日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
これが私の。。。
2006年12月20日 (水) | 編集 |
20061220193104

I wish you a very merry Christmas, and Happy New Year.
Enjoy your holidays!
See you soon!

「かとりん、がんばったな~。」
近頃、自分を褒めてばっかりやん。
何度も何度も言うけれど、私は「皆勤賞」がきらいです。
その理由は、、、ここをクリックしてね。

まぁそんなんで、今日はクラスのみんなにクリスマスカードを書いた。
他のクラスはみ~~んな「皆勤賞」をあげるみたいだけどね。
香取はちょっとかぶれているんで、クリスマスカードは英語で書く。
誰でも知っているようなフレーズを書くわけです。

それにしでも、香取の英語は錆びてきた。
アラブ中は、喧嘩もできたのに今は想いを伝えるのが精いっぱいだ。
しかも、「想い」の方が先に出ちゃうので、落ち着いて話せない。めちゃめちゃだ。
先日、うちの学校にAETのオランダ人が来た。
オランダと言えば、香取の憧れの地、しかも、まだ行ったことのない地。
そして、アンネ=フランク一家を守った国だ。
もう、その想いが先に出てうまいこと伝えられない、、、でも、香取は思う。
「言葉」だけで、人間は物事を伝えているのではないだろう、、と。

おそらく、人間は潜在的にもっている能力を使って、相手に「想い」を伝えているんだ。
だから、日本人同士だって解り合えない人もいれば、パレスチナ人なのに仲良くなれた友達もいる。
「想い」があれば伝わるんだろう。
とりあえず、英語はそのための「ひとつの扉」として、子供たちに伝えたかった言語だ。

それにしても専門的にお勉強したわけではない香取の英語は、どこまで行っても「通じりゃいいじゃん。」という域を脱しない。度胸と笑顔と強気だけでいく。
でも、外国の空港でトラブルに巻き込まれたときはすごい。
べらべらだ。ものすごい勢いで情報を集めようとする。
そういう生きる術のひとつとして「英語」があるってことだよね。
コメント
この記事へのコメント
よこもじ
私の苦手なものの一つに英語があります。rinkyohhenなんていう名前つかってるんだけどね。でも音楽は別よ!クリスマスソング大好きだもん。日本では、山下達郎、竹内まりやが夫婦でもうけてまっせ!正直飽きてきた、チキンのCM!
そうそう、私も皆勤賞はやだわ。何の意味あるの?体調わるいのに無理してどうするの?学校きたってすぐに保健室じゃん。みんなに心配かけるし。。風邪やインフルエンザっていうのは人に移るんだよね。移しちゃいけないのよ!!香取先生もこどもから風邪などもらうことないですか?うちの近くのカトリック系の私立校は出席にうるさいのがウリで、這ってでも学校に来て、すぐ帰れば早退扱いになるから。。というのを推奨している。早退2回で欠席1回に相当するからね。神様から罰うけるぞ~!!
2006/12/20(Wed) 22:14 | URL  | rinkyohhen #-[ 編集]
ありがとうございます。
周りの人たちが、かわいい皆勤賞を書いているのを横目に見ながら、私は作らない。。。って思っています。
そして、うちはかわいいオーナメント付きカードだも~~んって思っています。

山下達郎さんのクリスマスのアカペラCD、いいですよね。
私はHave yourself a merry little Christmasだったかな。。。あの歌が大好きです。
もともとジュディガーランドの歌ですよね。
歌詞も好き。
クリスマスの歌は、歌詞がとってもハッピーだから大好きです。

いつもコメントありがとうございます。
2006/12/21(Thu) 16:57 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック