日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
屋良ちゃ〜〜〜ん!お誕生日おめでとう。
2020年02月01日 (土) | 編集 |
37歳のお誕生日おめでとう。
屋良ちゃん。
初めて君の目を見たとき

それは、
劇団演技者の「Gypsy」
その鋭い眼差しで東山さんを見据える君の佇まいに一瞬で引き込まれました。
あれから、ずっと

あれからずっと
ずっと頑張ってくれてありがとう。
屋良ちゃん。
さっき、「トップナイフ」というドラマのエンディングでダンスする、米花くんを見たよ。

君と町田さんと米花くんと、それからアッキーこと秋山くん。
初めて行った「NARUTO」のご挨拶では、小さい子供のように(NARUTOだったし)静かに立っていた男の子。
それが屋良ちゃんだった。
そして、いろいろなコスチュームに身を包んだMAがいた。

大好きだった。
先輩を立てることに徹することのできる君たちが、本当に好きだった。
そして、自分たちの舞台では、何度も話し合って何度も何度も話し合ってそこに立つ真摯な姿が大好きだった。

嵐にしてもMAにしても、ジャニーズ事務所の構造とはうまくできているなといつも思う。
仲良しグループではない、
だけど、ジャニーさんだけが知っている、ジャニーさんだけに見える未来の形がグループとなる。
そこで彼らは運命共同体になる。
人間関係を作るところからスタートする。
だけど、いつしかそれが幼馴染になり、それから同志になり、兄弟でも家族でもない、だけどこの人だけはと信頼できる存在になる。

MAだってそうだった。
少なくともキンキちゃんのバックでがむしゃらに踊る彼らの姿も、
いくつか見た舞台も
いつだって君たちは切磋琢磨し、完璧を目指し、
ジャニーズ事務所ならではの、一歩下がって誰かを輝かせる術も身につけていた。

屋良ちゃん。
その中でもいつも、虎視眈々と何かを狙っているその目が大好きだった。
そして、
華やかなショックの舞台でも、光一さんの後ろの方にしか見えない君の姿をいつも双眼鏡で追っていた。
時には曇ったライトの中で君は踊る
情熱的に踊る。
シルエットしか写し出されないその姿を私は、双眼鏡の向こうに見たとき
ライトの薄暗さのせいなのか
自分の涙のせいなのか
君の姿がよく見えなくなった。

君が歩いていくれるだけで嬉しかった。
誰よりも険しい道を歩いている人だと思ってた。
いつしか
この道を諦めてしまう日がきたら、どうしようと思う日々もあった。
どうか
ダンスをずっと抱きしめ続けて欲しい
どうか
このエンターテイメントの道を捨てないで欲しいといつも思ってた。

大好きだったMAからアッキーがいなくなり、米花くんがいなくなって、町田さんがいなくなったのを
どんな気持ちで君はそこで見ていたのか。
どれほどの
悔しさや
寂しさや
苦しさや
どれほどの気持ちで君はそこに在り続けたんだろうと思う。

嵐が休止をするんだよ。屋良ちゃん。
多くのことが取り沙汰されて、嵐を取り巻く世界は竜巻みたいだよ。
彼らはもう、自分の人生を自分で決められないほどの大きなものを纏ってしまったんだよ。

私の友達は屋良ちゃんの方が、自由で幸せだって言うけれど
私は、
それは違うと思った。
どっちも突き抜けたんだよ。
嵐は多くのものを得たけれど、きっと多くのものも失った。
君だってそうだ。
同じだけ苦しいことはどこにだってあるんだ。
だけど、
それでも生きていく姿が美しいと思う。
屋良ちゃんも、もちろん嵐の5人も、町田さんも、米花くんも。

RIDE ON TIMEでトラジャを指導する屋良ちゃん。
トラジャは、屋良ちゃんと翼が二人で育ててきた。
エレガントで無口な翼くんの背中と、屋良ちゃんの背中を追ってきたトラジャは、なんて幸せな後輩だろう。
そして、
屋良ちゃんの言う「死ぬ気で頑張れ。」という言葉の重さ。

教育の世界に長く身を置いていると、もう今の時代には「死ぬ気で頑張る」ということが通用しなくなっている。
練習は人を裏切らないとか、努力すれば必ず報われるという言葉が信じられなくなった昨今
ああ、この子たちにはそれがまだ伝わるんだと思うと、やっぱり私はジャニーズ事務所を信じる。

屋良ちゃんの「死ぬ気」は本当に死ぬ気だ。
しかも、その答えを教えてもらえないトラジャメンバー。
もがいてるトラジャを見つめてる屋良ちゃんも、トラジャも本当に綺麗な生き方をしていると思う。

屋良ちゃん。
毎年書くんだけど、
ダンスを愛し、
ダンスに愛されて、
ずっと、ここまで歩いてきてくれてありがとう。

それから、アッキーとの友情をずっと大切にしてくれて嬉しい。
いつか、
いつの日か、二人はミュージカルを作ると思うんだ。
エディとピーターみたいに、歌いながら踊りながら
その日は近い未来だと思っているよ。

屋良ちゃん、
37歳も幸せに健やかに
そして、クリエィティブに。

そうそう、私、結構長くやらっちの応援をしてて、終演後に列には並ばないにしても(他のキャストさんの列にいる)君の後ろ姿をこっそりいつも見てる。周りのお友達は、「もう、香取さんのこと気づいてるって!」って言ってくるけど、まあそんなことはないだろうな。

そんな私、この間の公演の時お手紙をボックスに入れたんだ。
「SMAPもいなくなって、タキツバちゃんまでいなくなって、ついに嵐までお休みすることになったの。一番危うかった屋良ちゃんだけがずっといてくれて嬉しい。」
って書いて入れたんだけど、オタ友達に「そんなこと書く人おるかい!」って言われたわ。ごめんね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック