初日おめでとう。へろへろ〜〜〜〜
2013年11月09日 (土) | 編集 |
わぁ〜〜〜。。。
忙しい1週間でした。

11月って、学校の行事がふっと落ち着く月なんですが、いや〜〜、、、ぶっこんでる。
うちの学校。
だからこそ、ちっちゃいやつをいっぱいぶっこんできてるわ〜。

毎日誰かが来て、クラスに入って、、お話しして、、、どこかに行って、、、とかバタバタな1週間でした。
でも、幸せなのさ〜。
忙しいし、自分がやらなければならない仕事があるってステキなこと。
だけど、失敗もいっぱいだった〜。
とうとう、嵐コン、初日を終えたんですね。
おめでとうございます〜。
自分的には、全くネタバレとか必要ないのね。私。
セットリストとか、終わったら曲順にして聞いてたりするけれど、コンに入るまではそれも必要ないし、、、

でも、この世の中。
なんていうか必要としなくても情報が入ってくるっていうね。。。
昨日は、お友達のみなさんのステキつぶやきを、見ないように見ないようにしていました。

だけど、嵐友ちゃんの皆さんが、幸せな夜を迎えているってこと。

それは、ものすごく嬉しかったです。
嵐、がんばってんな!えらいぞ、嵐!

嵐国国民の、まぁまぁ昔に発見されたひとりとしては、

「もう、あれもこれもって望まない。」
をモットーに淡々と生きてる感じです。

アラフェスのことがやっぱり、、、正直辛かった。
結果的に入れているので、その辛さにも「意味」を見いだすことはできているのですが、アラフェス後に掲示板で知り合ったお友達は入れず
「私の、何が悪かったのかしら?」とおっしゃっていました。

ファミクラから当落を知らされる時点では、みんな同じライン。それは「当落」だけなんですが、掲示板のお相手にあのとき私も、皆さんもたくさんメールしましたよね。
しかも、時間との勝負だった。
そんななかで選ばれる人と選ばれない人がいる。
これは、自分の「存在」を問われることだったと思います。

たった2枚のチケットに、何百通もの「お願い」メールがきて、考えればファミクラ当落よりも色々な想いをもってしまいますよね。

もう「あれもこれも!」っていう時代は終わったんだなぁと思います。
先輩ファンの方と、この間ソングライターズを一緒に見に行って話していました。
「複数名義とか多ステ(こんな言葉が生まれるのも、嵐ファミクラであるから?)をどう思う?」
っていう。

私と彼女の気持ちは。。。
多ステは、私達がずっとそうして彼らを支えてきたわけだから、それを「欲張り」みたいに思われても困っちゃうな〜。ということです。

今の嵐ファンの方には考えられないことだと思いますが、私がファンになり立ての頃でさえ、1日3回公演なんかやっちゃうと(なんでやっちゃったんだ!?)チケットがいっぱい回ってくるのですよ。私なんか北海道に住んでるのに。
「香取さん、東京来るの?じゃぁ入って!」
のように誘っていただいたこともいっぱい。
コンサートの直前に、「はい、チケット!じゃぁ、楽しんでね〜〜〜!」っていうように嵐も忙しかっただろうけれど、私達もたいがい忙しかったで。

でも、私達には自負がある。
そうやって、「支えてきた」っていうね。

ただ、

楽しかったです。
そうやって、ぎゅっと傍にいられたことや、ぐっと気持ちが近かったことが、嬉しかったし楽しかったし幸せでした。。

だから、嬉しいことに、、、、
こんな状況のなかでも別地域コンのお誘いをしてくださるお友達がいるのですが、今回はご遠慮させていただきました。
まぁ、屋良ちゃんやらつばちゃんやら、中川君で遠征しすぎなんだよ!!って、香取もそんなに金持ちちゃうねんぞ!っていう話ですけれどね。きゃははは。

まずは、自分です!!
まずは自分が行きたい。
でも、
自分が行けるって落ち着いたら、大切な嵐友ちゃんに行って欲しい!って思います。
これは、不思議なことにアメリカのときに自分の中に生まれた感情かもしれません。
そんな天使のお仕事のお手伝いもしつつ、
嵐がひとりでも多くの、昔ながらの嵐国民をひとりでも多く見つけ出せますように。
かつてできなかった「幸せにする」ことを、ちゃんとできますように。

ず〜〜っと若くてバリバリ仕事をしていた頃には考えられないくらい、しっちゃかめっちゃかになっている香取ですが、ちょっとした隙間に「ファンキー」を練習しつつ生きてます。

あと1週間。
香取に会ってもらえる嵐友ちゃん達、よろしくお願いします。
お会いできないけど、おんなじ空間にいられる嵐友ちゃん、
幸せになりましょう〜。

あと1週間。
生き延びる!
北海道は今週雪!
グッズ並びは寒さ対策しっかりね!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック