 | URL  | 香取 #-[ 編集]
赤坂の集い
>MIYUさん
近頃ジャニ話もさせていただくMIYUさ~~ん。
そうですよね。ひとりでオロオロしていた香取と一緒にいてくださった、MIYUさん。その後も、何度もライブでご一緒させていただいた。
30thのときも。
すっかりライブに顔を出さなくなった香取のこと、覚えていてくださってありがとうございます。

あの赤坂の集いは,本当に衝撃でした。
最前列でしたよね。
一緒に地下鉄に乗って2次会に行きましたよね。まーちゃんが近くに居たけれど、話しかけられなかった。。。あぁ、懐かしすぎます。

MIYUさんは九州から、私は北海道から。羽田で北と南に帰って行くこと、よくありましたね。
色々思い出しちゃいました。
次は、ジャ○プコンに一緒に行きましょうか?爆!
2007/12/11(Tue) 20:25 | URL  | 香取 #-[ 編集]
良かったね!
香取さん 晃君との再会 良かったね。
私は 三年前 29年ぶりに晃君のライブ 見たときのこと思い出したよ。

歌が聞きたくて 聞きたくて まさか東京へいっちゃうなんて
思いもよらなかった。
私 最近よく思うんだ。フィンガー5ってさ いつでも
どこにいたって どこかよそ見していたも 帰りたくなる場所なんだよ 故郷みたいな。
心と体に しみついているんだもの・・・
みんなの心にね。
2007/12/11(Tue) 22:16 | URL  | kikkochan #DdfBPkMc[ 編集]
こちらでは初めまして♪
素敵なレポありがとうございました♪
行けなかったけど、
HAPPYのお裾分けをもらったような・・
優しさあったかさにも包まれました・・・
出待ちの部分では私までわくわくドキドキ出待ちしている気分になってしまいました(*^^*)

そしてMIYUさんがおっしゃられている気持ちに
私もなりました。
あの赤坂の集いの時のあの気持ち・・・
忘れちゃいけないなと思いました。
Our Dream AKIRAさんの方にも書かせてもらいましたが、
その時に聴かせてもらった
アコースティックで大人~にしっとりでの、
『Cange The World』
あのAKIRA色に変えてのは衝撃でしたね。
こんな歌も歌われるんだね~。
すごくいい。。。
大人の男性の魅力もいっぱい。。
誰のカバーなんだろう。。私は知らなくて(^^;
思い切ってBBSで教えて下さいって書かせてもらったら、
香取さんが教えて下さったんですよね♪
あの時は曲名とアーティスト名教えて下さってありがとうございました♪♪♪

何度も読ませてもらっちゃってますが♪
また何度も読みに来ちゃうと思います。
これからもお邪魔させて下さいね。
2007/12/12(Wed) 07:33 | URL  | 久美子 #NqwoKNcQ[ 編集]
ほんとそうだよね~。
>kikkochanさん
ほんとにそうですよね。
テレビを見ていると、いつもどこかでフィンガーの懐かしい歌も聞こえてくる。
そして、やっぱりあのファースト、セカンドアルバムはすごいよね。
何回聞いてもすごいと思う。
天才肌の彼らを、どうして日本の芸能界はもっと大切に育てられなかったのか!!と今になって怒りを覚えることあるよ。

私たちがついていくのが必死なくらい、ずっと先を走っていた5人。
生まれながらに、音楽の愛されていた5人。
これから、マネージャーさんと二人三脚でがんばってほしいですね。
2007/12/12(Wed) 19:44 | URL  | 香取 #-[ 編集]
赤坂のあの日の想い
>久美子さん
そして、私は忘れませんわよ。
あの日、2次会の渋谷のお店で晃君と話している久美子さんの目が、ハートだったことを。
「人間の目がハートになるってことが、ほんとにあるのか!!」と納得しました。
あれから、何度もライブではお世話になりました。
そして、久美子さんの声援なしには、あーちゃんライブは考えられない!あの日の香取地方にもいてほしかったです。
きっと晃君もいてほしかっただろうな。微妙な空気だったから。

change the worldは、私自身が好きで聞いていた時代があったので、何年も何年も会えなかった晃君も,同じ時代に聞いていたのかなって嬉しくなったことを覚えています。

それにしても、ずっとずっとファンであり続けられる久美子さん達はすごいです。ほんとに。
私なんて、急に思い立ったようにこんなレポを書いていますが、ほんと全くもって不義理なファンなのです。

そして、久美子さん。
また遊びに来てくださいね。でも、ほとんどジャニ話なんで。ここ。
驚かれないように!
2007/12/12(Wed) 19:50 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック