日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ハローウィンっていつ?
2006年10月17日 (火) | 編集 |
20061017195552.jpg

「テンプレ、季節もんに変えました。」
「ところで、ハローウィンっていつなんだろう、、、、。」

今や、日本でも結構当たり前のようになったイベント、ハローウィンって、実はいつなんだろう。
このテンプレ、いつまで使って大丈夫かしら?

ハローウィンって、みなさんいつ知りました?
いつ、このイベントを認識しました?
てゆうか、みなさんはこのイベントってやってます?

香取は結構年を食っていますが、実はアメリカ文化には小さい頃から敏感だった。
なぜかというと、SNOOPYが大好きだったからです。
今でも、小学校時代の友人に会うと、「あんたに会うと、スヌーピー思い出すわ。」と言われるほど、グッズ集めなどをしていました。

香取が小学校時代はスヌーピーはまだ、サンリオなどとは提携していなかったころで、神戸の子供の服のブティック?「ファミリア」だけが扱っていた記憶があります。香取んちは、お金持ちでもなかったのですが、実は近所に小さなファミリアが出来て、足しげく通っていました。
そこで、手にしたピーナツブックスが、香取にとってアメリカ文化を入手するきっかけとなりました。

呑気で優しい、でも何をやってもうまくいかないチャーリーブラウン、犬のスヌーピー、ウッドストック。
ちょっといじわるなルーシー、毛布を離さない弟のライナス。
おもちゃのピアノでベートーヴェンを弾くシュレーダー。
そうそう、チャーリーブラウンにはサリーという妹も生まれたんだ。

このキャラクターたちが、学校にはランチのサンドイッチを入れた紙袋をもって通い、ハローウインでは仮装し近所のお家を回って
「おやつをくれないと、いたずらしちゃうぞ!!」と叫ぶ。
バレンタインには、どれだけのカードがポストに入っているのかを待ち、イースターでは模様のついた卵をスヌーピーがかごに入れてダンスをする。
(イースターって卵を隠すんだよね?)

ハローウインも、バレンタインも、彼等のマンガで初めて知った。
イースターも知らなかった。
給食じゃなくてランチを外のベンチに座って食べるなんて。。。

大人になってアラブ中に、アメリカンスクールに演奏しに行ったとき、あぁこれこれ。
こんな風に、こんなベンチにチャーリーブラウンが座るんだ。。。って思いました。

今は、近所の雑貨屋さんなんかにハローウィンのグッズなんかが並んでいるけれど、うちに「いたずらしちゃうぞ!」って言いにくる子もいない。
なんとも中途半端なイベントのような気がするけれど、みなさんやってるのかしら?

ちなみに、、、上の写真のピーナツブックスの出版年を調べたら1971年だった。
もう30年以上前の本。
そして、この作者、チャールズMシュルツさんは、数年前に亡くなられた。
その時、香取はたしかアラブ中で、現地の新聞で毎日楽しみに彼の4コママンガを読んでた。そして、確か彼が病に倒れて、最後の執筆となったマンガが、ちょうど彼の亡くなった日と重なったんだ。。。と記憶している。
最後の号はマンガではなく、シュルツさんの手紙だった。
たしか最後の一文は
「How can I forget them?(このあと、メンバー達の名前が書かれていた)」
どうすれば、私は彼等(ピーナツのメンバたち)のことを忘れることができるだろうか。
そんな終わり方だった。

30年経ってもスヌーピーが、チャーリーが、色んなところで笑って、きっと今頃はハローウィンを迎えてるのかな?
テンプレ変えて、そういえばハローウィンって?と思った香取のなまけ日記でした。
コメント
この記事へのコメント
woodstock大好き!!
私もSNOOPY大好きです。特にwoodstockは今でも気になる存在です。SNOOPYの有能な秘書。小学校の頃からなので。もう30年くらいたつかな。作者のチャールズさんは、ほとんどひとりでSNOOPYを書き上げていたときいています。ユニバーサルスタジオジャパンにもSNOOPYのコーナがありましたね。
2006/10/17(Tue) 22:05 | URL  | rinkyohhen #-[ 編集]
ハロウィン
私がハロウィンを知ったのは、香取さんと同じSNOOPYのマンガだったと思いますが、具体的にカボチャを飾ったりしたのは学生のころかな。卒論担当の教授がグッズをもっていたんです。ハロウィンの日にちは10月30日だったかな?日本でいうお盆みたいなものです。我が家もかざっています。
2006/10/17(Tue) 22:59 | URL  | rinkyohhen #-[ 編集]
10月30日なんですね。
>rinkyohhenさん
ありがとうございます。2つもコメントいただいて嬉しいです。

ピーナツ仲間ですね。
香取んちのピーナツブックスはもう色が焼けてしまってすごい状況で本棚の奥から出てきました。
しかも、谷川俊太郎さんの訳というのが、これまたすごいんですよね。

小さい頃、もっていませんでしたか?スヌーピーのぬいぐるみ。
香取もすごく大事な子がいました。(今はどこに行っちゃったのかな?)
毎日寝かせてから、学校に行っていました。そして、「SNOOPY」という月刊誌があったのご存じないですか?
それを毎月買うのも小学校時代の香取の大切な行事でした。たぶん、その月刊誌から色々な行事を知ったのかなと思います。

小学6年生のとき、20代の担任の先生(男性です)に、たったひとりチョコレートを渡していました。当時、バレンタインという行事が日本では有名ではなかった。
教室のどこにいるかわからないと言われていた目立たない子供だったけれど、がんばるときはがんばってた女の子でした。

小さい時、SNOOPYのTシャツをよく着ていたのでs、小さい頃の友達は、みんな私に会うとピーナツ達を思い出すそうです。
なんだか、懐かしい。
久しぶりに、かわいいぬいぐるみでも買おうかな。原宿の駅前に専門店あるのご存じですか?とても幸せな気持ちになりますよ。そこ。(ジャニーズショップに近い)
2006/10/18(Wed) 19:49 | URL  | 香取 #-[ 編集]
ごめんなさい!
ハロウィンは31日でした!!色々な説がありますが、収穫祭というのもあります。
2006/10/19(Thu) 21:57 | URL  | rinkyohhen #-[ 編集]
31日なんですか~。
>rinkyohhenさん
なんだか忙しさばっかりで、楽しいことがひとつもない私のクラスの子供たちと仮装パーティとかやってみようかしら。31日。
教えて下さってありがとうございます。
2006/10/21(Sat) 00:22 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック