Have yourself a merry little Christmas
2014年12月24日 (水) | 編集 |
moblog_5cee5451.jpg

「かみ〜のみこ〜〜は、こよ〜いしも〜。べつ〜れへむ〜にうま〜れたも〜〜♪」(BY小天ちゃん)

Have yourself a merry little Christmas,
Let your heart be light
From now on,
our troubles will be out of sight

私の小さなささやかなクリスマス。
いつも心に光さえあれば
これからずっと、悩みなんか消え去ってしまうはず

そして、懐かしい友がずっと傍にいてくれる。

ジュディ・ガーランドのクリスマスソングのスタンダード。
「デビクロくん」では、エンドロールの竹内まりやさんのthe Cristmas songからバトンタッチされ、山下達郎さんの歌声が静かに映画館を包み込みます。

私の大大大好きなクリスマスソングです。
いいことなんて何にもないって想うような2014年が幕を閉じようとしています。

アメリカに居るときは、できるだけアメリカっぽくクリスマスの飾り付けをして、生木のツリーを買って飾っていました。
アメリカのクリスマスは、本当に映画の世界みたいでした。
街中がHAPPYな空気に包まれていく。
もしかしたら、この街には誰ひとり不幸な人はいないんじゃないかしら?と想うくらい街中に美しさが溢れていました。

クリスマスツリーを車に積んで帰ってくるときの気持ち
クリスマスツリーの匂い。
ご近所さんのきれいなイルミネーション。
そして、静かな夜。

私はアメリカのクリスマスが大好きだった。

デビクロ君を見て、久しぶりに大好きなHave yourself a merry little Christmasに再会しました。
ずっと昔昔、山下達郎さんのクリスマスソングのCDを持ってて(昨日、自分の家の棚で発掘した。)、この曲を何度も何度も聞いていました。
だから、デビクロ君のエンドロールで、星の雫をまき散らしながら相葉ちゃんの名前がスクリーンに映し出されて、そしてこの曲が流れたときは、ほんとにほんとに涙じゃじゃ〜〜だったの。

ちょっと涙腺がおかしくなっている香取は、泣かなきゃならないときに泣けなくて、そして、なんの前触れもなく泣きたいと想う。

今日も、職場でなんだか嫌なことがあった。あははは。
だけど、そのまんま別の仕事に向かった。
地元のNHKさんでちょっと打ち合わせだった。そのとき、お見送りに来てくれた若いNHKのお兄さんが
「帰り道、気をつけてくださいね。」なんて言ってくれて、その肩越しに発見した。
紅白のかわいらしいポスターを。

写メさせてもらって、5人の笑顔見てたら、幸せになってきたよ。
それから、がんばって探していたチケットのお譲りのお知らせが来たんだ。わ〜。奇跡だ。
しかも今日来たんだよ。

アッキーの会報が来た。クリスマスイブにだよ。
くりぼっちのイブにだよ。

スーパーで、サングリア見つけた。(今飲んでる。まぁまぁかな。)
豚汁つくったらうまくいったぞ。
それから、プレゾンの復活エントリー(単にもいっかいエントリーできるだけ)のお知らせが来たからエントリーした。
その中の文章に「今井翼出演」って書いてあったから、つばちゃんががんばってる姿を想像して香取もがんばろうと想った。

きっといいことは、いっぱいあるんだ。
録画を忘れてぼろぼろになってる嵐の番組たち。
「かとりんが忘れたヤツ、ぜんぶ私がなんとかする。」って言ってくれる嵐友ちゃんがいる。

相葉ちゃんの誕生日だから、ケーキを3つも買ったぞ!
これから食べるんだ。

私達は嵐でできてる。
もう何百年も前から、
そんなの決まってる。

心に小さな光さえ在れば
きっとたくさんの困ったことも、どこかに消えてしまうんだ。
ありがとうありがとう。

みんな、ありがとう。

HAPPY HOLIDAYS!

AND

PEEEEEEEEEACE!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック