日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ジャニーズ追っかけ生活を振り返る
2006年12月27日 (水) | 編集 |
地方で追っかけをがんばってきた香取ですが、実はブログも開設1年がたちました。
色々とお疲れ様、、、、ということで、この1年のジャニーズ追っかけ生活を振り返り、大反省会をしたいと思います。
しるし しるし
Mr.Children (2006/11/15)
トイズファクトリー

この商品の詳細を見る


唐突ですが、先日のMステのオオトリだった、ミスチルの「しるし」があまりにも素晴らしくて、さきほどCDを買ってきました。
でも、テレビで歌う桜井さんの「しるし」の方が心にきました。
ジャニーズ追っかけ生活大反省会
(違う色の文字をクリックするとリアル反省会が出てくるよ。)

今年の一番最初は、1月11日に観たKAT-TUNと関ジャニ∞のミュージカル「DREAM BOYS in 帝国劇場」でした。再演が決定していたのに、流れてしまって残念なことです。初めて入った帝国劇場は、歴史や役者さんの息吹を感じる劇場で凛とした空気を感じました。

そして、2月4日。。。忘れもしない翔ちゃんの「ソロコン」。
大雪で千歳空港に降りられなかった翔ちゃんとzepp sapporoで待っていたファンの子達との強い絆を改めて感じました。結局見れてないので、翔ちゃんの本当にやりたかったことは今だわからない。

2月12日。香取の誕生日に大ちゃんの「ソロコン in ZEPP SAPPORO」。行くかどうか迷っていたけれど、翔ちゃんのソロコンが中止になってしまって無理矢理参加した。なぜか、大ちゃんのマネージャーくんもこの日誕生日で、みんなにHAPPY BIRTHDAYを歌ってもらっていて香取も便乗した。

3月5日は香取のジャニ師匠に同行させてもらった「初のTOKIOコン in 札幌厚生年金会館」ぎりぎりまで、誰のウチワを持つかをなやみ、結局太一くんのを買いました。TOKIOのバンドとしての質の高さを見せつけられました。かっこよかった!

それから、3月29日。
櫻井翔主演の「Beautiful Game in青山劇場」外国の脚本というのは、、、、と思った、、、予想外の中身で、かとりんはラストシーンを覚えていなかった。爆!

新しい学校に転勤して一発目は4月29日。
KAT-TUN First Live in 真駒内アイスアリーナ」CDデビューを果たした大物新人カツンのデビュー戦でした。やっぱり、見守りたいと思い、最後の「ジュニア情報局」で申し込みました。初ジャニーズコンのお友達と盛り上がりました。

そして、5月13日。
一日に2つも舞台を見ちゃいました。MAの「 NARUTO in 東京五反田ゆうぽうと簡易保険ホール」と松本潤「白夜の女騎士 in シアターコクーン」まとめて記事を書いています。
苦しかっただろう潤君の演技が心に刺さりました。見ている私も辛かった。だけど、お客さんに「辛さや苦悩」を見せてどうする。潤君はこれからなんだ。
NARUTOは素直に楽しめて素直に涙を流せました。子供達の声援もよかった。

そして、辛い1学期の終わりかけ、7月9日。
とうとう「嵐コン!!in 札幌きたえーる」そして、忘れられない「大ちゃん飛び下り事件(爆!)」。。。あのときは、多くの方に、ここのブログを読んでいただいたり、ご意見をいただきました。嬉しかったし、嵐はみんなに愛されていることを改めて知りました。

7月30日31日は10年目の「smapコン in 札幌ドーム」。
香取は今年FC10年目で、10年前の中居君のウチワ持参で行きました。初日は久々のアリーナ、2日目は目の前に慎吾ちゃんが来て歌ってくれるという、まさにジャニーさんからのプレゼントのような2日間でした。

夏の終わりは、8月30日。「嵐コン in 横浜アリーナ」。初めての遠征コン。しかも1日3回公演でした。潤君のバースデイで、3回も歌いました。いのししセブンですな。

9月24日。辛い行事の後はやっぱりジャニーズが待っててくれる。
ヨサコイでは札幌に来てくれる関ジャニ∞の「全国1-st tour 2006 in 真駒内アイスアリーナ
エイト最高でした。大好きになりました。「大阪ロマネスク」で涙が止まらなかったよ。また行きたいな。エイトコン。

そして10月14日は堂本光一君のソロコン「mirror in 真駒内アイスアリーナ」香取はMAの応援でした。ウチワ禁止令が出たので、自作のMAペンライトでの応援でした。光一君、めっちゃええ人やった。

そんな香取の初日帰り遠征。
11月23日。学芸会練習で忙しい中参戦したMAのミュージカル「FAME in 東京芸術劇場」。
途中での退出にとっても情けなかったです。やっぱり地方組には無理なスケジュールでした。でも、心だけ届けに行ったんだよ。MAの4人に。

今年の最後は12月8日の大野智舞台「テンセイクンプー in 青山劇場
舞台人大野智に泣きました。香取的には物語も気に入りました。これからも舞台を駆け回る大ちゃんに期待です。

駆け抜けた香取の「追っかけ生活2006」
来年も嵐と一緒に歩くんだ。
もちろん、エイトもカツンもがんばりなよ。また応援に行くからね!
コメント
この記事へのコメント
お掃除(私もジフ買って試してみますね)もジャニーズ生活この1年の振り返りも全く手付かずの私。
香取さんの行動力を見習わないといけませんね(笑)。
私、'07.もMA、MA、MA!でしつこく行くと思いますが、よろしくお付き合い下さいませ(笑)。
屋良ちゃんのGet it on♪の振付、香取さんにも見て頂きたかったです(と、またMA・苦笑)。

香取さんには、癒されたり、楽しませて頂いたり、色々と考えさせられり…ありがとうございました。
2006/12/27(Wed) 23:31 | URL  | かわこ #-[ 編集]
こちらこそ
>かわこさん
2006年の「追っかけ生活」で私が得た一番の宝物は、お友達です。
かわこさんのように静かな眼差しで、それでも力強いお気持ちでMAを応援されている方。
それから、ジュニア時代から嵐を応援している人。
北海道でいつもいつもジャニーズのメンバーが来ることを待ち続けている友達。
100%いつも嵐と一緒に歩いているけれど、決して彼等を甘やかさない友人。
家族を大切にしながら応援している人。。。。

嵐もsmapもTOKIOもキンキもエイトもKAT-TUNも、MAをはじめとするジュニアたちも、みんな素晴らしいファンの力に支えられているといつも思います。
きっと端から見たら、私達の行動って「ちょっとおかしいんじゃないの?」というところもあったりするのですが(爆)、けれどみんな真剣に「応援」している。
そう、これはcheerなんですよ。

このブログを始めて、そして色々な会場でお会いできたたくさんの方たちのこと、香取は尊敬してやみません。
会う方、会う方、、、みんな素敵な人ばかりで、香取はいつか嵐の5人にも自慢したいと思っています。

そうそう、なまけちゃん仲間にもたくさん会うことのできた2006年でした。

かわこさんも、また遊びに来て下さいね。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
2006/12/28(Thu) 14:05 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック