福岡の皆さ〜ん
2013年12月21日 (土) | 編集 |
お友達を何人も福岡に見送る。

そういう気分です。
みんな5人に会えたかな。
明日会うのかな。

福岡の街は、嵐オタでいっぱいになってるのかな?

みなさん、楽しんで〜〜!
すっかり札幌だけの今回のコンサート。

北海道にはアイヌ民族という方達がいて、彼らの考え方はこの世の全ては神様が形をかえていて、たとえば、丹頂鶴はサルルンカムイ(湿原の神)と言われてるのね。
たとえば、彼らは自然のものを捕ってそれを食して生きてきたけれど、決して全ては捕らないのね。
これからも生命が繋がるようにね。

で、、、私、
近頃の私はこんな感じな嵐オタ。爆!
あれもこれも!って想わないで生きようとしているわけです。

でも、それでも、やっぱり今日は福岡でコンサートっていうと、心がざわざわするし、今頃客電消えたかな〜って想う。
それから、知り合いのお友達の「つぶやき」を見ては、わぁどんな気持ちかなぁと想像する。

アメリカの頃は、その「想像」がもう現実じゃないの?っていうくらいリアルだったけれどね。得意技だったよね。

さて、今日の福岡は天候が悪くて、さすがのJALさんも欠航便を出したりしてるんですってね。
こんな天候にしちゃうっていうのが、また嵐マジックじゃないのかな〜って想っちゃいます。

それにしても、遠征組は本当に移動が常に心配ですよね。
気にしすぎないようにしよう。。。と想いつつも、1週間くらい前から天気を気にしちゃうし、今の季節だと雪マークが心配。そして、北海道がだいじょうぶなのに、いきなりの羽田吹雪だったり、今回は福岡が荒天、、、だなんて。
でまぁ、
だから冬コンやめてよ!って想うんですよね。

それにしても、遅延だったり別空港に着陸された方は、本当にドキドキされたことでしょう。
それでも、きっと嵐と嵐ファンには、相当な数の天使ちゃんがついているので、よっぽどなことがないかぎり、絶対的に幸せになるはず。
そんなことを想いつつ、ツィッターをのぞいたりしていました。

あとで、笑い事になったりネタになったりすれば全てオッケーです。

そういえば、昨日は翔ちゃんが寝坊したって!!?ほんとやってくれるよね?
ドキドキしてる4人の姿も想像できる。
小さいときと違って、それぞれがそれぞれのお仕事を抱える身だし、それぞれにちゃんとマネージャーくんがいるわけだから、よっぽどのことはないだろうし、、、ここ、北海道じゃないし。
それでも、きっとお星様の形のどのとんがりがなくなっても、それが成り立たないように、5人じゃないと不安だったんだろうな〜。

そういえば、ず〜〜っと昔、翔ちゃんの飛行機が降りなくて札幌ソロコンが中止になったとき
香取達は吹雪の地上で、真っ白に霞む空を見上げながら雪の中に佇みながら
「きっと、翔ちゃんは何度もCAさんに『なんとか降りられませんか。僕のファンがたくさん待っているんです!』って食い下がったに違いない。」
そう想っていました。
雲のずっと下の方に見えなくなった吹雪で包まれた千歳空港を想いながら、唇を噛んだ。。。って。

そう想っていましたよ。
だけど、ず〜っとあとのタイムコンで翔ちゃんはこう言いました。

「ぼくは、いつも札幌に向かう飛行機で心配になるんです。起きたらまた羽田だったらどうしようって。」
って、あんた!寝てたんかい!

こんなに国民的アイドルになったって
なんだか完璧みたいな顔してニュースを話す君だって
寝過ごしちゃって言い訳なんかしちゃうって、くにゃくにゃになってみんなに謝ったりすることがある。
だから、君たちは嵐なんだ!って想った。

福岡でヒヤヒヤした4人や、もしかしたら?翔ちゃん抜きのオープニングもあったかもしれない。。。ひゃ〜〜。会場にいたファンの皆さんには申し訳ないけれど、なんだかちょっと楽しくなっちゃいました。

そして、今日も天候によるハプニング。
また翔ちゃんの雨男、、、嵐男ぶりが発揮されてるんだぁって想いました。
ドキドキした皆さんごめんね。

だけど、ぜんぶひっくるめて嵐コン。
私は10年前の、あの会えなかった日のZepp札幌の風景が今でも心の奥にやきついて、ちょっぴり苦い。
それでも、私の誇りのひとつでもあるよ。
たくさんのファンの方達と出会う中、「あの日、札幌にいたんだよ!」とか「私は旭川に降りたの!」とか「飛べなかった」なんて方達と出会うことがある。
ものすごく苦くて、あの頃はちょっぴりの甘さもなかったけれど、今はみんなで文句言いつつにこにこしながら話せる私のプライド。

明日はオーラス。
私のお友達がとってもとっても楽しそうに準備してる。
私の心もちょっぴりだけ乗っかって、福岡ドームへ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック