日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
明日もありがとう。
2015年08月09日 (日) | 編集 |
とうとう前楽が終わりました。

明日で、勇敢なエディも、恋多きマリーも、心優しいピーターも、ほんとは綺麗な心をもつニックも、またどこかに帰って行ってしまいます。

こんなにも心惹かれ、
こんなにも勇気や希望をもらい
こんなにもさよならしたくない舞台は初めてです。

今の時代はなんでも映像化されるけれど、それも叶わず、音源もなく、
あの初演から2年。
こんなにも会いたかった人たちはいません。

屋良ちゃんが大好きだけど、それだけじゃない。
彼の歌やダンスが素敵だからだけじゃない。

エディが
ピーターが
マリーが
ニックが大好き。

いつだってクライスラービルが窓から見える、マンハッタンのどこかのアパートメントに4人がいるような気がする。

同じ時間を、彼らは生きているんじゃないかと、思ってしまう。

また会えるかな。
また会えますように。

ありがとう。
帰ってきてくれて、ありがとう。

今日はお友達と、その感謝の気持ちを伝えられるようにある計画をしました。

ハッピーエンドが待っているで、スタンディングしちゃう計画です。
あんな素敵なカテコを、座って見てるなんてもったいない。
ジャニオタなら、あり得ない。

私がアメリカのブロードウェイでミュージカルを見たとき、何より感動したのはオーディエンスの素晴らしさ。がんばるステージ上の人たちへ、想いを伝えるのが上手なんです。

ときには、一緒に歌い
(ジャージーボーイズなんてまさにそう)
ときには、一緒に踊り
ときには、オケの最後の演奏を静かに聞いて拍手を贈る。
すばらしい役者さんがいれば、主役でなくてもスタンディングで拍手を贈ります。

すばらしいものを与えてくれた人には、自分の気持ちをちゃんと伝える。表現する。

そんなオーディエンスに、日本のお客さんの私たちもなれたらいいなと思います。

だって、私たちが舞台を育てていくのですから。

さて、ソングライターズ。
初演より、お客さんが自由になってる!

そして、計画は大成功。
あー!楽しかった。
気持ちを伝えられてよかった。
ありがとうの気持ちを。

明日は千秋楽です。
明日もありがとう!

iPhoneから送信
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック