相葉ちゃん、お誕生日おめでとう。
2014年12月23日 (火) | 編集 |
相葉ちゃん
君は、真っ青な空というよりも
春霞のやわらかい薄青い空
君は、私の住む北の国にはない
本州の夕暮れの匂い
君は、だだっぴろいドームの
100メートルも先の小さな姿よりも
次の角から、ポッケに手を突っ込んで
足取り軽く歩いてきそう

10年前、
私は君に会った。
君たちと繋がった。
あの日から
君はあの日のまま

悪いことなんか1ミリも心に置いておかないような
そんな生き方をしたまんま

背筋の伸びた後ろ姿
素足にサンダル
相葉ちゃん。

Happy Happy Birthday!
相葉ちゃん。
香取は今年、てんでだめなんだ。
本当にどうしたらこんなにも人ってだめになるんだろうって想うくらい。
どんなにかがんばったつもりなんだけれど、
這い上がっても
這い上がっても
この深い穴からは抜け出せないまま。
ちょっとでもお日さまの光の入るところまで登り上がったとしても、、、
あっという間に突き落とされるようなことばかり。

今日、2回目のデビクロ君を見に行ったよ。
実は、泣いたり笑ったりできないでいた私が、初日に見たデビクロ君に涙がぼろぼろ出たんだ。
あぁ私、まだこんな感情残ってたんだなぁって想った。
そして、相葉ちゃんに感謝した。

やっぱり君は私のチューナーなんだ。
私んちにあるクリスタルチューナーみたいに、ぶれてしまった魂をひとつにぎゅっとまとめてくれるみたいに。

デビクロ君を見ながら、色々な事を考えてた。
だって、光君はまるで相葉ちゃんみたいだから。
相葉ちゃんに初めて会ったときどんな私だったんだろう。
どうして私は君のうちわを持とうって想ったんだっけな。
二十歳をちょっと超えた、素直になれなくて、人と目を合わせないような君が好きだった。
だけど、みんな知ってた。
君が心優しい青年であること。

All or Nothingで肩から落ちたパーカーにドキドキした。
がむしゃらにダンスしてる君が好きだったし、かっこいいって想ってた。(想ってたってなんなん?)
今はね。君のがむしゃらなダンス見てるとちょっと笑っちゃうんだけどね。

コンサートのとき、自分のうちわを一生懸命探す君が大好きだった。
今、プレゾンで屋良ちゃんや江田にゃんが香取の声に振り向いてくれるように、あの頃の君は
「相葉ちゃ〜〜〜ん!!」って叫べば、絶対に振り向いてくれた。

デビクロ君の中の君を見ながら
あんなに「かわいい」って思ってて「支えてあげたい」って想っていた君が
いつしか私を支えてくれてるんだってわかった。

コンサートのラストの曲で、たくさんのファンの写真が君たちの姿を形作っていく映像が流れる。
僕たちは、ファンのみんなでできているんだよ。
きっとそんな風に、感謝の気持ちを込めてくれたんだと想う。

ファンライトの光がコンサートを、君たちと一緒につくりあげた。
正直言うと、ずっと10年前からもってたペンラをこっそりバッグに入れて持って行った。
いつだって想うんだ。
私の光は、こんなにも小さくてこんなにも遠いけれど
私のたったひとつの光がなければ、この光の海はつくれないんだって。
私達ファンが嵐を、コンサートを創り上げるように

私達も君たちで出来てる。
少なくとも、
相葉ちゃん。
この10年間、君はずっとずっと私の傍に居て支えてくれた。
君がいなかったら、私はとっくにだめになっていたと想う。

アメリカにいるときでさえ、君は私と一緒にいた。
共に地下鉄に乗り
ニューヨークの街を、一緒に歩いた。
本屋さんの棚の上の方で、君が笑ってるときは背伸びをして手に取った。

君が生まれたクリスマスイブ
私は大切な友人を病気で失い、もう一生笑うことはないって想ってた。
本当は、あの日から君は私の中に生きてたんじゃないかって想う。

「忘れられない人」というお芝居の中で、心臓病で亡くなる君が
真っ白なマフラーを背中に揺らしながら再び舞台に現れたとき
私は息をのんだ。
「羽根だ。」と想った。

さっき、デビクロくん見て、また大泣きしてきた。
どうしてもどうしても君の顔見てると泣けてくるんだ。
走る君。
デビクロ君との別れに切なそうな表情をする君。
エンドロールで真っ先に名前が出たときも、やっぱり涙がぼろぼろと出た。

泣かないでなんとか歩いてきた私に
もう泣いていいよって言ってくれてるみたいだ。

そうだね。
君はまるでてるてる坊主なんだよ。
心の雨をやませてくれようとがんばるてるてる坊主なんだ。
だけど、雨の中でずっといる。
そこで傘をさして待っててくれるたんだ。
もしかしたら、もう何十年も前から。
もしかしたら、もう何百年も前から。

相葉ちゃん、きっと次に会うときは
初めて会ったときみたいに笑顔で会えるようにがんばる。

相葉ちゃんは、いつも弱音吐かないでがんばってるね。
相葉ちゃんが怒ったり、泣いたり出来る人がどうか傍にいますように。
その背中の羽根を締まって、心穏やかに眠れる場所が、ちゃんとありますように。
相葉ちゃんがずっと笑顔でいられますように。

お誕生日おめでとう。
相葉ちゃんへ

香取より 愛を込めて

泣いてもいいよ
ぼくが笑う
笑ってもいいよ
ぼくも笑う

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック