日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事生還。。。屋良ちゃんのこととか
2014年07月10日 (木) | 編集 |
moblog_d6d9332a.jpg
「かとりんは、戦士の休息やな。よう寝とったで。」(なまけ一同。。。ひそひそ)

一泊二日のお泊まり会から無事生還。

そして、今日はおやすみいえい!

ちゃんと、ジャニごともがんばってます。
さて、それでも
「道化の瞳」東宝ナビザーブ。全部落選!って。

お見事でした。
嬉しいような悲しいような。
いややっぱり悲しいよね。

屋良ちゃんが大きくなって、そして日本で、世界で認められるのが夢です。
でも、嵐みたいに手の届かない人になるのは悲しい。
いや、、、でも今まで歯を食いしばって生きてきた屋良ちゃんだから、うん。
がんばってほしい。
チケットが取れなくなるくらいが、いい!

プレゾンはなんとか行けるようになったよ。
屋良ちゃん。
道化の瞳もお友達の協力や、初対面の私に「遠征されるなら、確実にお譲りできるようにしますよ!」って言ってくださる心優しい屋良ちゃんファンのフォロワーさんのおかげで、なんとか会える。
あの子に会える。

2年前。
けんちゃんに会ったとき、私、泣いたな〜。。。。
しかも、ちょっと号泣気味で。

どうしてかというとね。
私には忘れられないお友達がいるんだ。
学生の頃、白血病で亡くなった友人。
その子は今や、私の天使となって(この辺怪しいけど、ほんとだからね。)ずっと私の人生をサポートしてくれているんだ。
いつも話すんだ。
いつも。
困ってるときは
「どうしたらいいと想う?」
「君だったらな。」って。
きっと、私の教室のどこかに座って、いっつも応援してくれてるはず。

その友人が入院しているとき、ものすごい薬の量を飲んでいたんだって。あとでお母さんに聞いたんだ。
そして、誰も居なくなった夜、どんな風に過ごしていたのかとか。
お父さんと「大学は1年間休学して」って話をしたとき、ずっと窓の外を見て、一度もこっちをみないで涙を流しながら「病気を治すのに専念する。」と決心したこととか。

当時の私は、ずっと子供だったので、そういう気持ちを自分のものとして受け入れたり考えたりできてなかったと想う。
ほんとに子供だったもの。

だけど、けんちゃんがひとりぼっちの夜
ひとりぼっちで一生懸命にお薬を飲む場面で(って始まってないのにネタバレか?いや再演だから。)
その場面を見たとき、
あぁ、そうだったんだ。こんなだったんだ。
もう何十年も前に解っていなければならなかった「友人の苦悩」を目の当たりにした気がしたんだ。

そして、けんちゃんが
「誰にだって、生まれてきたことに役割がある。」
そう私達に語りかけたとき、泣いて泣いて泣きまくって、、、
そして、カテコで屋良ちゃんが軽やかに走り出てきたとき、ひとりでスタンディングした。。。っていう私アメリカ人がまだ残っていました。

あれから2年。
屋良ちゃんはソングライターズでアッキーに会って
プレゾンでつばちゃんとずっと対決して手を取り合って、
ショックで光一さんを支え続け、
支え続けて。

あのときの屋良ちゃんとは違う「屋良ちゃん」になってるはず。

「想い」は伝わらないから「想い」なんだ。
アッキーが言った。

私は「Gypsy」で「鳥の少年」の目をした屋良ちゃんに出会ってから
ず〜〜っと屋良ちゃんに伝えたい変わらぬ想いがある。
きっと伝わらないまま、君は大きく大きく成長していく。
それでいい
それがいいって想っています。

まずはプレゾンの自由な屋良ちゃんに出会える。
それから
けんちゃんに会う。
また、けんちゃんは香取の友人の言葉を、私に伝えてくれる。

さっきmovie見てきたよ。東宝さんの。
屋良ちゃんのお話の途中で「がた!」って音が聞こえる。
やっぱり君はまぎれもないスピちゃんだ。
そして君はそれを知ってて、上手にずっとそういう自分と付き合ってるのがわかる。

そうじゃないかな?そうじゃないかな?って想っていたけれど、
あ、、、そうやん!やっぱりそうやん!とわかったので、屋良ちゃんを見つめるのもちょっと楽になったな。

台風の目の中に入ったような心穏やかな朝です。
自分として、過酷な日々をこの4月から生きています。
頭の中が24時間営業で、眠ることも出来ず、起きていても集中力も判断力もないような、そんな日々です。
それでも、
支えてもらいながら生きています。

心配して拍手してくださる皆さん、いつもありがとうございます。
香取は生きていて、
ときどき東京をフラフラしにいきますよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。