日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ありがとう
2014年10月12日 (日) | 編集 |
今、クリエから帰ってきて、道化の瞳のアンケートを書いていました。

よい舞台でした。
初演のときも、何回か見ていますが、やっぱりチャーリーが光に向かって走って行くときは、衝撃を受ける。

けんちゃんが階段を上がっていくときは、本当に心震えます。

私は、お母さんにほめられて、にっこり笑う最後の屋良ちゃんが好き。

今日は、前から8列目にもかかわらず、オペラグラスをのぞいてて、気づいたことがありました。

けんちゃんのときの屋良ちゃんは、香取が大好きになった頃の顔してた。懐かしい面影で、嬉しくなりました。

屋良ちゃん。
頑張ってた。

マチネの途中で、共演の方が足を怪我されましたが、まさにshow must go onで、楽しいシーンが続きました。まさに役者さんにとって、舞台は現実の世界なのでしょうね。

ソワレでは、マチネになかった松葉杖や小道具もできていました。二時間で色々な変更があったのでしょうね。

明日マチネ見て帰ります。
明日も屋良ちゃんに会う!

iPhoneから送信
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック