日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役割
2014年10月12日 (日) | 編集 |
人にはそれぞれひとりにひとつずつ、役割があるんだ。

けんちゃんが言う。

私は今朝、ある方に自分のことを見てもらって、役割という同じ言葉を言われたんだ。

あなたは、
そのためにそこにいるんでしょう。
みんなを助けてあげて。
それがあなたの役割よ。

自分が助けて欲しくて、その人に会いに行ったんだけど、たくさんの、やるべき仕事を言い渡されました。

みんな苦しんでる。
助けるのは私の役割で、神様はその人に乗り越えられない苦難は与えない。

逃げちゃだめ

そう言われました。

屋良ちゃんが舞台の終盤の

最後までがんばらなきゃだめなんだよ。

その言葉は、私が一番言って欲しくなかったけど、ずっとそうすべきだとわかってた言葉だったよ。

屋良ちゃんありがとう。
今、この時期に、なぜ、あなたはこの舞台を再演したのか、
屋良ちゃんの理由
玉野さんの理由
たくさんのひとの理由が絡まってる。

そして、その中の一本の紛れ込んだ糸が、私の理由だ。

ありがとう。屋良ちゃん。
ありがとう。屋良ちゃん。
ありがとう。

iPhoneから送信
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。