さよならさよなら、みんな。
2006年03月24日 (金) | 編集 |
香取の仕事は「おわかれ」がつきものだ。
出会って別れて、出会って別れて。。。を繰り返す。
今日は離任式でした。離任式と言うのは、転勤する先生とのお別れの式、、、香取は、別な学校に移ってゆくのです。

さてさて、クレープ大会本番は?
やきやき

まずは、ホットプレートにうす~く生地を伸ばす。これがね、なかなかみんなむずかしい。広がっちゃうの。でも、20枚も焼いているうちに子供たちはものすごく上手になったよ。そして。。。。。
次は、トッピングを用意しましょう。ちゃんと包丁も使いましたよ。子供たち。すごいね。お家でお手伝いしてるんだね。トッピング

さてさて食べましょう。こんな感じでおいしくできあがり。食べられない分は持ってきたタッパーに入れてもって帰りました。ばかなやつが、アイスクリームを一緒に入れてえらいことになっていました。できた

おいしそうでしょう?
こうして、香取のクラスの子供たちはクレープを完食し、給食もたらふく食べ、大掃除をしてご機嫌で帰っていきました。

本日、離任式。
裏BBSにも書いたけれど、今日の香取は泣かなかった。
めずらしく泣かなかった。自分の心が今、どこにあるんだろう。。って思うほど。
ここにないのかな。。。って思うほど。
子供たちはすごく泣いた。
そして、子供たちが「優しくしてくれてありがとう。」と言ってくれるのに驚いた。だって、香取の激怒はものすごいんだよ。
となりのクラスの子もびびるくらい。容赦ないんだ。
今日は、「怒ってばっかりでごめんなさい。」って言った。そしたら、泣いてた子供たちの声がさらに大きくなった。

保護者の皆さんのはからいで、子供たちのメッセージアルバムをもらった。
帰ってきてから、その中のある女の子のメッセージに、香取は泣いた。
「2年間勉強を教えてくれてありがとうございました。勉強では、ごんぎつねがすごく楽しかったです。特に、最後の場面で兵十とごんの気持ちを考えるところで、兵十、ごんになりきるのが本当に楽しかったです。悲しいお話だったけど楽しい授業でした。(後略)」

子供たちがもっと幸せになりますように。
いい出会いがありますように。

コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした。別れと出会いの季節ですね。
香取さん、いい2年間だったんだね。次の職場での出会いも、あなたにとって良い物になるように祈っています。・・・ほんとうに・・・

転勤にならなくても、受け持ちの子どもたちとの別れは寂しい物ですね。あーあ・・・・・

ちびにゃんたの担任の先生も転勤ということで、ちびはショックを受けて帰ってきました。てっきり持ち上がるだろうと思っていたの
で・・・・・・・・「悲しい」というより今は「何でわたしたちをおいていくの」という感じです。

相棒は、送別会できっと帰りは明日でしょう。

「かなしい」というよりも
2006/03/24(Fri) 20:49 | URL  | にゃんた #-[ 編集]
いい出会い
もう会ってますがな。。。爆!
いつもコメントありがとう。ニアミスで、さっき投稿したばかりでもうコメント??と嬉しかったです。

2年前の私の自爆、覚えてる?
あんな風になるのかな?って思ってたけれど、大丈夫だった。子供たちがすごいことになったから、私は明るくしてなきゃって思った。
何人かの男の子もおちゃらけまくってた。
「こんな時くらい、静かにして。」って女子に言われてた。

いつも「空気を読め」って子供たちに言ってました。
たぶん、おちゃらけ男子は空気を読んで、敢えてそうしたんだよね。
みんな寂しさ悲しさの表現は違うんだ。

今日、子供たちは号泣しながら教室を出て、号泣しながら下駄箱で靴を履き替え、号泣しながら校門を出て、何度も振り返り、そして号泣しながら道路を向こう側に渡って消えて行きました。

にゃんたさんも、新しい扉を開くんだよね。
香取が2度目の教採落ちた時、イギリス人のお友達が即座に行ってくれたよ。
another door is opend.
新しい扉が自分に向かって開かれた瞬間だって。
きっと、香取もそうです。
がんばりましょう。
2006/03/24(Fri) 21:02 | URL  | 香取 #-[ 編集]
もう2年経ってたんだね
生徒からしたら、「自分:先生」は「1:1」で、先生からしたら「自分:生徒」は「1:多数」なんだろうと思ってたけど、香取ーぬの話を読んでるとちゃんと1:1+1:1+1:1…なんだね。
たくさんの人たちとの出会いと別れを経験する職業だけど、育てる、教えるってとっても大切な部分だから、子供たちの涙はその子達が大きくなっても忘れえない経験をした証なんだと思うよ。

達成して、また次の扉の向うに歩いていく香取先生に乾杯v-275
2006/03/25(Sat) 09:36 | URL  | ひろみ #IbEf6Jbs[ 編集]
今頃になって
>ひろみお姉ちゃん
ありがとう。コメント。
2年前の自爆連爆テロ?事件のときも、ひろみお姉ちゃんに熱くて優しいコメントをもらったよね。

ひろみお姉ちゃんからしたら未知の世界に住んでる香取と子供たち。1:1でありながらも、一人に対する比重が大きかったりもするよ。大人の立場から見て「とっても手のかかる子」「全然手のかからない子」がいる。
もちろん、それは「いい子」とかの基準じゃないんだ。
でも、やっぱり常に集中している子がいたり、大丈夫だからひとりでがんばってよ。。。みたいな子もいるんだ。
ちゃんと均等に1:1ではない。
反省もいっぱいあります。

そして、今頃になって涙がぽろぽろ出てくるんだよ。
おかしいね。変だよね。
2年前は史上最悪だ、こいつら。。。って思ってたんだよ。

育てる、教える。。。あんまり自覚はないや。
逆にいつも支えてもらってる。

さてと、扉がまたひとつ開かれたよ。
今度はどんな幸せなことが待ってるんだろうね。
2006/03/25(Sat) 14:17 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック