屋良ちゃんがすき!〜ひとりプレゾン反省会〜
2014年08月07日 (木) | 編集 |
屋良ちゃん、屋良ちゃん。
屋良ちゃ〜〜〜ん!!

これまでも何度も何度も君の名前を呼んだよ。
日帰りで必死に行った(なんせ北海道なんで)「フェーム」。開演ぎりぎりに池袋について、終演までいられなくてこっそり二階席に移動して、ガラガラの二階のお席で君を応援した。

NARUTOのときは泣いたよ〜。
だって、「子供達に喜んでもらえるかが心配」ってMAの4人の心配なんてよそに、君が客席を駆け回るとき
「ナルト〜〜!!がんばれ〜〜!!!」って
応援するチビッコ達がいっぱいで。

光一さんのソロコンで、オレンジ色の薄曇ったライトの下で激しくダンスする君を見たときは、スモークのせいなのかなんなのか、双眼鏡の中の君の姿が霞んで見えなくなった。

たとえ誰かが主役だって、いつだって君だけを双眼鏡で探してた。
「屋良ちゃん、ちゃんと見てるよ。君だけを私は見てるよ!」って。

だぁれも君を見ていないことがあったって、私はずっと君だけを見てたよ!
プレゾンの屋良ちゃんは、本当に本当にかっこよかった。

香取が長年心配してきたことなんか、全部なかったみたいに
まるで、ずっとこの青劇で君は主役を張ってきたみたいに。
軽やかに、
激しく、
汗を吹き飛ばして
そして華麗に踊る君は、もう自信に満ちあふれてて、きらっきらに輝いてて眩しかった。

私は、プレゾンでの翼君と屋良ちゃんの関係が本当に好き。
つばちゃんと、屋良ちゃんが並ぶと、あぁなんて幸せなんだろうって想う。
そして、すごく誇らしい。
「友情」っていう言葉が本当に存在するのなら、ふたりにぴったりだと想う。

楽屋やレッスン場で、ふたりはどんな話してるのかな?って考えると、とっても楽しい。

だって、ふたりのダンスは、特別にステキだから。
申し訳ないけれど、優馬と三人での少年隊は、屋良ちゃんと翼君のふたりのダンスにしか目がいかない。
特に、翼君の丁寧なダンス。本当にひとつひとつをきれいに決めるなぁって想う。
アンダルシアのときは、ちょっぴりだけフラメンコを見せてくれる。
目の前にぽんと置かれる「ダンス」だけじゃなく、自分から歩み行って、自分で掴みに行ったフラメンコ。
香取の勝手な想いだけど、翼君はそう簡単にフラメンコを見せてはくれない、本気で踊るフラメンコはまだまだ私達には見せるべきではないって思ってるに違いないと想う。

違う世界に行って、ひとりぼっちでやってきた翼君の、特別な想いがダンスの中に見える。
そして、そのダンスに対決するみたいな屋良ちゃんのダンス。
あぁ、屋良ちゃんは翼君を尊敬し、そして翼君も屋良ちゃんを尊敬してるんだろうなって想う。

だから、このふたりの後ろで踊れる優馬やジュニアちゃんは、本当に幸せだと思う。
ほんとにほんとに。

もちろん嵐のようなド派手エンターテインメントの世界を共に創り上げるのも幸せなことだと想うけれど、だけど、このふたりと共に過ごせるということは、まさに職人の元で修行しているような感じだと思う。
ふたりの背中を見ている、そっち側から彼らを見ることのできるジュニアちゃん達は、本当に幸せだ。

毎年あまりメンバーを変えずに(ほとんど一緒やん)やっているプレゾンの、ジュニアちゃん達がほんと成長したなぁ〜って想う。まずは、ファンサがすごいね〜。自らどんどんがんばってるなぁって想いました。それに、恥ずかしがらずにちゃんとファンの顔を見てるね。えらいね。えらいね。

とにかく、
屋良ちゃんが自信に満ちてて、キラキラしてるのに、改めて心震えました。何回ゆうねん。
屋良ちゃんは、いつだって真摯にダンスに向き合っていて、もちろん虎視眈々と掴み取りたいものを狙う鋭い目も持ってる。
ずっと、そのギラギラ感が、「屋良ちゃんそのもの」だったけれど、そういうものがなんだかきれいに消えて、清々しいまでに自由で伸び伸びしてて、まるでイルカが波に乗ってすいすい進んでいくような屋良ちゃんがそこにいた。

お客さんの煽りとかも、ちょっとうまくなっちゃって、お手振りなんかもすっごくかわいらしく上手で、
「え〜〜。。。屋良ちゃん。。。。。」
とか香取なんかは想っちゃう。あははは。
知らない間に、「屋良っちのファンです。」っていうお仲間さんも香取の回りに出現し、これまでたったひとり孤独に応援していたつもりだったけれど、、、、たくさんのファンの方にお手振りする屋良ちゃんを見ることができるようになった、、、、
嬉しいような、ちょっぴり寂しいような。
いやいや、もう君は十分苦しい時代があったから、もう自由にすいすいと上手に
ほんとにイルカみたいに波をつかまえて、この大海を泳いでいけばいいんだよ。

屋良ちゃん。
香取には夢があるよ。

いつかジャニーさんが、
「屋良っち、オフブロードウェイにクローズになった劇場を買ったよ。そこでYOUは、自由にやってごらんよ。」
って言うんだよ。

屋良ちゃん。
誰かのバックで踊っているだけの時代は、もう遙か昔だね。
君は、自分をプロデュースし、
自分の好きなダンスだけじゃなくて、
Danceそのものを追求してる。
話すことでも、歌うことでも、演じることでもない
ダンスをすることで自分を表現すること、自分の全てを伝えることを追い求めている。
私は、それは、もしかしたらこの日本じゃないのかもって想う。
君のやりたいことを本当に伝えられる場所は、慣れ親しんだこの場所じゃなくて、もっと違う場所じゃないかと想う。
屋良ちゃん。
ダンスはユニバーサルランゲージだ。
香取は、マンハッタンを歩いていたとき、ストリートで踊るパフォーマーに会う度に、君の事を思い出してた。
ここに君が居たらいいのに、
絶対にアメリカの人達は、君のように心から伝えたい想いを抱きながら、何より楽しく幸せに踊る君を見たら、絶対に絶対に惜しみない拍手と歓声を贈ってくれる。

屋良ちゃんは、もっともっと自分を試していいって想う。
そして、それくらいのチャンスを事務所も与えてくれてもいいのにと想う。
だって、屋良ちゃんは特別でしょう?
もっと可能性を大切に育てて欲しいと想う。

屋良ちゃんには、次のステージに進んで欲しい。
メディアにも取り上げられるようになって、主演舞台をいくつかこなし、ジャニーズの舞台では後輩を引っ張るリーダーとなった君は今、何を見つめてるのかな。
そこに満足することなく、次へ這い上がって欲しい。
誰もやっていない、誰も行ったことのない場所に行って欲しい。
それが茨の道であっても、
失敗するかも知れない、そんな道でも。
どんな道でも、ずっと応援していくよ。屋良ちゃん。

あれ、、、プレゾンから離れちゃった。。。爆!

本当に幸せでワクワクして、夢と希望が満ちあふれている空間、時間、
ありがとう。
翼君、屋良ちゃん。優馬もみんなも。

今回は1回目観劇のお席が、驚きのお席だったの。あははは。
お友達が「香取さんのタキツバ枠には、何の理由もないよね。ただ良席が来るっていう。特になんにも理由はないんだよね。」って笑ってた。
たしかに。
タキツバ枠なのに、
「ちょ、ちょっと、つばちゃん!かぶってる!よけてよけて!屋良ちゃ〜〜ん!あ、松崎、あんたちゃうねん。あんたもよけて!」
みたいな応援の仕方ばっかりでごめんね。
そして、私には夢みたいなことがあった。
そのおかげで、その後のジュニアちゃん達のハイファイブには、全然気持ちが入ってなかった。。。あははは。逆に、もう香取の手にさわらんとって〜。もう洗えへんねんで〜〜〜って感じでした。

さて、屋良ちゃん。
次は「道化の瞳」で会いましょう。

そして、屋良ちゃんは
イルカみたいに、いい波をつかまえてね。
その波に乗っかって、スピードあげて進んでいってね。

あぁ、香取の2014夏。。。終わった。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック