日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっと君を見てきたよ。HAPPY BIRTHDAY,屋良ちゃん
2015年02月01日 (日) | 編集 |
屋良ちゃん。
お誕生日おめでとう。

私ね。
ずっと屋良ちゃんを見てきたよ。
どんな暗闇で君が踊っていても、君の姿を探したよ。
ライトが当たっていなくても
そこが薄曇った世界であっても、激しく踊る君の姿がずっと大好きなんだ。


今朝の告知。
ソングライターズの再演。おめでとう。ありがとう。屋良ちゃん!
嵐を大好きになった2004年に、私は彼らの出演する色々なDVDを集めてた。
その中に「GYPSY」という劇団演技者(フジテレビで月曜日の夜遅く放送されていた、ジャニーズのタレントさんと色々な劇団とのコラボ番組でした。)のDVDがありました。
主演は少年隊の東山君と植草君。
そして共演者として、嵐からは相葉ちゃん。
それから、MAの屋良ちゃん、米花君、町田さん、、、ふぉ〜ゆ〜から(そのころはなかったよね)辰巳雄大くん。

今想うと、ゴージャス!なこのドラマを見たとき、私は君の目の鋭い光に釘付けになりました。
弟の辰巳君をかばって東山さんを睨みつける屋良ちゃん。
わぁ、なんていう鋭い目をする子だろうと想いました。

もちろん、第1回目の少年倶楽部プレミアムからのMAの活躍も大好きだった。
忘れられない君の「僕は、まずプレイヤーでありたい。」という言葉。

ずっと、君は、ダンスを何よりも愛していて、そしてダンスに愛されている人だ。

私は、君の事はもちろん、MAが大好きでした。
初めて光一さんのソロコンに行ったとき、SNAKEという曲の振り付けを任された屋良ちゃんが、光一さんのバックでダンスする姿が忘れられません。
今でも目に焼き付いている、双眼鏡の向こうの君の姿。
オレンジ色の薄曇った光の中で、激しく踊る君。
スポットライトは光一さんだけに当たってた。
それでも、君は、MAの4人は、いつだって激しく自分を表現してた。

孤高の人、光一さんが誰よりも頼りにしてきたMA。
光一さんのワイヤーの掛け替えを誇りをもってやってた姿も、とにかく「支える」ことに徹するMAが大好きでした。

その中で、ずっと唇噛みしめている君が好きだった。
多くの同期や後輩達をデビューに見送り
「卑屈」にだってなってるだろう君の目が好きだった。
もちろんGYPSYの鳥の少年だった君は、まさにそうだったし。
「サバ☆アイ」のターロンも、そんな目をしてた。

今でも大好きなMAのパフォーマンスはキンキのバックの「ビロードの闇」。
ニットの帽子の屋良ちゃんと、町田さん、米花君の、最高のパフォーマンスだった。

あの頃は、ストリートで踊ってるって屋良ちゃんゆってたね。
だから、アメリカに来て初めてニューヨークの街角で、アフリカンの男の子たちが踊ってるの見たとき、あぁここに屋良ちゃんがいたらいいのにって想ったら、なんだか涙がつーっと頬をつたった。
悔しかったんだ。
私は、ブロードウェイでもマンハッタンの街角でも、できるだけアマチュアのパフォーマーを見ようとしてた。
だけどね。
君みたいなダンサーに会うことはなくて、いつも「ここに屋良ちゃんがいたら」って想っていた。

私が、アメリカにいる3年間の間に、君がダンス留学をしにアメリカに来たとき
あぁやっと、君の力を試すときがきたって飛び上がるくらい嬉しかった。

今、振り付け助手もしながら、より表現が豊かになった君のダンスを見ていると
君がアメリカで何を学んだのかが伝わってくる。

私は、ダンスのことは全くの全くの素人でわからないけれど、
君が「全てをダンスで表現する」という意味や
その人のパーソナリティそのものをダンスで表現すること
まさに
DANCE IS LIFE
そのことをアメリカで君は学んできたんだね。
だって、アメリカは誰よりも自分がいちばんで、自分を誰かと比べたりもしない
誰もがいちばん自分を好きで、全身全霊で自分を表現する人々に惜しみない拍手を送る国。

今、すっかり嵐よりも君に会うことが多くなった。
数々の舞台で、主役を張っていたり、誰かを支えていたり、
それでも、
いつも君は舞台という場所を愛し、愛され続けてる。

スポットライトが、今では君にまっすぐと当たる。
明るい光の中で、
目を凝らさなくても、君を見ることができる。
安心して、
君が歌い踊る姿を見ることができる。
アメリカから戻ってきて、初めて君の姿を舞台で見たとき、ほっとして泣いた。
ほんというとさ、
アメリカに君が来た頃、もう二度と君がダンスする姿を見ることはできないんじゃないかって想うこともあったんだ。

君は何になりたかったのか。
ずっと誰かを睨みつけながら生きてた君は
本当は何になりたかったの?
そして、今は。

私は、ずっと想ってる。
屋良ちゃんはもう、ありきたりの未来、他の人達が見ているような未来なんか見なくていいと想う。
かつてあなた自身が目指していた場所も、もう目指さなくていいと想う。

屋良ちゃんには、日本を飛び出して、
そして、自分の力を試して欲しい。
そのダンスが、どれだけ世界に通用するのか。
あなたの憧れるダンスや、追求しているダンスは、
もはやここにはないんじゃないのかな。

私は知りたい。
そして見たい。
君がニューヨークの街角でダンスする姿や、
オフの劇場で踊る姿や、
やがてオンの劇場に向かって歩いて行く姿を。

屋良ちゃんが私達の観に行ける場所にいてくれるのは嬉しいし、もっともっとあなたのお芝居も見たいし、ミュージカルも見たい。
だけど、
誰もまだ歩いていない道を歩きだして欲しい。

初めて君を見たNARUTOでは、声が出なくて吸入器かけてたね。
どうしても学校の行事があってFAMEを途中で飛び出したとき、黒い髪を編み込んだ君が
私の出て行こうとする2階席の後ろに向かって歌ってた。
サバアイで、シロハヤブサを見つめる目、忘れない。
初めて帝劇で君にスポットライトの当たったのを見たドリボ、
ライトが当たってるのに、目が霞んじゃってさ〜。君の事見えなかったよ。
MAが3人になったときは、4人が手をつないでるシルエットのうちわをつくって応援に行った。
初めて光一さんのライバル役をやった君は、まるでヤラそのもので、私は心がぎゅーーーっと痛かった。
3年ぶりに帰国して、主演舞台を観たとき、君がカーテンコールで出てきたとき、真っ先にひとりで立ち上がっちゃった。
あ、、、ここ日本だった、、、って想った。てへ。
ソングライターズで中川晃教君と出会った屋良ちゃん。
なんて幸せなミュージカルだっただろう。彼に会わせてくださった岸谷さんに、それから神様に感謝した。
ずっとジャニーズの中に居た屋良ちゃんを、アッキーは手を引いて外の世界の美しさも、辛さも見せてくれる人だと想った。

今もこれから先もずっと信じてる。
屋良ちゃんは、ウエストサイドストーリーの振り付けをしたジェロームロビンスで
アッキーは、その音楽を創り上げたレナードバーンスタインだって。
だから、ふたりが創り上げるミュージカルはとびっきりになる。

素晴らしい告知を、31歳の最後の日にしてくれた屋良ちゃん。
お誕生日おめでとう。
ずっと君を見てきた私は、
これからも
ずっと君を見てる。

お誕生日おめでとう!!ステキな32歳の屋良ちゃんでね。


コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。屋良くんごとになると出没してごめんなさい。

私もかとりさんと同じことを考えていました。森山未来さんのダンス留学ドキュメンタリーをみて確信した。屋良くんは光一さんや少年隊の皆さん華々しい同期のタキツバのいる環境で、後輩たちに頼られたりする今のすんばらしい環境で、満足なんかしてほしくない!って。

デビューを願っていたけれどバックとしていい仕事をどんどんしちゃってた屋良くんにほんとに惚れてたけど(ビロード最高だよね!)、
でもドリボの時、亀ちゃんから、華があるということ、スポットライトを浴びること、ファンの目を見るってことがどんなことなのか瞬時に学んだ屋良くん。

その感度の良さでもっともっと高みを目指してほしいなと思います。その為なら、少しの間、彼のダンスを見る機会がなくなってしまってもいいや!…それは寂しい!いやだ!の葛藤です。でもー…見てみたいよね、後輩のフォローや主演の重圧から解放されて夕日の沈む砂浜なんかでのびのび踊る彼をさ 笑

プレゾン感想と合わせて読ませていただきました。泣いたよかとりさんー!!!
2015/02/02(Mon) 14:13 | URL  | もさ #9r2LAX4o[ 編集]
Re: タイトルなし
>もさちゃん!
わ〜〜〜!もさちゃん。もさちゃん。お久しぶり〜〜〜。わ〜〜嬉しい!!
ありがとう。
今ね。屋良ちゃんの新しいファンの方達がいっぱい増えて、
なんとなくいじけてたり、4人なの?3人なの?みたいな時代のファンの方達と、あの時の気持ちを思い出したかったの〜。
わ〜〜。

屋良ちゃんは、もっともっと可能性のある人だと想う。
事務所のおえらいさんも、彼にぽーんとチャンスを下さったらいいのに。
彼のダンスは飛びっきりだと想う。

ニューヨークって、ちょっとそこで踊ったら箔がつくみたいなとこあるけれど、もっとオープンで、もっと泥臭くて、もっと人間くさい場所だから、屋良ちゃんにぴったりだと想うんだ。

中間管理職みたいじゃなくてね。
もっともっと違う世界を見て欲しいよね。ね!

私には夢があって
もうクローズになったニューヨークのオフブロードウェイの劇場を、ジャニーさんに買ってもらって
そこで彼の好きなように表現できる、いやまぁちゃんとした演出とシナリオをもって
数週間と言わずに、1年くらいじっくりと(ブルーマンだって数年かけて有名になったわけだし)
そこで踊り続けて欲しいな〜。

もちろん、ストリートでだって踊るんだよ!(地下鉄の中でのパフォーマンスはオーディションがあるんだよ!)
あ、、、ごめんね。私の気持ちをいっぱい書いちゃった。
もさちゃんが来てくれてすごく嬉しいよ。ありがとう!
また、屋良ちゃんのこと話そうね!
2015/02/02(Mon) 21:41 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。