FC2ブログ
日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
今日のこと
2017年12月03日 (日) | 編集 |
私は住み慣れた大都会、大阪を捨ててもうずいぶん長いこと北海道の片隅に住んでいる。

母校の大学が小学部を創設した時、一瞬そこに戻りたいって思ったけれど
大学で働いていた友人が
「ベンツで送り迎えをしてもらってる子供達の先生になりたいの?」
って私に言って、私はそれを止めた。
多分、
私の住んでいる場所は、生活保護も日本でベスト5に入っちゃうような地域。
決して産業が発達しているわけでもなく、
狭い世界で生きている人たちが多く、

私みたいにあっちこっちをふわふわしている人間のことを排除したいって思っている人も多いかもしれない。

ここから見ていると、私が見ているものとこの地域に住んでいる人たちは
見ているものが違うな〜って思うことが多い。

そして、私が毎日出会っている子供達もそうだ。
狭い世界で生きているって思う。

3年前。
実は別の学校でボロボロになっていた私のところに、ある校長先生から電話がかかってきた。
「香取先生、うちの学校に来て吹奏楽をやってもらえませんか?」
どうしても逃げ出したかった私は、できるかできないかわかんないけれど「わかりました。やります。」って答えた。

たった3人の子供達が音楽をやりたくて待っていた。
たった3人だった。
どうしていったらいいだろうって思った。

私には夢があった。
私はアメリカでずっとジャズピアノを学んでた。
学んだけど、全然実になってないけれど、

子供達とジャズをやろうって思った。
たった数名の子供達とYouTubeでジャズをやっている小学生の映像を見た。

私は、こういう音楽がやりたいの!って一生懸命話した。

子供達の頭の上には「?」のマークがいっぱいだった。
それが3年前のスタートだった。

楽器を持ったこともない子供達との毎日が始まった。
私もお家の中で眠っていたサックスを出して、子供達と練習を始めた。
教えるっていう感じでもなくて、
「こうじゃない?」「こうなんじゃない?」そんな感じで
この子達より絶対サックス上手になってやるって思っていたけれど、いつの間にかどんどん抜かされていった。

あれから3年たった。
今日は市内の演奏会だった。

子供達と私たち。
ずっとやりたかったスィングガールズの曲に挑戦した。

毎日2時間。
休みなし。

3人だった部員が、今年は28人になった。
よちよちのちびっこが必死に練習した。
時には泣きながら。
時にはやめようって悩んだりしながら

たった12歳の6年生たち。私の同志だ。
すごかった。
何度もCDを聞いてドラムを耳コピして頑張った子もいた。
一人ぼっちでソロの練習を繰り返す子。
「こんな音、先生、無理だって!」って言ってた子も、今日完璧なソロを吹いてお辞儀した。

3年前に保護者の皆さんにお願いされた時
「私のやれることしかできません。」って話した。
もっとやってほしいこともあっただろうけれど、皆さん全力で応援してくださった。

私、
ちょっとくらいの演奏会や研究授業でも、前日の夜は爆睡するのに
昨日の夜は何度も目が覚めた。

今日、本番だった。

子供達はすごかった。
本当にすごかった。
いつもだったら、
うわ、ここテンポずれてる、
うわ、音出てない
うわ、揃ってない

・・・・なんて思いながらピアノ弾いてて、後でダメ出し大会になる私。

今日は知らない間に、音楽の中にいた。
音楽の渦の中にいて、そこで自分のやるべき音を奏でてた。
これが夢だった。

もうステージの上は
子供達とか先生とかそういうのなくて、
みんな同志だったし
みんなかっこよかったし
みんなブラボーだったし、
楽しくて胸が熱くなった。

本番前に舞台袖にいる時の子供達の顔。
不安で緊張でいっぱいだった。
一人一人に声をかけた。
大丈夫。
大丈夫だよ。
練習は絶対に私たちを裏切らないんだ。

だけど、ステージの上で演奏している時、ふと見たら自信満々の顔になってた。

音楽の力ってすごいと思う。
音楽は人を育て
音楽は人の心を育て
音楽は人を支え
音楽はなんて人の心を動かし震わせるのか

そして、
幾つになっても
どんなにブラックな仕事に携わっていて愚痴だらけでも

やっぱり私の仕事は尊い仕事だと思う。

神様に感謝の1日でした。
コメント
この記事へのコメント
ブラボー!
私も大昔、音楽教師でした。
香取さんのブログで泣いたり微笑んだり励まされていますが、何年か前の苦しそうな時には心が痛くなりました。
もうそこに留まらなくて良いから。香取さんの居場所は別にあるから‥と、エールを送っていました。
今日久しぶりにブログを訪ね、心から嬉しく思いコメントさせていただきました。

良かった!!音楽の力は偉大ですが、香取さん、あなた自身がステキです。
心が震える音楽を奏でた子供達の中には絶対に消えない「感動」の火が灯りました。この灯火がずっと心を温かくしてくれるはずです。
大変な偉業だと思います。

遠くでスマホを見ているこの私をも幸せな気持ちにさせて下さるのですから、香取さんはステキです。
2017/12/10(Sun) 21:28 | URL  | あゆみ #-[ 編集]
Re: ブラボー!
>あゆみさん
遅いレスでごめんなさい。
遠いところで見守ってくださっていたんですね。

そんな天使のようなみなさんに見守られて、私、何とか今復活できている感じです。
音楽ってすごいな〜と思います。
私自身が支えられています。
まずはピアノと言う楽器に。

それから、音楽という神様のギフトに。

もしこの世の中に音楽がなくて
そして、私が音楽を好きでなかったら、
きっと立ち直れないことにもいっぱい遭遇してきただろうなと思います。

あゆみさま
音楽の先生でいらしたんですね。
たくさんの子供さんを音楽で育てられたのでしょうね。

また見守ってください。
近頃は時々しか記事をアップしないのですが。
これからもよろしくお願いします。
2017/12/13(Wed) 20:27 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック