日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
Are you happy?ツアー、お疲れ様〜!
2017年01月09日 (月) | 編集 |
ツアーオーラス。
幸せなことに参戦させていただきました。

初ヤフオクドームです。
香取もこれで、5大ドーム制覇です。

実は、年末の東京ドームもお邪魔できたので、その時は相葉ちゃんの背中に
「大丈夫、大丈夫。大成功。頑張れ!」
とmiles awayの曲の間、ずっと「気」を送っていました。

さて、年が明けて福岡での嵐は、
特に相葉ちゃんが解き放たれたみたいに、ふわ〜っとしてた。
あぁ本当に安心してるんだなと感じました。
心からツアーを楽しめるようになったんだろうな。。。と。

そして、楽しい楽しい時間をたくさん過ごせたことに私も感謝の気持ちでいっぱい。
嵐がいてくれて本当に良かった。

実は、記事をアップするかどうか、それ以前に書くかどうかすごく迷っていました。
この年末から、年明けにかけて、私はいつも心に深い闇があってどんなに楽しいところにいても、気を抜くとそこに引きずられる感じがずっとありました。
もちろん、今も。
それは、SMAPのこと。
もともとは「SMAPはもう手が届かない人たち。」なんて思って、嵐に担降りしてきた私。
SMAPのことを本気で思っているファンではもう決してなく、それでも、
それでも、嵐のことを何年も思い続けているように、
SMAPのこともずっと最後尾で応援をし続けてきました。

「当たり前」とか「マンネリ化」とか、SMAPには良い意味でも悪い意味でも、そういう言葉がそばにあって、すっかりその状況や距離感に甘えていました。
多くの方が言ってるように「空気」のような存在でした。

だから、ごめんなさい。
嵐との楽しい時間の中にいても、足元をすくわれてしまう瞬間が実は、何度もありました。

それは、
5人がこうやってステージにいて、自由に駆け回り、笑い合い、心を込めて歌う。
声を合わせることも、素敵なフォーメーションでダンスをすることも、
なんて尊いことなんだろうということです。

そして、また
それは「永遠」ではないこと。
もちろん、いつまでも毎年、彼らとこんな風に会いたいし、ずっとテレビでも見ていたい。
彼らの音楽を聴いていたい。
けれど、そういうことが「当たり前」ではないんだなあって、5人の姿を見てて思うことが何度も何度もありました。

誘ってくれた嵐友ちゃんには、感謝の気持ちでいっぱいです。
それから、このツアーの間にたくさんの嵐友ちゃんに会えて、たくさん美味しいものを食べて、たくさん楽しい時間をもらいました。
Are you happy?は、決してドームという場所にいるだけではなく、告知された日から、チケットのエントリー、ホテルの予約、飛行機の予約、ご飯の予約、お友達と連絡を取り合うこと。。。。
知らない街を歩く。
その寒さや温かさ、、、。
雪道、アスファルトの道、
風の匂い。
雪の日。雨の日。お天気の日。

全部がAre you happy?ツアーでした。
そんな時間をくれた嵐の5人にはありがとうの気持ちでいっぱいです。
それは、2004年からもう13年?続いています。
ずっとずっとありがとう。嵐。

たくさんの素敵なコンサートの思い出は、素敵ブロガーさんたちが書いてくださるので、私は2016〜2017年をまたいで、こんな気持ちの私に寄り添ってくれるみたいにいた嵐のこと忘れないように書いています。

潤くん
「2017年もこの5人で」と言う言葉が、一番心に残ったよ。
2017年があって、2018年、2019年。。。それはきっと永遠に続くはずと、私たちはずっと信じているけれど決して確実なものではないと、今年は思い知っている私の心の中にある氷をふわっと溶かすような、そんな言葉だった。
潤くんのご挨拶は、いつもそうだよね。
ありがとう、潤くん。

ニノ。
ニノと宇宙sixの表現力豊かなダンス。
ニノは妖精だ。
こんなことしないって顔して、むちゃくちゃかっこいい姿を私たちに見せ付けてくる。
紅白の時、ワンラブで相葉ちゃんとすれ違う時のニノの顔!
ニノが大好き。

大ちゃん。
もうすぐ久しぶりに大ちゃんの殺陣が見れるんだね。
翔ちゃんが「大野くんの殺陣を見た事ない人いると思うけど」って話してた。
そうなんだ。君の殺陣を見るのが楽しみだ。
また隠し玉を見せるときがきちゃったね。

翔ちゃん。
カウコンの話。ありがとう。
嵐らしいね。
その話をニコニコしながら聴いてる相葉ちゃんもいいね。
潤くんの「降りろ」に全員で一気に行動できる姿が嵐だと思う。

そして
相葉ちゃん。
ずっと伝えたかった。
紅白歌合戦の司会、お疲れさま、本当に本当にお疲れさま。
オープニングのシーンでは、正座して見ながら泣いちゃったよ。
天才志村動物園が始まった時も正座して泣いたけどね。
柔らかくて優しい司会だったよ。
ワンラブでの涙、相葉ちゃんのほっとした気持ちがすごくわかってたまらなかったよ。
肩の荷物を4人にちょっと渡して、ほっとしたんだね。
4人がそばにいてよかった。
嵐が居てよかった。ずっと支えてくれてよかったね。

大役を終えた君に会えてよかった。
楽しそうで嬉しそうで、、だけどご挨拶の時、ちょっと泣きそうな瞳をしてる君は、初めてのドームの頃と変わらない、あの頃の綺麗な心のまんまなんだね。

miles awayでその後ろ姿を見るのが大好きだった。
暗闇でも、背筋の伸びた綺麗な後ろ姿見るの好きだった。


嵐が、会えたジュニアの日からこれまで。
嵐は自分たちを一生懸命守ってここまで来たんだね。
そして、ファンのこともしっかり育ててる。
ずっと若い頃から。
それはすごいこと、いつも驚くこと。
そのまま
ずっとこのままいてくれたらって思う。
そのためだったら、ずっと支え続けるぜ!って思う。
そして、
頑張ってくれてありがとう。
毎年毎年、私たちに会ってくれてありがとう。
いつも支えてくれてありがとう。

こんな気持ちを抱いたままドームに入らせてもらうことに、いろいろな想いがあるんだけれど、そんな私にずっと笑いかけてくれた嵐に拍手をいっぱい送りたいです。
そして、この気持ちを忘れない。
忘れないでいる。

長いツアーお疲れ様。
初日から、オーラス。
楽しかったよ〜〜〜!

アップしないと言ってる割には長い日記。
すんません。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/11(Wed) 17:37 |   |  #[ 編集]
いらっしゃいませ〜〜〜!
>ヒミツのCさん
いらっしゃいませ〜〜〜!(コンサートの時のニノのご挨拶なんです。)

ここまで来てくださってありがとうございます。
毎日大変なこと、心配なことありますが、気分転換にまたいらしてください。
でも、全然更新しないので、一か八かで覗いてください。爆!

こんなに遠くまで来てくださって本当にありがとうございます。
2017/01/13(Fri) 07:25 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック