日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
香取の「MA」への想い ~堂本光一ソロコン参戦~
2006年10月15日 (日) | 編集 |
20061015112003.jpg

「おかえり~~。いつもいいな~。行けて。」
「ほら、おみやげにFAMEのチラシもらってきたで。」

「かくれMAファン」の香取の初参戦でした。
↓下の方にも紹介した、派手派手ペンライトを持って、周りの方の席に花を巻きちらしながら(すみません。)「屋良っち~~~!!」と叫んだ香取でした。
双眼鏡の向こうで踊り、光一くんを支え続ける4人、スポットライトの当たらない4人に向かって。。
MAは「ミュージカルアカデミー」というユニットです。昔はそこに、嵐の大ちゃんも加入していました。
ユニット名の通り、ジャニーさんの目指すアメリカショービジネスの世界を創り上げるために結成された4人だと、香取は思っています。
そして、彼等4人は、古参のメンバーではあるのですが「ジュニア」です。
そう、ジャニーズの子達はデビューしない限り、ジュニアなんです。

光一くんソロコン。
本当にすてきでした。そして年齢層が高い(自分を含め)。爆!
エイトや嵐のときは、派手な衣装の女の子達や、かわいいウチワを持っている女の子達がいっぱいなのに、光一くんのファンは色で言えば「黒」。
とっても落ち着いている感じがしました。マナーもよく、黄色い声もなく、曲が終わる度に拍手がくる。「え?拍手?あ、、、拍手するんだ。。。」と香取も、そういうコンサートを思い出しました。

「mirror」というアルバムのコンサートなので、会場は鏡張りになっていたり、演出でステージでも鏡が使われる、本当に美しい演出という感じがしました。
嵐やエイト、カツンたちのコンサートみたいにファンもみんなで盛り上がる。。。というよりも「聴かせる」「見せる」。そういう、本当にショーでした。

Kinkiはデビューの「人間、失格」あたりから知ってるし、smapのバックにもついていたし、、でも真剣に追いかけたこともなかったけれど、いつしか光一くんとつよちゃんの音楽性がはっきりしてきたんだなぁと思いました。
今年の最初に大ちゃんのソロコンに参加したけれど、「ソロコン」として見るならば、光一くんの演出力、構成力、、、プロデュースする力、これは、すばらしいものだな~と思いました。
さすが、中くらいのジャニーさんだ。(小さいジャニーさんはタッキーね。)

そして、MA。
光一くんはこの4人を本当に大切に大切にしてくれているんだなと感じました。
曲のひとつの振り付けを、ぽーんと屋良くんに預けるくらいの大きな心で、ずっとこの4人を大切に育ててきたんだろうなと思います。
(snakeの振り付け、めちゃめちゃかっこよかった!)
光一くんのことが大好きな町田くんのウェブの日記に、自分がメンバーから外されそうになった時に光一くんの一言でメンバーに戻ることが出来た、、、という、だから光一くんのことは尊敬してやまないんだというのがありましたが、4人と光一くんの様子を見ていて、それは本当なんだな~と改めて感じた香取でした。

よくスペシャル番組なんかに、昔のKinkiが出ると、バックに大勢のジュニアが満面の笑みで踊っているのを見ることができるのですが、MAはその大勢のジュニアの中にいました。
そして、その中から嵐がデビューし、山pがデビューし、タキツバがデビューし、エイトがデビューし、とーまくんが舞台の世界へ行き、、、。
みんなどんどんデビューして、バックで踊ることはなくなった今も、ずっとKinkiや、そして光一くんのバックで踊り続けるMA。
しかもそのダンスは、そこいらのジュニアなんかとは全然違う。下手したら、光一君やつよちゃんも喰ってしまうようなダンスだ。
長い年月が経っても、それでも「バックにはMAを」と言い続けてくれているであろう光一くんと4人の強い強い絆を、香取はこのコンサートで感じました。

今回は失礼なことに、香取は屋良っちしか見てないです。
光一君がひとりで歌ってたり、女性ダンサーさんが踊っているときは力を抜き、4人が登場すると双眼鏡を構える。。。そして叫んじゃったり。
そして、気付いたことがありました。

今までずっと嵐でもエイトでもsmapでも双眼鏡で見つめる先の彼等にはスポットが当たってた。
だけど、MAには当たらないんだ。
双眼鏡の中で、ちょっとは大きく見える屋良くんは、時々暗闇の中で激しくダンスする。
大きなスクリーンにだって殆ど映らない。
でも、ずっと踊り続ける。ライトが当たろうと、暗闇であろうと激しく強く自分を表現する4人。
すごい、、、、って思った。この子達、どんな気持ちで今、このステージに立ってるんだろうって思った。
そして、仁の休業のこと、どんな想いで知っただろうって思った。
双眼鏡の向こうの薄暗さのなかで、笑顔で踊り続ける4人を見てると、ただでさえよく見えないのに、なんだか涙が出て来て余計見えなくなっちゃったよ。

今回は花道も中央までで、しかもウチワも禁止だったから屋良くんにアピることはできなかったけれど、でも「気合い」は伝わったかな。てゆうか「気持ち」ね。

MAの4人の自由に楽しくダンスするのを初めて見た。
いいコンサートだった。光一くんに、ありがとうって言いたいです。
そして、光一くんて「ええ子」なんやろな~って思った。
異例のアンコールなし?と思われる場内アナウンスが流れた後も、1曲歌いに出て来てくれて「いや~みんなの帰る時間とか、交通のこととか考えたらどうしようか迷っててん。」と言う。
しかも、それでも粘った私達の前に2度目の登場。
その姿は「今、楽屋で服脱ごうとしてたところやんか。」と言い、「ほら、見てみ、スリッパはいてるねんで。」と足を見せてくれました。
そして、「じゃぁ、ホッケ食べに行ってきま~~す。」とステージを去っていきました。

MCでは、持っていたボトルの水を自分の靴の中にこぼすというハプニングもあり、すぐに屋良くんがタオルを取りに走り、靴やステージを拭いてました。町田君は、こぼれた水を身体に塗っていました。。。爆!
アッキーはトークがうまいし、米花くん、、、、米花くん?喋ってた?
ひょうたん背負ってない米花くんも初めて見た香取だった。

とっても忙しい中で強行に入れたスケジュールの香取でしたが、とっても楽しい「夢」のひとときでした。あの空間にいるときだけは、仕事のことを忘れられる。
彼等の仕事ってそういう「夢の空間」をつくり提供してくれる、素晴らしい仕事だな、、って思った。

まとまらず長々書きましたが、読んで下さった方々。
ありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
真っ黒でした・・・
香取さんお疲れ様。
なんか、MA愛に溢れてますね。デビューとかそんなこと彼らには関係ないんじゃないかなって思いました。そりゃデビューした方が、自分達の好きなことも出来るしたくさんいいこともあるのでしょう。でも、彼らは純粋にダンスをしたんだよね。きっと。だからスポットが当たらなくても踊り続ける。そんなふうに香取さんの文章を読んで思いました。
華々しいデビューも大切だけど、彼らにはそれ以上のものを感じてしまいました。MAのこと全然知らないのにね。でも、そんなMAを見に行った人はたくさんいたみたいよ。ちょうどコンサートの前に真駒内を通ったんだけど、派手というよりは、おしゃれな人が多かったですね。真っ黒だった人…結構いました。
素敵なコンサートで、元気回復でしょうか。お疲れ様でした~!
2006/10/15(Sun) 21:22 | URL  | ミーハーママ #-[ 編集]
嵐のコンサートでMAの3人がゲストで出演した時
突然の事で戸惑いながらも、しっかり踊っていて
やっぱりうまいな~と思ったのを覚えています!

いつか共演して欲しいですね~。嵐と。
でも喰われちゃうでしょうね。
斗真くんが舞台の世界へ行ったように
MAはこれからダンスの世界で生きていくのかなと思いました。

あ、私のブログ、お引越ししました。
旧ブログにリンクを載せてるので遊びに来てくださいね。
2006/10/15(Sun) 21:29 | URL  | すぅ #-[ 編集]
初めまして。
初めまして。こんばんは。
私も、真駒内でのmirrorコン参加していて、双眼鏡で暗闇の中の町田さんを覗いていたので、なんだか親近感(?)を感じて、コメントしてしまいました。
バックで踊る彼らも、間違いなくあの世界観を演出していて、なおかつ大貧民で光一さんを癒しちゃったりもしていて・・・。光一さんには、MAを掴んで離さないで欲しいですし、MAはMAでしがみついていてほしいなと思います。

素敵なコンでしたよね。でも、香取さんの、「え?拍手?あ、、、拍手するんだ。。。」のコメントに、そういえばと改めて思いました(笑)コンというより、やはりショーなのかな、と。完成度が高かったです。

脈絡のない文章ですみません。
2006/10/16(Mon) 01:58 | URL  | のあ。 #-[ 編集]
そうそう、真っ黒でした。
>ママちゃん
コメントありがとう。しかも温かい。。
MAはもうきっとデビューなんて考えないで、自分たちの力が試せることをどんどんやっていくのかな?

MAと言えば、とにかくダンス。
それから、声もいいですよね~。
とくに屋良くんの声は、鍛えたらいい声になっていくんだろうなと思います。
来月、がんばって日帰りでFAMEという彼等のミュージカル見に行くのですが、スポットライトの下でのびのび表現する姿を見てきます。

それにしても、smap以上に年齢層高くてびっくりでしたよ。
私の周りは、「絶対私より、年上だ。」と思うような方ばかりでした。(かなり年齢高い)

光一君も本当に芸術性の高い方だと思いました。
MAと共に、尊敬しましたよ。
2006/10/16(Mon) 18:31 | URL  | 香取 #-[ 編集]
見てみたいね!
>すぅちゃん
あの年代のジュニアたちは、本当に色々な想いをしたんだろうな。。。って思います。
すぐデビューした嵐だって、やっぱり心の中が波立つこともあったでしょう。
pちゃんだって、大変だったろうし。
もちろん、下積み長いエイトだって。
そして、斗真くんも自分の世界を築くのに何年もかかっただろうね。

MAと嵐のコラボ。。。あぁ、ニアミスだった香取。
志村さんとご一緒してしまったあの日。
大人になった、大ちゃんと町田君、米花君と翔ちゃん。そんなダンスコラボ見てみたいですね。
それにしても、大ちゃんの振り付けと屋良くんの振り付けの、、、なんとも言えない違いが。。。
やっぱ、大ちゃんのはシュールだ。

新しいブログ、お邪魔しますね~。
2006/10/16(Mon) 18:36 | URL  | 香取 #-[ 編集]
ご一緒だったんですね~!
>のあさん
ありがとうございます。こんなしょぼしょぼブログにコメントをいただき、嬉しいです。とてもとても。

そうだったんですね。
一緒にMA応援だったんですね。
同じ想いの方があの広い会場にいらっしゃったと思うと、なんだか喜びが湧いてきます~。
私は「かくれファン」なので、普段は嵐メイン?でがんばっているのですが、彼等の「ビロードの闇」バックのダンスに魅了されてしまい、NARUTOに参加し、その演技力にも感心させられました。
今回はウチワで自己主張も許されず(ソロコンですしね)地味に、でも派手なペンライトで応援してたのですが、色々な想いをもちました。

また、遊びに来て下さいね。
コメント、本当にありがとうございました。
2006/10/16(Mon) 18:42 | URL  | 香取 #-[ 編集]
MAへの想い
光一さんソロコン、楽しまれたようで良かったです。
見せる、聴かせる完成度、あの美しさはアートと言っていい域ですよね。
私も光一さんを尊敬しております。

香取さんのMAへの想いを読ませて頂いて感動しました。
自分達の立場をわきまえて、そして100%の力を出し切る…そういうMAが私も大好きで、ファンをやめられません(笑)。
これからもファンを続けると思います。
香取さんも「かくれ」とおっしゃらず、嵐くん達同様にMAをよろしくお願いいたします(笑)。
2006/10/20(Fri) 22:13 | URL  | かわこ #A/hMU0Y2[ 編集]
ありがとうございます!
>かわこさん
コメント本当にありがとうございます。やっぱり、ここは「かわこさん」のコメントなしには終われません。

かわこさんの所にも書かせていただきましたが、私は「Gypsy」の屋良くんの目が好きで、実は相葉ちゃんねらいで買ったDVDなのに、その目と、そのストーリーに惹かれ、、、何度も何度も見ています。
彼のあの機敏な動き、表現力、そして「声のよさ」。その、舞台人としての才能を応援したいな~と思いました。

NARUTOは、、、実は「白夜の女騎士」を見に行くついでに、、、という軽い気持ちで行ったのですが、白夜より楽しんじゃったりしました。

これからどんな世界を彼等は築いて行くんでしょうか。グループとしても、そして個々人、それぞれの才能を磨いてほしいですね~。
ちょうど、光一君のソロコンが、赤西君休業発会見の次の日だったりして、さらに色々な想いを持ちました。

デビューが幸せなのか、そうではないのか、、、夢を私たちにくれる彼等も迷い、不安、、、色々なことを心に抱いているんでしょうね~。

コメントほんとに嬉しかったです。
屋良くんも、おいしいホッケが食べられたみたいでよかったです。
2006/10/21(Sat) 00:20 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック