日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
君の時代
2013年12月10日 (火) | 編集 |
moblog_cc7083c6.jpg

「がんばったな〜。歯を食いしばったな〜。」(byみかん)
「ばんざ〜い!ばんざ〜い!」(byなまけ一同。。。ってバンザイしてへんやんけ)

おめでとう!!屋良ちゃん!
おめでとうおめでとう!!

屋良ちゃん、屋良ちゃん!!
おめでとう。
ありがとう。おめでとう〜〜。ひゃ〜〜〜〜!!もう何をゆうていいかわからん。

「道化の瞳」再演決定です!


もしよろしければ、このミュージカル「道化の瞳」の記事読んでやってください。あ、、、ネタバレでよければ。てゆうか、来年10月ってむっちゃ先やん。
屋良ちゃん。
屋良ちゃん。よかったね。屋良ちゃん。
屋良ちゃん。

香取の大好きな「劇団演技者」のGypsyというお芝居の中で、君は「鳥の少年」だった。
渡り鳥の一家の子供で、町田さんや米花君。それから辰巳雄大くんと兄弟だった。
弟の辰巳君を守るために、東山さんと戦う屋良ちゃん(きっとまだ10代かな)は、すごい目をしてた。

東山さんをぐっとにらみつける目。
弟を守る目。
鳥であることを誇りにしてるその目。
「おまえは、本当は鳥なんじゃないか?」そんな風に東山さんを見る目。

その鋭くて厳しくて、どこか切ない目を見たとき、香取は屋良ちゃんを応援することに決めました。
嵐オタになってまだ間もない頃。

MAで歯を食いしばっていた屋良ちゃんを応援するためには、日帰りで北海道から池袋の劇場にミュージカル見に行ったりもしたな〜。劇場の人に、「飛行機に乗れないから2階で見せてください。」ってお願いして、ガラガラの2階席に上がっていった。
そして、お芝居の途中で劇場を後にした。
だけど、2階席のお客さんの少ないその場所を、君はじっと見据えて歌ってた。

初めて君が、ドリボで亀ちゃん、聖と一緒に主役のところに名前を並べたとき、うれしかったな〜。
帝劇で、いつもは光一さんの後ろとかででよく見えない君に、スポットライトが当たってるの見たとき、双眼鏡の向こうの君が涙で見えなくなって困ったよ。
涙がぽろぽろ出て困ったよ。

だけど、そうやって君が前に前に進み出てくるの、嬉しかったけれどだんだんMAとしてのお芝居やステージが少なくなっていって寂しくもあった。

初めて君がSHOCKでライバル役をやったとき、ちょうどアメリカに行く直前だったっけ。うれしかった〜。
そのときのSHOCKは、屋良ちゃんの演じる「ヤラ」は、君そのものだった。
たぶん君は、自分と「ヤラ」の間を揺れていたんじゃないのかな。
だから私は心臓も心も、すごく痛かった。
あぁこれは、君の人生だ。。。って想うと、君が迫真の演技を私達に見せてくれればくれるほど、痛くなった。

そう、だからね。
今年3年ぶりに見た、君のライバル姿は、君の成長を感じたんだ。
もう屋良ちゃんと「ヤラ」を行ったり来たりする君じゃなかった。
君は「ヤラ」の人生をちゃんと生きていた。

君は、ずっとデビューしたかったし、たくさんの後輩を見送っているときの歯がゆさや、だけどそこでがんばろうという気持ちの間をきっと揺れていたこともあったと想う。
振り付けのお仕事をしながらも、それを取り上げられながらも、自分の気持ちに折り合いをつけていることだってあっただろう。
それでもね。
少年倶楽部プレミアの第0回(相葉ちゃんの回ね)

「それでも僕は、プレイヤーでありたい。」っていう君の言葉が私は忘れられない。

太一君に「プロデュースの仕事もがんばってるんだよね?」と言われた時の君の答え。

DANCE IS LIFE

君を見ているといつも、この文が浮かんでくる。

君の後ろ姿を「5×10」のDVDの中で見つけた。
「あ!屋良ちゃん!」
って想った瞬間、どうしようもない気持ちになった。
私は嵐オタで、アメリカのリビングで真夜中にDVDを見ながら、これから帰国して10周年コンにいくことをものすごく楽しみにしてた11月の夜だった。

君がとっても優しく、一生懸命に嵐の5人に振りをつけてる。
そこはプロフェッショナルな6人の張り詰めた空気があって、それはそれは素晴らしい空間だった。
だけど、

だけどさ。
それはない。。。。って想った。
屋良ちゃんは後ろ姿しか映ってなかった。
悔しかった。
すごく悔しかった。

そうなんだ。
君の悔しかったことや、
こんなことをしたい
ああなりたい、
次はこうありたい

そう想い続けてきた気持ちは、そのまんま私達の気持ちでもあった。
私達もずっと、そう願ってきた。

風ポンや斗真みたいに
「いや、デビューは考えてませんでした。」とか「お芝居の世界が楽しかったんです。」
そんなスマートなことを言わない君。

いつも狙ってる。
正直に、
諦めないで掴もうとしてる。
そういう屋良ちゃんが好きなんだ。

「道化の瞳」の再演が決定したんだね。
さっき、東宝さんのサイトを見てきた。
君のかわいい健ちゃんの姿のフライヤーがあった。

おめでとう。
屋良ちゃん。
たくさんの人が、もう一度って望んだからこその再演だね。
とってもとっても嬉しいです。

ありがとう。
屋良ちゃん。
ここまで歩いてきてくれてありがとう。

歯を食いしばって
いつも高い青い空を見上げて
夜空の星を掴み取る勢いで
DANCEを愛し
DANCEに愛されながら
ここまで歩いてきてくれてありがとう。

ありがとう。
屋良ちゃん。

来年も屋良ちゃんに会える。
香取は、仕事がんばるで。

先ほど、私がアップしっぱなしにしてたなまけちゃんの写真に拍手してくださった方。
ありがとうございます。爆!
こっちの記事用の写真でした。こっちにも拍手してください。きゃはは。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック