日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
「大人の遠足」〜三峯神社へオオカミさんをお借りしに行きました。〜
2017年05月28日 (日) | 編集 |
今週末は埼玉県は秩父にある「三峯神社」というところに行ってきました。
一緒に行ったメンバー紹介!

IMG_0004_20170528180353288.jpg

香取の家からは、いつもおなじみの「ポ筋ちゃん」。
そして、私のスピ師匠のお宅からは「こなまちゃん」と「パムセちゃん」
それから、スピ師匠!

なぜジャニーズ遠征でもなく、ここに私が行くことになったかというと。。。
去年のある遠征の後、師匠から
「ねぇかとりん、三峯神社の御眷属拝借って知ってる?すごく面白いの。」
というお話を聞いたのです。

なんでも、ここは日本武尊を祀る由緒ある神社。この神様のお使いが狼なのだそうです。この狼さんを御神礼として1年間拝借すると、多くの災いから守ってくれるというのです。
しかも、スピ師匠のお知り合いの霊能者の方にはその狼たちが見えるそうで、三峯神社の入り口には何匹かの小狼たちがご案内役で待っていたり、宿泊施設には一部屋一狼くんが担当としていてくれたりもするのだそうです。もちろん、この神の山には二千匹以上の狼くんたちがいるのですって。ですから、私が行ったらもうオオカミがいなかったらどうしようかしらなんて心配はご無用なんだそうです。

この話を聞いた時、ものすごくわくわくしました。
もちろん、弱っちい私ですので守っていただきたいという気持ちも強いですが、狼くんと一緒に生活してみたいという気持ちがとても強くなりました。なんというか、なんだかとてもコミカルでしょう?

そんなわけで、スピ師匠の吉方位がこの日はここだということで、出発は5月27日と決定しました。
そして、私はこの日をとても楽しみにしていたのです。
まずは、6時35分 池袋駅に集合。早い〜。
西武線で秩父駅まで行くために池袋を出発です。
始発のレッドアロー号に乗りました。

IMG_0001.jpg

西武線の構内へ行くと1〜6番線まであるのに、特急のプラットホームの表示がない。。。
あれ?あれれ?どこから出発すの?
あ、、、もしかして、ハリーポッターみたいにここに柱に向かって走るとか?
なんて呑気なことを言っていたら、なんと西武線の構内には「特」というプラットフォームが!
危うく乗り遅れるところでした。

IMG_0002.jpg

さて、西武秩父駅まで約1時間半。
大人の遠足はとっても楽しいものでした。
窓の外の風景の話をしたり、帰りはオオカミさんがいるんだね、いるんだねと何度も話したり。
ものすごい人で何時間待ちとかだったらどうしよう(ジャニオタなんでグッズの数時間待ちとかを連想する。)なんて話をしながら楽しげに秩父の駅へ特急は向かっていきます。

三峯神社に東京から行くには、この特急レッドアロー号に乗る方法が一つです。この特急は、自由席がありませんので指定を取って乗車します。

そして、とうとう秩父駅に着きました。
三峯神社行きのバスは大変混んでいるので1台見送るくらいの覚悟で行けという情報があったので、まずはバス停へ走るという心意気でした。

IMG_0005.jpg


私たちは1号車に乗っていました。秩父駅の改札は、1号車が一番近く、そこから改札を通ると調べておいたバス停5番乗り場へ。そこにはもう20人くらいの人が並んでいました!
ひゃ〜〜!!という感じで、列に向かって走る私。ジャニオタの血ですかね。
最後尾について並んでいらっしゃる方に
「ここは三峯神社行きの列ですか?」
と尋ねると、もうきっとこの方何度も聞かれている常連さんなのでしょうか?
「そうですよ。この場所なら座れますよ。」
と親切に教えてくださいました。周りを見ると本気の山登りの格好の方もいっぱい。
え、、、そういう感じ?私たち間違っている???
とりあえず、私たちは歩ける靴、そして私は半袖(なんせ道民は20度以上と言われると半袖です。)でした。

バスにはたくさんの方が乗り込みました。
8時30分発の三峯神社行き始発です。(土日は増便されます。)お客さんが多かったので、2台で出発です。
おそらく私はこんなことでもないと、山ガールに会うことはなかったでしょうね。皆さん大きなリュックを背負って可愛らしい山ガールの出で立ちで乗っていらっしゃいました。

さあ、バスでしゅっぱ〜つ!
IMG_0006.jpg

そこからまたバスで1時間半。
キロ数にすると30キロちょっとの三峯神社までの道を、私は最初レンタカーを借りていきたいと思っていました。道民は1キロ1分と考えます。なので30キロ?1時間半?どういうこと?と思っていました。
でもグーグルマップで道を調べたところものすごいカーブが続きます。
これは、一度バスで行って道をよく見てこようと今回はバスです。930円なり。

レンタカー。。。無理だわ。これ、、、というような道でした。
北海道しか運転したことのない私は、道の狭さに驚き、そして対向車の近さに驚きました。
何より山道のカーブはハンパないカーブで、その先が全く見えません。
しかも、この日は深い霧。
数メートル先も見えないような真っ白な状態でした。

これは、お友達とお菓子でも食べながら、バスに乗っていくのが一番。
ゆっくり進むバスが1時間半かかる意味もわかりました。
時には道が狭すぎて対向車と譲り合いをする場所もあります。
眼下には、深い谷底やダムも見えます。

IMG_0007.jpg


とうとう、三峯神社に到着です。
後払いの930円を支払って、拝殿まで歩きます。
とても深い森の中にそこはありました。
少しずつ霧が深くなっていき、まるでこの世の世界から天空の世界への入り口のようなところでした。
イメージとしては千と千尋の神隠しのようなイメージです。

IMG_0008.jpg

IMG_0010.jpg

この狼くん、何回か写真で見たわ〜。
IMG_0009.jpg

今回の大きな目的は「御眷属拝借」(ごけんぞくはいしゃく)のご祈祷を受けることでした。
浅田真央ちゃんが「氣」の白いお守りを購入されて、一気に人気は急上昇したこの神社。
さぞかしご祈祷を受ける方も多いのだろうと覚悟していました。
途中に狛犬さんならぬ狛オオカミさん?に何度も出会いました。
白い霧の中に佇むオオカミさんたちの姿はとても幻想的でした。

IMG_0011.jpg

拝殿前に着き、お礼をして階段を登りお賽銭を入れてご挨拶をしてから、ご祈祷の申し込みに行きました。
驚いたのは、ここでお仕事される神主さんたち?は皆さんお若いお兄さんたちが多い。
これ、かっこいい神主さんとかいたらそれでまた人気とか出たりして〜〜って思う。
自分の住所と名前を申し込み用紙に書き、御眷属拝借の御祈祷料を4000円、お札をしまうお箱を2000円で購入しました。なんでも神棚のないお宅でオオカミさんをお祀りするために良いそうです。

三峯神社境内の宿泊施設、興雲閣の食堂で待ちます。
いや〜〜。。。物販素晴らしいです。
ここで多くのお土産物を物色します。「三峯神社に行ってきましたクッキー」とか、お漬物からおまんじゅうからキャンディまでいろいろなものがありました。
お時間が来ると放送で名前を呼ばれました。ちゃんと北海道の地名まで呼ばれて「恥ずかし〜」って感じでした。

さて、拝殿に入りました。美しい天井画。花の絵が描かれています。
たくさんのお席があって、いろいろな団体の方たちとともにご祈祷を受けます。
ここからは神主さんたちの言われるままに行います。
お祓いをしてもらい、最後には一人一人玉串拝礼です。(枝のようなものを一人一人お供えします。)
かくして、ご祈祷が終わり帰り道の廊下で御神酒をいただき、最後にお札をいただきます。
さあさあ!
これで、オオカミ君ゲットです!
もう私にはオオカミくんがついてくれているのです。

私は、全然信心深くも無いし、初詣も行かないのですが、今回ここで宮司さん?神主さん?なんとお呼びするのか祝詞をあげてくださった方のお話ですと

「今日は霧も深くなり、より一層神様の霊気の強まった日です。どうぞ神様の霊気をたくさん受け取っておかえりください。」

だそうです。
近所の神社なんかではなかなか感じることのできない、独特の世界がそこにありました。
そして、寒い!道民の私でも寒い〜〜。なんでウィンドブレーカーをスーツケースに入れてきたかな〜なんで半袖でくるかな〜。。。友達は、「なんでこんな靴紐のめんどくさい靴を履いてきたのか。。。(何度も脱いだり履いたりがあるので。)」と二人で悔やんでいました。
それにしても

それにしても、美しい風景でした。

そして、
三峯神社のすごいところは、その佇まいから感じられる「霊気」であるとか「不思議な雰囲気」であるとか「厳かな雰囲気」だけではありません。

いや〜、驚いた。物販!

お土産やさんの商品の豊富さ以外にも、オオカミグッズの豊富さ。Tシャツ、短パン、バッグ。
ついついジャニオタなんでグッズ買いに走ってしまいそうな可愛らしいグッズがたくさんありました。
お酒好きのお友達は、オオカミのラベルのついたお酒を買うことに大変迷っていました。彼女は「神の水」もしっかり汲んでもらっていたので、これ以上荷物を増やせないと今回は断念。でも後々に買えばよかったと後悔していらっしゃいました。ネットで売って欲しいですね〜。
だって、コロコロを持ってここまで来るのも大変だし、やっぱり大きなリュックを背負ってくるしかないのかしら。
オオカミさんのお酒はワンカップもあって、寒い寒いと言っていた私は買いそうになりましたがな。

また、参道にもたくさんの食べ物屋さんが並びます。
しっかり「わらじカツ丼」食べました。しいたけ天丼も魅力的でした。

IMG_0021.jpg

あ、、それから神の水を使って入れたコーヒーやコーヒーゼリー(1日20食限定、、、こういうのに弱い)もある素敵なカフェもあったりするんですよ。

IMG_0019.jpg


いや〜〜。。。三峯神社さん、、、ご商売もお上手です。
よくお一人で神社に行かれるお友達は、「トイレの美しさ」に驚いていました。
確かに、こんなに山のてっぺんの方の神社にウォシュレット付きの綺麗な洋式おトイレがいくつもあるとは。もうツボ押さえてるわ。三峯神社さん。
ある意味、もうあっぱれです!

そして、忘れてはダメです。
ご神木。

IMG_0016.jpg

IMG_0017.jpg

樹齢800年だそうです。このご神木の「氣」もいただき神様の力をたっぷりいただきました。
本当に、神様ってきっとここにいるんだろうなと思いました。
私は、宗教は何も持っていませんし何も信じていません。
でも、目に見えなくても居るんだということは感じます。
例えば、クリスマスのチャペルで神父様のお話を聞いた時、クリスマスソングを歌った時天井から天使が降りてくる姿を感じたし、今回のオオカミくん(おーちゃんと名づけました。もらったよ!大野くん!)にしてもきっと私が思う姿で、彼はそこにいるはず。

IMG_0020.jpg


私は、夜の7時半からPENTATONIXのコンサートの予定もあり(どんだけ予定入れる)、オオカミさんのご祈祷やカツ丼、そして美しい風景に満足した私たちは、次回は是非「神の湯」に入り、山に登って(私はできるのか。。。)奥宮に行くことを約束し山を降りることに。
帰りのバスも、1時間に一本。土日は増便されているので13:30発のバスの列へ。
やっぱり何人もの方たちが並ばれていました。山ガールさんたちは、きっと今夜はご宿泊されるのでしょうか。お姿が見えません。そして、この時間には、霧は一層深くなり満車状態であろうの駐車場すら全く見えず、でも続々とバスで参拝者の方たちが現れるのでした。

そしてまた1時間半かけて西武秩父駅に到着。
まだ帰りの特急には2時間近く時間があり、1時間早い特急券にチケットを変えてもらって秩父駅併設のお店へ。
ここも素晴らしいお土産屋さんが勢ぞろいでした。フードコートや温泉もあるようですし、新しい施設でとても綺麗でした。またもやここでお饅頭とかなんやかんや購入し、帰路へ。
バスの中では爆睡していた私たちは、また元気におやつタイムを過ごしあっという間に池袋に。(1時間半乗っているのですが。)

大人の遠足は相当に楽しかった。
オオカミさんを拝借しましたので、1年後にはお返し手に行かなければなりません。(今、説明書?を読むといけない場合は郵送でも良いそうです。すると新しい狼さんを郵送で送ってくださるらしい。)
その時、またどのようにしてたどり着けば良いかを忘れないために、今回は三峯神社レポのみお届けしました。
たくさんの写真は、私のスマホがなぜかご祈祷の後にダウンしてしまい、三峯神社を出て復帰するという摩訶不思議な状態になっておりましたので、お友達の写真もお許しを頂きお借りしました。

三峯神社は簡単に行けるところではなかったです。
今回は、お友達にお付き合いいただいて、とても楽しい遠足となりました。
さて来年には奥宮まで行けるかしら。
宿泊するのはちょっと怖い。。。でも夜の三峯神社の静寂も感じてみたいわ。(案外酔いつぶれちゃったりなんかして)もちろん、神の湯もいただきたいものです。

さて、オオカミのおーちゃんとの生活がスタートです。
飛行機に一緒に乗って北海道のお家に帰ってきました。
そして、うふふ。
来週はまた屋良ちゃんミュージカルで東京にお邪魔します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック