日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
相葉ちゃん!!
2013年12月27日 (金) | 編集 |
必死にハードを空けて、年末年始の嵐の怒濤の番組を録画予約したら、びっくりの量ですね。
わ〜〜〜。。。って感じです。
年末年始にお家を空けるので、完璧に録画していかないと!と想っていたら

今朝は楽しみにしていた「asaichi」を見るの忘れかけたし、録画してへんし。
バッタバタでした。

さて、昨日強引に仕事納めもしてきました。
綾瀬はるかちゃんの隣で、ちょっと頼もしい相葉ちゃん。
あぁ頼もしいなぁって想うし、ふたりがとってもお互いに安心して座っている感じもよいし、かわいらしいし。
いのっちのステキな司会も、ありがたい〜って想います。
相葉ちゃんは、ここから紅白だけに向けて気持ちを整えていくんだろうけれど、いのっちの傍で安心だろうな。

いのっちとか太一くんとか、あの時代の先輩ってほんと嵐メンにとって安心の存在だろうなといつも想います。
嵐が紅白に初出演したとき、TOKIOのそばにいく嵐のかわいらしさ懐かしいな〜。

かつては、カウコンの司会をするだけでも、すごい!って想っていたけれど、嵐が司会かぁ。わ〜〜〜!!って気分です。(どんな気分やねん)
紅白は世界中に放送されているんですが、私もアメリカにいるときはとってもとっても楽しみでした。
しかも大晦日の朝やってん。東海岸。
初出演の時は泣いたな〜。初司会の時は、夜眠れなかったな〜。

さて、
asaichの相葉ちゃん。
しっかり綾瀬はるかちゃんをフォローしようとしているのが感じられて、いいお兄ちゃんですね。
相葉ちゃんは、ふとしたときにお兄ちゃん気質が出て、そこがステキ。
実は頼りになる、いい男なんですよ。

それから、綾瀬はるかちゃん、めんこいですねぇ。
周りに流されない、あわてない、彼女だけのペースがあって、相葉ちゃんや大ちゃんはこの空気にぴたっとくるかもしれないですね。

今年は、私の愛する母校の創設者新島襄先生の奥様「新島八重」さんとして、大活躍してくれました。新島先生の生き様を、より知ることが出来て私には、よい1年でした。
私は全てを捨てて?関西から北海道に来ちゃっているのですが、自分を支えているのは母校だと想っています。
基本的にひとりぼっちなんですが、それが心地いい。
だって、私の中には「スピリッツ」があるから。新島先生の遺伝子があるから。そう想ってこの地で、ず〜〜っとお仕事を続けてきました。
それを再確認したドラマでした。さらにさらに、誇りをもってこれからも歩こうって想えたなぁ〜。
(実は、私のいる北海道の現場ってね。くっだらない派閥があるの。超くだらない派閥。だから、私は自由な翼をもっている気がします。それが北海道じゃなくても、アメリカでも。)

さてと、
とにかく忙しいわ。
いや、ハードが。

もはや逃したしね。
さて、これから嵐の5人は紅白に向けて、集中するんだね。
今年も世界中の人達に、よい時間をプレゼントしてあげてください。

紅白の打ち合わせの後、お家に帰ってから自主トレっていう相葉ちゃん。
どんな眠れぬ夜を過ごすんだろうな〜。
楽しみにしてるぜ〜!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック