君のことを思う日 2017
2017年08月30日 (水) | 編集 |
HAPPY BIRTHDAY!
潤くん、お誕生日おめでとう。

初めて会った頃の君は、
「最後の20歳」ってニノに歌ってもらって
そして、すごく綺麗な涙を浮かべてた。
君たちがテレビの向こう側にいることが随分当たり前になった。

私は、13年前。。。。くらい。
SMAPからあっけらかんと担降りして、君たちに出会った。
(今でも筋金入りの香取ですけどね。。。)

潤くんのすごく綺麗な
そう、私たちはよくこう言ってるよ。
「ようでけたお顔」って。
そんな君がその横顔をスポットライトに照らされて歌う「blue」。
それを見た時に、ああ、私は君の影の中に入りたいって思った。
そして、それは少し後に実現できた(大ちゃんだったけどね!)

この間、24時間テレビの特番をぼんやりテレビで見ていた時
2004年武道館の5方向から軽やかに駆けてくる君たちの姿が映し出されて、涙が出たよ。

あの時私は、あの武道館にいた。
暑い夏の日、
武道館の前の長蛇の列に並びながら、
お友達と当選ハガキを写メってた。
それが、私の確か初嵐。

毎年、今年は何回君たちに会えるだろうって思った。
毎年、
毎年が重なって、もう10年を超えた。

潤くん。
私は、近頃少し嵐を追うことに疲れていて、
今まで何一つこの手からこぼさずにって思っていたけれど、
とうとう「ワクワク」に行くことを諦めたよ。
チケットがなくても、国立競技場の前まで行くことのできた私が
氷点下のマンハッタンで翔ちゃんの車を10時間以上待つことができた私が。

コンサートにエントリーして、
昔は「何勝何敗」なんて無邪気に言っていたけれど、そんなことも誰にも話さなくなった。

それでも
テレビで5人が笑ってると幸せ。

潤くん。
お誕生日おめでとう。
真面目で頑張り屋の君は、きっと今頃コンサートのこと考えてるんだろうな。

シルバーリングっていう歌、覚えていますか?
この歌、なんのコンサートだったかな。
ご挨拶の時に歌ってた。
私はどこでこの歌を聞いたのかな。
きたえーるだったか、横アリだったかな。
私は、この歌を聴くと、君を思い浮かべてる。

あの頃、
潤くん。
君は、等身大の男の子だった。
そういうとこが大好きだった。
不完全で
危うくて、
強がってて、もがいてる。
尖っていて、誰も寄せ付けないような目も

君は大人になった。
今年の24時間テレビで歌っている東北の高校生を見ながら
数年前に君が指揮をしたブラスバンドを思い出した。
あの時、
教えてくれた佐渡さんも涙を流していた。

ドームを満員にする
最後尾の私たちにも愛と勇気を送ってくれる君の演出。
それでもなお、
自分たちだってパワーをエネルギーを幸せをもらっているんだという君が
高校生一人一人と向き合い、
その子供達の抱えている思いや日常を、受け止めて演奏したあの瞬間。
音楽はスキルだけでは解決できない。
何かが爆発する瞬間がある。
その心震える瞬間を、これまでも作り上げた君だからこその指揮。

私は君はものすごいスピリチュアルティーチャー(ってカタカナやん)だと思っていて、
たとえ相手がズタズタに心を砕かれている状況でも
耳が不自由であったり
どこかに傷を抱えていたりしても
それを、すごい力で引っ張り上げる力を持ってる人だって感じる。

20歳の頃の君にそれは感じなかった。
その頃、今より好きだったかもしれないけどね。
だから、
君の考えているコンサート。
きっと私や友だちを出会わせてくれるコンサートは、
楽しいとかかっこいいとかだけじゃないんだ。
誰かの心の傷を治したり
この世の中に、こんなに幸せに満ちた瞬間があるんだろうかって思えたり
安心したり
何か美しくて柔らかくて、
何色かわからない綺麗な光に包まれている場所。
そこを
君はプロデュースするんだ。

そこに、今年も行きたいって思う。
嵐はいつも、
いつだって私の心をチューニングしてくれるんだ。

潤くんの言葉がいつも心に残る。
いっぱいあるよ。
大事なことを、分かりやすい簡単な言葉で伝えられる人こそ
賢い人だって思う。
優しい人だって思う。

君の言葉、何年前かのコンサートで君が最後に言った言葉

「支えてね。」

何をおっしゃいます!支えてもらっているのは私たちのほうだよ。
あのときそう思ったけれど、
だけど、私たちにそんな力があるのなら全力で支えていく。
潤くんのこと。
嵐のこと。

お誕生日おめでとう。
潤くん。
健やかに。
朗らかに。
1年を。

嵐と一緒に歩いていくよ。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック