日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
はい、ちょっと遅れたけれどHAPPY HALLOWEEN & PEACE!
2013年11月02日 (土) | 編集 |
どの日本人よりも、このイベントを外せない香取先生です。爆!

ハロウィンが大好きなんです!
香取ブログオタクの皆さんは、香取先生が一昨年まじめにハロウィンのTRICK OR TREATを子供っち達を連れてやったことをご存じのことでしょう。

今年は、まぁ、、、そういうことはできなかったんですけれど、おもしろいこともやっちゃいました。
どんなに仕事が辛くても、「辞めたい」とは思わないこの仕事。
ひとりでぼんやりしている休日も、遠征して走り回ってる休日も大好きなんですが、ジャージを着て学校中を走り回ったりしているのも好きなんです。

アメリカにいる3年間は、ずっと「現場復帰」だけを考えていました。
写真を撮るときは、
「あ、これを子供っちに見せたら興味深いな。」
そんな目線で「信号」とか「警察署」とか、「自分の家」とか、、、撮っていました。

そして、何より伝えたかったのは、アメリカでしか感じられないハロウィンのすてきさ、クリスマスのすてきさ。
イベントの楽しさ。

だからって、香取がアメリカ人の中で楽しくやっていたわけじゃないです。ちょっとくらい覗かせてもらったけれど、なかなかそれは無理でした。英語力不足。

今の学校では6年生の音楽と英語は香取先生の担当。
英語の授業は、ちゃ〜〜んと教科書があるけれど、ハロウィンの日に、教科書の「イタリアに行きましょう」とかやってられっかい!ってことで

朝、「今日はちょっとハロウィンを味わってもらうから仮装して教室にきてもいいよ!」

そんなおふれをだしたら、5時間目にかわいい6年生が集まってくれました。みんなカラービニール袋でかわいく作っておりましたよ。(これを「ゴミ袋」と言っちゃって、ものすごいブーイングも浴びちゃったりして)

そんな子供達と、ハロウィンってアメリカではどんなことするの?っていうのを香取先生の撮ってきた写真で味わったり。。。(いっぱい撮ってるの。人の家とか、アメリカの子供達の後ろ姿とか・・・あはは)

それから、ハロウィンには欠かせない英語、単語をいっぱいカルタでお勉強。なぜかカルタで盛り上がる子供っちっち。しかも、みんなコスチュームで。

カードを読んでくれるのはアメリカ人の先生(シマウマ)。
私は黒猫の耳つきシッポつき。
もうひとりの先生は、スパイダーマンって。。。。全身!うける。。。
こんな人達が、あんな人達と一緒に勉強してる。。。っていうことで、たくさんの他の学年が窓の外で覗いてる。。。

こういうのないとね。
楽しいことないと。
夢がないと!

勝った子達は、アメリカ人の先生に「TRICK OR TREAT!」ってゆって、お菓子をもらっちゃうのだ。

たった1時間しかなくて、もっとたくさん遊びたかったんだけれどちょっとはハロウィン気分を味わえたかな。

おもしろいことにその日の給食が
「サケフライから、カボチャコロッケに変わりました。」
なんて連絡があって、職員朝会の司会の先生が
「やっぱりハロウィンだからですかね?じゃぁ、○○先生(アメリカ人の先生)ひとこと!」

「HAPPY HALLOWEEN!!」

すると先生達も
「HAPPY HALLOWEEN!」

なんて朝から楽しい私の職場。

もちろん、私は語ります。
アメリカのハロウィンは子供達が地域の大人と出会う日。
そして、アメリカの人達は、この日だけ、知らない人にもドアを開ける。
それは、地域のみんなが「あなた達を見守っていますよ。ちゃんと見てますよ。」という「愛を示す日」だからだよ。。。って。
もちろん、このお話を私に伝えてくれたのは、アメリカ在住の私のお友達ですがね。えへへ。

昨日の夜、前に住んでいたタウンからメールが来ました。

「HELP」というタイトルだったので、「なになに?なにがあったん?」と読んでみると

「明日はハロウィンです。みなさん、車のスピードは落としましょう。子供達が歩いています。警察はライトを持ってブロックごとに立ちます。そのお手伝いをしてもらえませんか?役場にライトを取りに来てください。皆さん、ご協力をお願いします。」

もちろん、自分のタウンで犯罪が起こることを避けたいわけですが、子供達が楽しく過ごせるために大人が守る。
大人もがんばる。すてきなイベントだな〜って思います。昨日は平日だったから、子供達は夕方からしか出かけられなかったしね。

アメリカの子供達にとって1年で一番大好きな行事。。。って言います。それは大人になってもその思い出が心の中に残っていて、子供達を楽しませてあげたい守ってあげたい、幸せにしてあげたいって思うからでしょうね。

うちに夏からいるアメリカ人の先生が、朝から「シマウマちゃん」になって出勤してきたので、しみじみ思いました。大人がそれをできるっていうのは、小さいときに幸せなハロウィンを体験してきたからだろうな。。。って。

すっかり遅れておりますが、アメリカの皆さんはやっとハロウィンが終わったところかしら。
付き添って一緒に回ったマミーたち。おつかれさま。

そして
HAPPY HALLOWEEEEN!

&

PEACE!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック