翔ちゃんミュージカル「ひとり反省会」ネタばれあり!!
2006年03月30日 (木) | 編集 |
はいはい、やっと自分のパソコンの前から更新できます。
みなさま(って誰)ただいま帰って参りました。
暴風雪の北海道に。
一時は戻れないんじゃないか?転勤するのに片付けられないんじゃないか?と真剣におびえておりましたが、なんとか今朝一番に飛行機は飛んでくれました。
帰ってくるなり、すぐにお仕事へ行き、ずっとお掃除しておりました。

さてさて、翔ちゃん1年ぶりのミュージカル「Beautiful Game」の反省会です。
ネタばれもありますので、この先は読みたい方だけ読んで下さいね。

もう、「え~~~~!!」だった。
このお話は、アイルランドの宗教の絡んだお話だ。
アイルランドはカトリックとプロテスタントがいて、プロテスタントにカトリックが迫害される。。もう何百年もその紛争が続いている場所。
そこで育った若者たちの話なんだけど。。。

宗教的なことは、香取自身はプロテスタントの学校でずっと「聖書」も学んできたし、お金をかけずに信仰するプロテスタントが、私は好きなんだ。
翔ちゃんたちは迫害されているカトリックの少年であり、プロサッカーの選手になってイギリスに行きたい夢をもった少年です。

ここから、香取の独り言です。
外国の歌を日本語にして歌うのって、違和感あるわ。
特に香取のツボ入ったのは(これが「え~~~!!」のツボ)、翔ちゃんと安良城さんが結婚して初めての夜の場面。
たぶん歌の題名は「初めての夜」だ。
ふたりが演じるのはホテルの一室で、ふたりは服を脱ぎながら歌うんだ。「初めての夜」。
で、、、その歌がめっちゃ生々しいの。
「うまくいかなかったら、恥ずかしい」とか「もっと経験をしておけばよかった。」とか。
そして、香取が衝撃だったのは、あんなに突っ込みたかったWSSのときの白いパンツ(そのときはマリアと初めての夜だった。)。。。
また翔ちゃんは白いパンツだった~~~。
これは、どういう意図の場面なのか。歌はとってもいいの。
安良城さんは超うまいし、翔ちゃんもがんばってるし。でも。。。でもなんだ。
白いパンツは。。。
その前のシーンでは、サッカー仲間と柄パンで踊ってる場面もあったので「パンツ好きやな~。」って思う失礼な香取。

今回の香取席はXD席で、いわゆるオケピの場所に席を作ってあって、オーケストラの方たちは客席から見えないところで演奏をしている形をとっていた。翔ちゃんがカーテンコールで紹介するまで生演奏とはしらなかった。
で、、、近いから、翔ちゃんの涙、、、よく見えたよ。
やっぱり感情的になる役だから、毎回のテンションの調整が大変なんだろうな。。。って思った。最後のカーテンコールで、翔ちゃん泣いてた。
まだ、始まって3回目あたりだったし、緊張感のなかでやってるんだろうな。
香取は絶対スタンディングしたいので、今回も一番にスタンディングした(文句ばっかりゆってるくせして)。

周りの役者さんはうまかった。
とくに女性陣の歌。
安良城さんもさることながら、華原さん。そして劇団四季から来てる女優さん。
めちゃめちゃうまかった。
どうしてもそっちの歌唱力と演技力に心が入ってしまう。

翔ちゃんはがんばってた。きっと、WSSのときみたいに、「楽しんで」やってるんだろう。
歌は、やっぱりもっともっとがんばってほしい。(音楽の先生としてよ)

そして、やっぱりしつこいけれど、香取はソロコン見たかった。
もしかしたら、翔ちゃんの本当に表現したいことは、ミュージカルじゃないんだろうな。。。って思う。
ソロコンの自分で作り上げたステージ、やっぱり香取は見たかった。しつこいけれど。
「BG」見て、よりそう感じました。

さて、皆さんが質問してくるキスシーン。
きれいだったよ。
前から4番めでめっちゃ見えたわ。
そして、何回も何回もあるの。キスシーン。もういいやんってほどに。

青山劇場はいいホールだ。
ピンクのソファ。こじんまりとした会場。
ミュージカルにはちょうどいい広さ大きさです。

そんなひとり反省会。
ほんとに香取はちょっと反省してる。
だって、嵐の舞台に通いはじめた最初の頃は、もっともっとワクワクして感動してたのに、この頃なんなの?という気がします。自分自身に。
でもね。
思うんだ。
嵐は、きっと香取みたいなやつに「がんばったね。」って言われてるうちはまだ、本物じゃないんだ。
こんなに高いチケット代で、こんなにすばらしい会場でやらせてもらってるんだもの。
このステージに立ちたいと思っている多くの役者さんの思いの集まる。。そんな場所で、もっともっと大きくなってほしいな。

ほんとの最後に。
宗教のこと。
香取にはあまり理解できない。
アラブ首長国連邦にいるとき、何度も聞かれた。
「あなたの宗教は?」って。
「私は宗教を持ってないよ。」って言うと、ものすごく不思議な顔をされた。
「じゃぁ、困ったときはどうするの?」って彼等は聞いてくる。
「自分で解決する。」と私は答える。
この会話。3年間で何回したことか。

日本人のメンタリティでは、とても理解のできない内容なんだと思う。
宗教を超える「愛」が存在するということを伝えたいんだろう。だけど、私の友人のカソリック信者は「一番崇高な愛は、神への愛だよ。」って言う。
「価値観」が全く異なる。同じ人間なのに。
アラブはイスラムの国だ。世界から、あのテロの後は特に異端視されている。
だけど、私は1日5回、道ばたに座ってお祈りをする彼等の姿を、いつも美しいと思ってた。そして、学生時代に私が親しんできたキリスト教も美しいと思う。うん。その美しさを私は知っている。
信仰を持つこと自体は、たぶん美しいことだろう。
でも、どうして戦い続けるのか。

アイルランド紛争については、ほとんど無知なので、もっと勉強してから行けばよかったなと思う。
そんな長々とひとり反省会でした。
読んで下さった方、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
昨日は、ありがとうございました。
お会いできて嬉しかったです。
お話もたくさん出来て、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

ちょっと心配していたので帰れて何よりです。

私のほうのブログでも触れていますが
「え~~~~」の意味がわかりました。
私も、これかこれか、と思いながら観てました。

やっぱり難しかったです。
私ももっと勉強してから今度は行かないと…。

でも、昨日の舞台ではちょっと残念なこともありました。
詳しくは私のブログで。

また、ぜひお会いしたいです。
夏コン、札幌公演があったら絶対参戦しますので
よろしくお願いします。

チケットもありがとうございました。
充分楽しんでこようと思います!
2006/03/30(Thu) 21:58 | URL  | すぅ #-[ 編集]
たくさんお土産持って帰った?
お帰り~。無事に帰宅できて何より。
そしてミュージカルの感想も宗教観も全部読ませてもらいました。
翔くんの成長をやさしく時には厳しく見つめている香取ーぬの話を楽しく読ませてもらってる。実は翔くん自体を知らない私なわけだが。

ウチもインチキイスラム教の主人がいるけど、私は神様の存在を信じている。でも宗教国に生まれ育った人にとってのそれとはかなりかけはなれていると思ってる。そう育っていないからどこがどう違うのかはちゃんと明言できないけど。
ウチはお墓のあるお寺の宗派と実家にある仏壇の宗派が違う。でもってクリスマスにはケーキをその仏壇にお供えしてチーンと鐘を鳴らす。教祖にではなく、自分の先祖に。そんな典型的な無宗教な環境で育った私は、魂の根底に宗教が染まっている旦那とは宗教論争もしたことないし否定もしないし推奨もしない。

私は自分の神様を心の中に作り上げて、困ったときの神頼みばっかりだ。初詣も縁もゆかりもない神社に参拝しないでお墓参りをするようにしてる。
2006/03/30(Thu) 22:53 | URL  | ひろみ #IbEf6Jbs[ 編集]
おかえりなさい~(^^♪
i-182すごいでしょ、雪。私達でさえオッタマゲーションv-12ですよ。日本は広いね。サクラと雪が同時だってさ。広い広い。
何はともあれ、お帰りなさいv-411この天気だったから、悪夢の2月4日を思い出して、心配したよv-404
でも、着いてよかった良かった。
さて、感想レポ、読みました。
ごめんね~まずは、lovely翔ちゃんv-344のラブシーンを気にしてしまうのよ。なにせ、本物見れないからな~v-292でも、ゲネプロのときに私が思った素敵なラブシーンだったんですね~e-64だから、もう見たくない!といいつつ、何回も見てしまったWS.
今回は、テーマが重いでしょう。っていうか、やっぱり今の時代に理解しがたい問題なのかもしれない。それだけに、翔ちゃんはきっと翔ちゃんなりに伝えたかったんだね。詳しく知らないくせに言ってる・・・(苦笑)
にしても、2月4日の振り替えはありますか~櫻井さん。待ってるよ~しつこいね~・・・でも、翔ちゃんが帰ってくるのは、ステージかなってv-156完璧に自分中心です。
レポおもしろかったよん。忙しいのにありがとうございます。ぜ~んぶ読みました~!!
2006/03/30(Thu) 23:24 | URL  | ミーハーママ #-[ 編集]
へんな情報でごめんね
>すぅさん
お疲れ様でした。
なんかへんな情報を流してごめんね。でも、白パンツ、ツボ入ったでしょう?
なかなか理解しづらい内容ですよね。
例えば、「ベトナム戦争」というと日本も大きく関わってるから情報は一杯ある。でも、アイルランドの抗争は遠い異国の、本当に理解しづらい話でした。香取にとって。
まだまだ知らないことが多いな。。。と。
翔くんのtopstageのインタビュー読んでると、彼がしっかり御勉強して立ち向かってるのがわかり、香取が白パンツに反応してるのが申し訳ない気持ちになる。
でもね、後半のストーリー展開が早すぎて、ジョンの気持ちの変化が今一読み取れないのよ。
ジョンがサッカーにかける夢はわかるけれど、それを捨ててまで家族を捨ててまで貫こうとした想いが、ちょっと説明されていないでしょう?
なんでも、今回のミュージカルはハンガリー版なんだって。それも今ひとつ謎だ。でも、決して日本人がわかるようには、ジョーイさんは書き換えないって書いてたから、日本人ががんばって理解するしかないんだね。
今回、私は1度しか観ないので、理解しないまんま終わるんだ。白パンツだけを心に残して。翔ちゃんごめん。
すぅさんは、しっかりアイルランドを理解して2回めへgoだね。
2006/03/31(Fri) 00:33 | URL  | 香取 #-[ 編集]
宗教のことは
>ひろみお姉ちゃん
ありがとう。よく知らない翔ちゃんのために、いつも温かいコメント。(翔ちゃんっていい子でしょう?)

宗教のことは、たぶん日本人の自分(また、育ってきた環境もそうなんだ。)には理解の域を超えている。
ただ、アラブにいるとき、アラブ人は全員でユダヤ人を憎んでいた。これはまぎれもなく事実です。毎日の新聞はイスラエルのことばっかりだった。
そりゃそうだ。聖地を奪われたんだもの。
私の友達のパレスチナ人は、国を追われ、パスポートも持っていない。そしてやっぱりユダヤ人を憎んでる。
そして、私はあの3年間、私が「アンネの日記」を人生のバイブルとして大切にしていることを言えなかった。実際、本だって発禁だ。でも、パレスチナ側に立つと憎むべき相手だと言うこともわかるし、からんでるアメリカもうざい。つうかアメリカはアラブ人が嫌い。イスラム教が嫌い。

わかりあえる日はこないんだろうか、、、と思う。
私は、パレスチナ人に本当に仲良しだった友達がいる。
だけど、アンネの日記は大好きだ。
アメリカがめちゃくちゃにしたアフガニスタン人の友達もいる。
でも、WSSをブローウエイに見に行きたいと思っている。アメリカのミュージカル映画が大好きだった。
アメリカがイラクを空爆したとき、私たち日本人は自分のIDを隠せと言われたけれど、英語の学校に朝行った時、クラスのアラブ人の子たちはみんな、いつもどおり私に話しかけてくれたし一緒に笑い転げてた。
たぶんひとりひとりはみんな優しく温かい人間なんだよ。
そして、誰もが幸せになりたいと願い、毎日を誠実に生きている人間のはずなのにね。
2006/03/31(Fri) 00:42 | URL  | 香取 #-[ 編集]
読んで下さってありがとう。
>ミーハーママさん
香取は近頃心配なんですよ。
嵐がどこを見ているのかわからなくて。

香取が最初に嵐を好きになったのは、アルバムの曲の良さです。
実は、Backstreet Boys、’Nsync、Boyzoneとか、、いわゆるボーイズバンドが大好きで、嵐の歌を聴いた時そういうの意識されたアレンジがいっぱいあって、そこがスタートでした。
嵐の一番の曲は?と聴かれたら、私は迷わず「All or Nothing」と答えたいです。ああいう曲を表現できる嵐が好きです。そういう音楽を作り上げようとしている5人がね。

この頃の嵐は、何をしたいのかな?って思うことが多いです。
もちろん、5人は5人それぞれで活躍してるけれど、5人の力、グループ力としては、どこに力を注ぎたいのか。。。って思う。
これはトキオコンに行ってから、本当に思いました。

だからさ~。しつこいけれど、翔君のコンは見たかった。翔君が何をしたいのか知りたかったです。これはもう、残念としか言い様ないですね。ほんと。
何回もコメントいただいて嬉しいです。
また遊びにきて下さいね~。
2006/03/31(Fri) 00:51 | URL  | 香取 #-[ 編集]
どーも、どーも。
当ブログへの感想、ありがとうございました!!
こちらへのコメントが遅くなってしまい、申し訳ないです。

凄く深いことまで書かれていて、勉強になります。
舞台の内容より重みを感じました(え?)。
私は観劇中、まさかの展開へ進んで行くストーリーに、ずっと頭を悩ませ“理解しよう”“ついて行かなきゃ”“楽しまなきゃ”とずっと思っていました。
(楽しむと言う意味では、違う部分で味あわせて頂きましたが(爆)。
ホント最後のシーンを観終わった後は、複雑混乱の嵐でしたよ(苦笑)。
アイルランドの紛争のことが分からない上、ストーリーの流れ(何が言いたいのか)が全く分からなくて…どーしよう②と焦りました。
香取さんが言うように、「心に残るもの」が私にもなかったんです。
何か凹みましたね…。
でも、同じ様な気持ちを抱かれていたことが分かりホッとしました。
すっごくこんなんでイイのか、心配だったもので…。

演出も「あれれ?」と思うことが多々でしたよね…。
私も“白いパンツ”にはもう……………「なんでやねん!」と(心の中で)使ったことのない関西弁で、突っ込み入れたぐらいでしたもの(爆)。
露出も多くて驚きました!!
向こうでは笑い(ユニークさ)って言う表現が、こうゆう形になるのでしょうか?
ちょっと馴染めない下品さみたいなものがあって、理解し難い所でした。
後、ラブシーンの多さも…。
何でも“愛情”表現を“キス”って形で表現してまとめているようにしか思えなくて、何だかなぁと…。
「初めての夜」は、歌詞も去ることながら、演出もリアル~~(爆)。
まぁ、“リアル”と思われる様では、「まだまだだな」とも思ったのですがね(演技的に)。
その一方で、今までに見たことない(やったことない)シーンだけに、翔君ファンとしては心躍るものが…(って、おいおい)。そうゆう意味では、貴重でしたよ(殴)。

カーテンコールで翔君、泣いていたんですか?
凄くビックリです。
(初日は兎に角、笑顔、笑顔だったので尚更)。
劇中で何度か泣きのシーンはあり、本当に泣いていたので、感情のコントロールが出来ているなーとちょっと関心した所はあったのですがね(初日からですし)。
スタンディングされたことが嬉しかったのかもしれませんね。

青劇。
私も好きです。
凄く観劇しやすい作りだと思います。

「反省会」。
私も正直、今の嵐の向かってる先が良く分かりません。
本人達も、もしかしたらそうなのかもしれませんよね。

前より強く嵐(翔君)を思う気持ちが欠けて来ているのは、自分でも良く分かります(そーなの!?)。
でも、前と同じなんて有得ないんですよね。
下もドンドン居るわけですし、何か違うもの、新しいものと自分達のジャンルを確立して行かなければならない…。
今、嵐はそうゆう立場、時期にいるのではないでしょうか。
特にアイドル(ジャ○)と言うジャンルにいる限り。
悔しいですが、ファンである以上、もどかしさを感じつつも着いて行く(見守っていく)しか出来ないような気がします。
私はV6も10年間応援してきていますが、その中で、その微妙な自分とのズレみたいなものを感じつつも、一緒に歩んできました。
翔君に対してもなんですが、物凄い葛藤です。
戦いです。
でも、負けないんです(笑)。
不思議ですね…。
まぁ、私の場合、生活の一部になっている部分が大きいので、もう依存しているようなものなんですけども(汗)。

後ろは振り返らず、前へ前へ!!
そこには笑顔があるんだから。

これ私のいつも思っていることです。
時には振り返らないとやってられない時もありますが(笑)。

あと、沢山のジャ○友達の支えも大きいですね。
自分の(嵐に対する)姿勢をいつも正してもらっています(感謝)。

あれ、何だか書いてることがずれているかも…(すみません)。


話を戻し…翔君のミュージカル。
舞台をするなら何故か絶対ミュージカルだろうなーと言う予感はあったので、やっぱりと思ってしまったのですが…私的に、翔君が舞台をするのなら、断然お芝居(劇)の方が良いと思っています。
是非今後、舞台をすることがあれば、ミュージカルではない違う形で、起用して頂きたいものです(切)。
現代劇とかをしたら、凄く合うと思うんですよねぇ。
単たる願望だったりですが(笑)。


長く語ってしまい、失礼しました…。
また観劇に行きますので、報告をしにきますね。
(え?要らない???)

2006/04/02(Sun) 02:19 | URL  | 空。 #-[ 編集]
空さんの勇気
どうしても、大好きな嵐のこと、悪くは言いたくないのですよ。
でも、空さんのブログでの、厳しい批評を読んで、そして、空さんが舞台をいっぱい御覧になっていて、だからこそ書ける内容なんだろうな。。。ととても納得し、そして共感するところがいっぱいだったので、とても嬉しかったです。

私ね、ラストシーンが思い出せないんですよ。
ラストシーンって重要ですよね。いろんな意味で。
それが思い出せず、そこよりなによりあの「初めての夜(かどうかは、知らないよ?)」の場面ばかりが心に残っているのが自分で情けないと思っていたんです。
もっと集中してみろよ。。。。って。
本当に反省すると同時に申し訳ない気持ちで帰ってきていました。

だから、私も空さんのブログ読ませてもらって、ほっとしました。
例えば、野田秀樹さんの舞台なんて「観衆が着いてこないほうが悪い」感があると潤くんが言っていますよね。
今回もそれなのか。。。と。

で、嵐のグループ力として。
今、カツンががんばっていますよね。6人が同じ方向を見ているんだな~というのが本当に伝わってくる。6人が力を合わせて何かをやろうとしているのがわかる。
そういうのがね。。。そういうのがほしいです。
いや、嵐もそうだった。ほんとに「ピカンチ」とか嵐で映画作っちゃうとか。。。もう流れに乗っていましたよね。

歌もね。。。
wish。。。ね。いい歌なんだけど、「これ?」って思うのですよ。私は。
これなの?追い求めてい音楽は?と。

カーテンコールの翔ちゃんは、大きな拍手が来た時、一瞬そんな風に見えただけで、号泣とかじゃないです。

まだまだ香取は嵐に関して「赤ちゃんファン」なのですが、空さんやこの上のすぅさん、ミーハーママさんのようにずっとずっと、優しく温かく見つめていらっしゃるファンに支えられているな~と思います。嵐は。

そして、私も嵐を通してたくさんの「いい友達」を得ています。
これは、嵐に感謝です。
だから。香取もずっとずっと応援して行きますよ~~!

2006/04/02(Sun) 15:37 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック