嵐コン、札幌ばいばい
2019年11月17日 (日) | 編集 |
さあ、今の気持ちをどんな風に表現しよう。

いろいろなことが相まって、波乱になる予想だったこの嵐コン。あ、個人的にね。

11月の嵐コン。

ニノは言わないよ!って言ったけど、事実上、最後の札幌でのコンサートとなりました。


私は道内からやってくるファンの一人ですが、なんとも言えない、やっぱり、なんとも言えない寂しさがあります。

もう、地下鉄が辛いお年頃なんで、ついついタクシーに乗っちゃうのですが、タクシーから見える、ドームまでの道の途中に、きたえーるがあります。そして、何度もお世話になったルネッサンスホテル、現在はマリオットではなくなりましたが、、その姿を見ても想いが沢山あります。

きたえーるは、飛びっきり好きな場所です。可愛い嵐がいっぱいいました。今も別なアーティストを見にここを訪れると、嵐の匂いがするんです。この匂い、嵐だ、、って思うの。

潤君が、札幌のコンサート、もう一回初めからやりたいって言っていたけど、彼の中で、

ああ、もう当分ここに立つことはないんだな、、

そんな思いがあったはずです。トレーニングでドームの中を走ったと言う潤君。そのすべての場所を噛みしめたんだろうなと思います。
5人で撮ってくれたドーム展望台の写真、私たちのいない客席の上の方で撮ってくれた写真。
5人も、それぞれのドームとのお別れをしたのかなと思いました。

私も歌っている彼らを見ながら、ずっとドームの天井や端っこのお席や、フリフラが映えるアルプススタンドを見ました。この一気に登っていくスタンド席が、フリフラのライトを美しく表現したと思います。たぶん5大ドームでは、一番美しく。
それが道民の誇りでもありました。

15年間。

札幌遠征しました。
「いざっNow」から始まって、昨日の「5×20」まで。
翔ちゃんが、5×5から始まって5×20まで、左の数字は変わらないことに感動すると話してたけど、私はこの五周年から今まで、嵐と一緒に歩いてきた。
そのことを昨日は噛み締めました。
私の人生で、私の支えで、私の意地で、私の誇りで、私の全てです。

5人が楽しそうに肩を並べて花道を歩く姿。
なんだか、その後ろ姿、本当に好きだったなあと思いました。

さっきインスタで送られてきたハワイの写真。
コンサートで映し出される写真です。私は、道路の真ん中に座っている5人の20年前の笑顔も、今の笑顔も、本当に好き。

お仕事で写真撮ってるはずなのに、家族写真のようになる5人。
20年前からずっと隣にいる5人
話し方も笑い方も、温かい仲間
顔を見るだけで、なにを思っているのかすぐわかる、大切な仲間になった5人。

手放して行くんだね。
その決断。

私の人生をずっと支えてくれた5人は、5人じゃないとダメなのに。それでもその先に踏み出すんだね。

スーツ姿でアンコールの歌を歌いながら駆け回る君たちを、
その後ろ姿を双眼鏡で追う。
ドームでずっと私がやってきたことです。
そして
相葉ちゃんの軽やかに駆ける姿を、その姿だけを追う。
ありがとね。
相葉ちゃん、15年間。
潤くん、ありがとう。
ニノ、ありがとう。
翔ちゃん、ありがとう。
おおちゃん、ありがとう。

ありがとう。
札幌ドーム
ありがとう
きたえーる
その空間を、
そこに作り出される温かい風を
忘れない。

札幌、ばいばい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック