65,189km
2013年09月13日 (金) | 編集 |
65,189km。

何の数字かわかりますか?
地球1周が40,000kmらしいです。
私が、嵐の遠征を始めた10年前から、飛行機で飛んだだいたいの距離。

初めて行った「ピカ★★ンチ」から、今年6月の「ワクワク」まで、札幌遠征も入れて40回近く東京まで飛んでいます。(さっき数えた。爆!)

嵐オタだけどジャニオタなんで、屋良ちゃんの舞台の遠征とか入れると回数はもっともっと増えるんですけれどね。
案外、私、がんばってきたなぁって想います。

考えるに、嵐を追っかけて地球1周以上しちゃったかな?この10年で。うふふ。
そして、たくさん遠征を繰り返していると、いつも気になるのが「天候」でした。台風が東京にいたり、私のいる地方に居たり、、、1日に何度も何度も天気予報を見て飛行機が飛ぶか心配する。。。そんなこともいっぱいありました。間一髪で、台風通過直後に東京に着いたこともあったし、冬はやっぱり雪が心配だったな。

それでも、たくさんの遠征の中から天候のせいで行けなかったことは一度もありません。いつも誰かが味方していてくれたのかな。(翔ちゃんが来ないってことはあったけどね。爆!)

実は、これまで幸せなことにいつもチケットが私の手元にちゃんと届けられました。
全ての遠征を自分のチケットで行ったの?というと、まさかのまさかで、半分以上はお友達にお譲りしていただいたものでです。

ずっとずっと幸せなことが続いていました。
そして、飛行距離を自分で計算して、私もがんばったな〜って想います。
(その中でも1万キロを越える、NYから東京ってものありました。)

今朝、学校までの40分の通勤時間。
車の運転をしながら、ウラ嵐マニア4を聞いていました。
そして、近頃引いたカードの言葉を思い出していました。

「変化を恐れないで進みなさい。必ず幸せが待っています。」
そんな言葉でした。

アラフェスの1週間前になりました。
強気でずっと探し続けていた香取。
まだチケットを持っていません。
この「まだ」っていうのも、いつまで言えるのかな。

私はずっと、
絶対に嵐の手を離さないって決めていたけれど、ここがターニングポイントになるのかな。。。そんなことも頭をよぎります。
それでも、「じゃぁ、アラフェスは諦めよう」とは想わないのが、不思議な気持ちです。
飛行機もホテルもそのまんま。今日は職場でお休みを取ることもお願いしてきました。
いつもだったら、もう最高に楽しい気持ちの時期なのに、もしかしたら、嵐オタになって初めての気持ちに、これから出会うのかもしれない、、、、そんな風に想っているとなんだか涙が出てくる。。。うん。
なんか、朝、嵐の歌聞きながら、タオルで涙を拭き拭き進んでいきました。

アメリカに行くことが決まった2007年。
「この3年間で、もしかしたら『嵐の事はもういいや』って想うのかな。それはそれでいいや。」
そんなことも想っていました。
嵐が好きになったのも、自分の想いのままのことだったので、もしも「さよなら」するときも、それは自分の想いに従おうと。

嵐を取り巻く環境は、どんどん変わっていって、楽ちんな時代では決してなくなったけれど、私はアメリカから戻ってきて「あぁ、やっと嵐の傍に帰れる。」まず、そんな気持ちでいっぱいだったです。。

どんなに遠くにいたって、やっぱり私は嵐が大好きで嵐オタのまんまでした。

来週の金曜日。
私は東京に行きます。
さらなる906キロメートルの飛行です。
昨日辺りから、「どうしよう。やめようかな。」と少し考えました。
だけど、「その先」を見てみたいという気持ちがあります。
どんな状況になろうとも、私は、やっぱり「嵐が好き!」って言えるのか。
ずっと応援する!!って言い続けられるのか。
それは、ここ北海道に留まっていては見えない答えのような気がします。

ちょっと弱音を吐きました。
「諦めないで」とか「信じていれば夢は叶う!」とか。
「だいじょうぶ」とかね。
今まで何度も自分で自分に言ってきたけれど、ちょっとここに来て

これからどうなるのかな。。。。

そんな風に想ったりしています。
その先には、どんな私がいるのか。

1週間後。
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ!
香取さんの嵐さんに会いたい思いがひしひしと伝わって来るブログをずっと読ませて頂いてますがこういうファンの人こそ当選させるべきだなと思います。私なんか、当たらなかったら、すぐ諦めてしまうタイプだから、本当に嵐ファンなのかと疑う自分がいますが・・・。
ここまで来たら、ギリギリ参戦出来る事を祈ってます。
2013/09/13(Fri) 22:11 | URL  | 五十路 #-[ 編集]
ありがとうございます。
>五十路さま
ありがとうございます。
み〜んな行きたいんですよね。
み〜〜んな、ファンなら誰だって行く資格のあるアラフェス。

願わくば、嵐の5人が楽しく、優しく、気持ちよく2日間を送ってくれたらな〜って想います。
よい風、きれいな風の吹き渡る国立競技場で。
2013/09/14(Sat) 00:12 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック