日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ビートルズの力、音楽の力
2006年10月31日 (火) | 編集 |
20061031183209.jpg

家に帰ったら、テレビついてた。
「ごめん、勝手につけてん。」
「どうしても見たいワイドショーあってん。」

この頃ずっと気持ちの落ちてた香取は、今日は1日HAPPYだった。
子供達とビートルズに挑戦だ。
これから1ヶ月は、私達に音楽の神様が降りてくるんだ。

知り合いの先生がアレンジしたビートルズのメドレー。
ちょっとむずかしいかな?と心配したんだけれど、今日はじめて子供達に楽譜を渡した。

実は、ずっと悩んでた。
この子達、、、何をやってもやる気がでないんだな~。。。って、香取が必死で引っ張っていたけれど、ちょっと今日は驚いた。

だって、楽譜を配ったら子供達の目がキラキラ輝いたんだもの。
そして、香取の三箇条を発表した。
「楽器を大切にするのじゃ~。楽器をお友達と思いなさい。楽器を大切にしない人は、絶対にいい演奏ができない。しかも壊れたら代わりはない。代わりがないと学芸会に出れないのじゃ~~。」
子供達は「はは~~~!!」という感じで聞いていた。
「第二に!
 助け合うのじゃ~~!ひとりだけがうまくてもだめなのじゃ~。みんなができないとビートルズにならないのじゃ~。」
子供達は「ごもっとも~~~!!」という感じで聞いてくれてる。
「さて、最後に。時間を無駄にしないのじゃ。わからなかったら、どんどん友達に聞くのじゃ。そのための友達じゃ~~。先生はひとりだ。ひとりで全員に教えるのは無理なのじゃ~。」
「そ、そのとおり~~!」という感じの子供達だった。

こんなに子供達にちゃんと想いを伝えられるなんて、実は半年たって初めてかも知れない。
そして、子供達はものすごくがんばって練習している。
しかも、休み時間も。
いつもはサッカー少年が音楽室でドラムの練習をひとりでやっている。
帰る時に「明日は、練習つき合ってね。」と私に言って帰った。

音楽の力ってすばらしい。
給食時間。みんなでビートルズを聴く。
しんみりと「LET IT BE」を聴いたり、くり返し「HELP!」を聴いたり。
すごいぞ。ビートルズの力。
時空を超えて私達を魅了する。

10歳の子供達とビートルズを聴く。
なんだか渋い。でもかっこいい。
香取は自分の仕事を、そんなに誇りをもってやれていはいないけれど。
私の役割は「子供達に新しい世界を見せる」ってことだと思っている。
その扉をあけて、次の場所に行くのは子供達自身だけれど、目の前に「扉」を置くのが香取の仕事だと思っているんだ。
ちょっと、どらえもんの「どこでもドア」みたいにね。
ビートルズが好きになったら、このあとどんな世界が待っているのかな。
扉を開けようとしている子供達の後ろ姿を見て、香取はわくわくする。
もしかしたら、音楽が大好きになるかも知れない。
いつの日か、英語の歌詞の意味を知りたいって思うかも知れない。

The long and winding road.
長く険しい道の途中。
だけど、この道をきっと彼等にとって「未来」につながっていくんだと思う。

コメント
この記事へのコメント
みんなでビートルズ!!すてきなことですね。長いこと受け継がれているすばらしい音楽です。でも演奏する機会はそう滅多にあるもんじゃない。子供たちも大人になって若い頃ビートルズやったんだよ!!なんていえるのってかっこいい!そうそう、今日はハロウィン。香取先生コスプレしましたか?なんちゃって!私事ですが、今日は娘の合唱コン。賞はなしでしたが、しっかり打ち上げに参加しています。道頓堀というお好み焼きやさんで。中学生だぞ!!今時の子供です。
2006/10/31(Tue) 22:08 | URL  | rinkyohhen #-[ 編集]
>rinkyohhenさん
お嬢様のコンクール、お疲れ様でした。
おいしいお好みがだべられたかしら?

本当にやり遂げるって大変なことですよね。音楽には、なかなかゴールが見えないけれど、何か深い気持ちを感じだとき、きっとそれがゴールでしょうね。
NHKコンクールかしら?
Nコン課題曲っていつもすてきですよね。
2006/11/01(Wed) 16:35 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック