日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ニノ、こっそりお誕生日おめでとう!
2017年06月19日 (月) | 編集 |
ニノ〜!
ニノ〜〜〜〜!

そう呼んでみたくなる。
いつだったか、ものすごくリアルに覚えている夢なんだけれど、
夜明けの街に君が飛び出していく後ろ姿に
ニノ〜〜〜!って叫んだ夢。
うふふ、変な夢。

走って消えていくその後ろ姿を追いかけながら、
泣きそうになりながら
消えゆく君の姿に叫んだ夢を見た。

ニノ。
ニノ。
お誕生日おめでとう。
ニノが蜷川さんに言われた言葉

どこか懐かない猫みたいな子。

本当は寂しがり屋なんだろう。
相葉ちゃんが大好きすぎるニノ。
ご挨拶の時は、いつも相葉ちゃんのこと心配そうに見ているニノ。
優しい子。

そして飛びっきり優秀な子。

先日。
木村君との共演が決まった。
その時の記事にも書いたけれど。

「どうしようもない気持ち」を心に抱いたニノ。
私はとっても胸が熱くなった。

なんだか派閥とかあるそうでね。
何人かのお友達が「どう思う?」って尋ねられたよ。
どんな思惑があろうとも
君の
「どうしようもない気持ち」は真実だ。
人は人と出会うことで変わることができる。
映画の内容もそうだろう。
二人の人物が出会うことで、お話が展開していくのだろう。
そして
それと同時に
君と木村君との新しい物語が始まるんだね。

そのことを想像すると、涙が溢れそうになるんだよ。

ニノ。
君はSMAPのこと、私たちとは違う場所で心を痛めてくれていたよね。
嵐が一番の私も
20年間一緒に歩いてきたSMAPがいなくなるのは、心が張り裂けそうだったよ。
いろいろな思いがあって
本当に心の中に荒波が立ち
それが静まった後は、まるでずっと明けない夜の中にいるようだった。

私は、嵐のもがいてるところが大好きだった。
どんな高みに登っても、それでもなんだか悩み苦しむ君たちが大好きだった。
それと同時に
清々しいほどに先を走っていくSMAPも大好きだった。

その好きはちょっと違ってて
そこに何があろうとも
どんな壁やら
どんな人間が絡んでいようとも
嵐が好きだしSMAPが好きなんだ。

ニノは
きっと美しく心を打つ、新しい物語を作ってくれるって思う。

およそ誰もが考えないようなことを
さらっと言ってのけるニノ。
人を寄せ付けない佇まいでいる時もある

ずいぶん前に君の舞台の後に出待ちをしてた時
助手席から私たちのこと、強い視線で睨んで去って行った。
あれが、私の知ってるニノ。
だからこそ、君が孤高の人で

それでいて寂しがり屋さんでいてくれる

そこが好きだ。

幸せになってね。
今年もまたコンサートで会えますように。

HAPPY BIRTHDAY ニノ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック