3月になりました。
2014年03月02日 (日) | 編集 |
バタバタしています。
あれもしなきゃ
これもしなきゃ。
やらなければならないことがいっぱいで、何か落っことしそうでビクビク、そわそわしています。
何年ぶりかしら。
今年は卒業式に大きく大きく関わっています。

香取は、学校ではピアニストの役割をすることが多いので、卒業式にはたいてい大きく関わっています。
たいてい、「国歌」とかね。「校歌」とか。
それから定番の「旅立ちの日に」とかね。
また、在校生の歌「ビリーブ」とかね。

そういうのを弾いたりするのが私の毎年の卒業式のお仕事です。

しかし、今年はそれに加えて大きく大きく関わっているので、バタバタバタバタ〜って感じです。
うまいことできているよね。
世の中って。
こういう風にお別れの前って、必ず「悲しい」とか「寂しい」とかっていう感覚を忘れるくらい、何かに追われていく。
だから、余計なことを考えないでその日がやってくる。
その日を乗り越えないと、もう静かな毎日はやってこない。

私は元来、ひとつのことしかできないタイプの人間で、同時に何かを進めていくことがとっても苦手。
順番にしかできないの。
(だから、アッキーはすごいと想う。ミュージカルとミュージカルの間にコンサートをしちゃうなんて、すごい。その準備をいったいいつやってはるんやろ〜って想う。自分の想いが溢れて溢れて、湧き出てくるんだろうな。)

今、こうやって3月に入ってしまったことに焦りながら、
今週中に自分がやること
今週中に子供っちにやってもらうこと
ノートに書き出したり、またこれから卒業式までのスケジュールを立てたりをずっとしてる。
そして、そのスケジュールがちょっとでもぐらっとなると、私、パニクるんだよね。あははは。

そして、今は同時に卒業式の入場に使う曲を考えています。

急に思い付いて、カーペンターズとかサイモンとガーファンクルとか引っ張り出してみたりしている。
カーペンターズのNEED TO BE IN LOVEを聞くと、「未成年」思い出すわ〜。
そして、「Brdge over troubled water」もいいな〜。あ〜〜〜。。。
そういえば、私は卒業生を持つと必ず、最後の日。
この歌詞を黒板いっぱいに書いていた。

I'm on your side.

僕は君の味方ただよ。
どんなに辛い時でも 
頼る友が見つからない時でも     
苦悩の川に架かる橋のように     
ぼくはこの身を横たえよう    

卒業ったって、ちょっと歩いて10分の中学校に通うくらいのもんだ。
毎朝中学校に向かう彼らの制服姿を見ながら、4月からも私はここに通うのかもしれないし。
それでも、これからの約2週間は、特別な気持ちで向かわなければ。。。って想っています。

じゃないと、忙しさに紛れて「急げ急げ!」ってその日を迎えてしまいそう。
それだけは避けたい。
そして、私自身も落ちついて!!落ち着けよ。香取。。。
そう思っています。

6年生を送る会での合奏で、頭の中がいっぱい。
卒業式で歌う歌がまだできあがってない。
卒業の作品もなんとか仕上げなければ。。。

そうやって、悲しみや惜しむ暇もなく、きっとその日はやってくる。

だけど、この1日に1日が
あの子達の未来に繋がっていくって想って、生きよう。

一度ちょっと頭を冷やそう。
香取ブログオタクの皆さん。
それから嵐の5人も、みんなで見守っててね。(屋良ちゃんもアッキーも〜〜!)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック