FC2ブログ
日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
Happy Birthday!屋良ちゃん!
2018年02月01日 (木) | 編集 |
お誕生日おめでとう!屋良ちゃん。

初めて会った屋良ちゃんは、NARUTOだった。
だから、オレンジ色の文字でお祝いの言葉を。

今でこそ君がステージに現れても泣いちゃうこともなくなったけれど。

ステージで輝く君に会えること、
それはずっと夢だったよ!
「だけど、僕はプレイヤーであり続けたい。」
第0回少年倶楽部プレミアム。
その日は相葉ちゃんがゲストで第0回なんて言われているけれど、、、、MAはこの日から、ダンスコーナーを担当した。
誰かの振り付けもするけれど、自分はダンスプレイヤーなんだっていうまだ若い君がいた。

初めて君がダンスの振り付けをした、光一さんの「snake」で、
そうだった。
この日も、スポットライトの輝く下で踊る光一さんの少し下がった階段のところで
君は、
激しくダンスをしてた。
オレンジ色の薄雲ったライトの向こうで
MA4人のシルエットが映し出されていた。

よく見えない。
スポットライトの当たった君を見るのが夢だった。
スモークの向こうで心を込めた熱のあるダンスを踊る、踊りまくる君の姿を双眼鏡で見ていた私は
ただでさえ見えないのに、、、
涙で君の姿がよく見えなかった。

どんな時も

君だけを見ているよ

そう心で言いながら私は、双眼鏡をいつも覗く。

たくさんの人が蠢くカウコンのステージでだって、
嵐の後ろで踊る君の姿だって、
いつだって君を探してきたよ。

初めて準主役と言われたDream boysで亀ちゃんと聖と一緒にフライングしている君を見た時
その姿を双眼鏡越しで見た時、
やっぱり泣いたよ。

初めての主役「道化の瞳」の時は
けんちゃんの君が走り出たカーテンコールで
間違えてスタンディングしちゃったよ。(だって、まだアメリカ人だったからね。私。)

ソングライターズでアッキーと共に在る君を見た時は
この神様のギフトに感謝して
声が出るくらい泣いちゃった。爆!

初めて君を大好きになった「Gypsy」の
あの鳥の君の目が忘れられない。

ずっとあの目をしていた。君は。
何かを羨み
何かを睨みつけ
何かに怒り
何かをつかもうともがいてもがいていた。
その目が
私は大好きだった。

去年の暮れ、ドッグファイトの「Hey good-lookin'」で一番前に座ってた私と握手してくれた。
その時の君の自信に満ち溢れた目。
君の決心。
君の走り続ける姿。
そして、
君が大きな黒いワンボックスカーに乗り込むのを見た時、
また胸がいっぱいになったよ。

ああ、こんな車に乗ってちゃんとマネージャーさんがついてくれるんだね。

歯を食いしばって、ここまで走ってくれてありがとう。
私は、2004年、MAがソロコンをしたりたくさんのミュージカルに取り組んでた頃、
「嵐よりもずっと歌も上手なのに。演技も上手なのに!」
って思っていた。
それでもそうはならないのがジャニーズだ。
そこには答えなんかなくて、
努力をしたってその答えには辿り着かない。
そのこと、
何度も何度も君は噛み締めてきたに違いない。

今、君の立っている場所。

そこは、きっとジャニーズの誰もが未だ立っていない場所。
君だけの場所。

2月の末に、品川に行くよ。
君に会いに行くよ。

この間、お友達が送ってくれた新聞の君の記事を読んだ。
君は誰にも何も言わない。
君の姿をただ後輩に共演者に見せるだけ

そんな風に書いてた。
屋良ちゃんらしいな。
屋良ちゃんが勝ちたかった相手は
きっと君自身だ。

君だけの場所へ
これからも
君だけの道を歩いてね。

そして
いつの日か、本気でアメリカにダンスの勉強に行って欲しいな。
もっと違う場所で自分を試して欲しい。
ずっと思っているんだ。ずっと前から。
ニューヨークの公園で、踊るアフリカンの子達を見た時、君がここにいればいいのにって思った。
あの時から。
君はもっと自分の力を、試して欲しい。
もっともっと違う自分を見つけて欲しい。

おめでとう。
お誕生日おめでとう!
いつも君だけを見ているよ。(時には相葉ちゃん、時には矢田くん)

Dance is LIfe
君はダンスに愛されている。いつだって。
そこが一番大好き。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック