日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
over the rainbow
2017年04月30日 (日) | 編集 |
5月の末に東京方面に行きます。
今回は全くもってジャニゴトではなく、その1週間後には屋良ちゃんミュージカルでまた登場します。
うん、1週間空けずにまた東京に行っちゃう、私の遠征。
これが私です。

今回は大きな目的が一つあります。
そして、オマケがつきました。
pentatonixです。
ほら、パズドラの5人です。

too much heaven
これは、↑ビージーズの「失われた愛の世界」のカバー。CDにはなっていません。でもとても素敵です。
天使の数字は「3」だと思うんだけど、
私は「5」が好き。
5っていいよね。

pentatonix
アカペラのユニットです。
ボーイズ2メンとか、昔好きだったわ。
バックストリートボーイズも、アカペラが好きだった。
インシンクも。
外国のアーティストって基本的に超歌上手いから、ダンスして歌うと同時に、アカペラもバッチリな人たちが多い。ジャニオタをやっていると、すっかりそういう「上質」を忘れる。あ、、、ごめんね。

もともとは、別用でこの日に東京に行く予定でした。
そして、そっちの手はずもしっかり整えた頃、pentatonixの「ボヘミアンラプソディ」を聞いて、ひ〜!素敵!本物を聞きたい!と強く思いました。
日本に来日することはないかしら?
もしかしてアメリカ行かないと聴けないかしら?
そんなことを思って公式サイトを探ると、なんとまぁ5月27日が国際フォーラムなんですって!
しかもそれを知った日が先行予約の最終日でした。
これはもう行くしかないです。
これはもう、運命とかそういうことです。

新しい出会いです。
外国のアーティストなんてかつてのTOTOとかエリックカルメン以来聞いたことないわ。。。
そう思っていたら、あ、、、私、アメリカに住んでたわ。
あの頃は外国のタレントさんしか見れなかったんだわ。

お客さんはどんなテンションかしら?
ノリノリかしら。
緊張感満載です。

でも、本当の最大の目的は彼らではないのですけどね。
そのお話は、ミッションが成功したらお伝えします。
うふふ。

ビージーズの「失われた愛の世界」は、高校生の時初めてオフコースのコンサートに行った時、オフコースの5人が「アメリカで何度も耳にした曲です。」とカバーを聞かせてくれました。
後ろに美しいアメリカの風景が映し出されて(彼ら、レコーディングで渡米して帰国したばかりでした。)、そして5人の美しい美しいハーモニーに心奪われたこと、、、思い出します。

オフコースも当時、5人でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック