日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
君のことを想う日 2013
2013年08月30日 (金) | 編集 |
君が30歳だなんて。
初めて会ったとき、君は20歳になったばかりで
二ノに作ってもらった歌をステージの下で聞いて、そのきれいな瞳に涙を浮かべてた。

ふわふわのくり色の髪をした20歳の君だった。

お誕生日おめでとう。潤君。
毎年同じことを書いている気がするけれど。。。。ごめんね。

何年か前、まだ1日3回公演なんてやっていたころ。
私は8月30日の横浜アリーナコンに参加してた。
朝一番のコンサートは10時開演。
「おはよう〜〜!!」ってメンバーが出てくる。今想うとおかしいよね?爆!

メンバーやスタッフからのプレゼントやメッセージ、それから私達のおめでとうコールを聞いた君は
そのきれいな瞳を涙でうっすら濡らしながら

「これから、僕はみんなのことを想って、毎日『おめでとう』って言うよ。毎日毎日、空に向かって『おめでとう』を言うからね。」

君は、そう言った。
なんて優しい言葉だろう。
だから、私も毎年8月30日、どこにいたって何をしていたって君のことを想うんだ。

君は初めてのアジアツアーや初めての蜷川舞台の後、なんだかすっかり大人になった。
ご挨拶のひとつひとつの言葉が、私達の心に沁みわたるようになった。

ぼくらの嵐という文字は、山の下に風って書きます。
ぼくたちは、高く険しい山をこれから登っていきます。
だから、皆さんはぼくたちの追い風になってください。

初めてのドームコンサートだったかな。
君は私達にこんな風に言ったと想う。

そして、君たちは高く険しい山をどんどん登っていった。
私なんかが一生懸命送った風が、一体君たちのどれくらいの力になったのか。
本当に、それが追い風になったのかはわからないけれど。
私は、北海道に居ても
アメリカに居ても
一生懸命に風を送り続けたよ。

潤君、
君は本当に
君は本当に優しい人。

大好きな先輩ジュニアの翔ちゃんとユニットを組むことが出来て、嬉しそうだった「スッピン嵐」の君。
翔ちゃんに「こいつ、うぜ〜。」って言われながら、子犬のように翔ちゃんを追いかけてた君。

誰とでも垣根なく仲良くなる相葉ちゃんを見て「くやしい、僕にはできない。」って言った君。
どうやったらあんな風に接することが出来るんだろうって悩んでいた君。

大ちゃんのことを
「あんなに他人には優しい人なのに、自分にはとても厳しい人」って言った君。
1日だけ大ちゃんになって、その目から見える世界を見たいって言う君は、ずっと大ちゃんを尊敬し続けてる。

「二宮和也君。君は本当に、本当に優しい人です。」
そんな風に、初めてのワクワクで二ノのことを話した君。
「僕が、コンサートの話し合いのとき、つい強い口調で話してしまうとき、君はすぐに空気を変えるような言葉を言ってくれる。」

嵐をひとりで引っ張るような気持ちでスタートしたのかもしれない。
だけど、ずっと4人のことを好きでいる君。

優しくて、泣き虫な君。
強くて、ちょっぴり弱さも見せる君。
正義感が強くて、ひとりで走って行く君。
昔はファンの事もよく叱ってくれたよね。
「嵐のファンは、ワンピースの子が多いね。」って、ちょっと照れながら言ってくれた。
去年のツァーに参加して、あぁ嵐のファンはしっかり育っているなぁって感じた。
君たちが、とっても丁寧に、ときには厳しく、心を痛めながら育てて来た。

私は今でも、初めて行ったコンサート「いざっNOW」で私の斜め前に座っていたお嬢さん達の後ろ姿が忘れられないよ。みんな振りがぴたっとそろってて、きっと北海道の人達じゃないんだけど、嵐のすぐ傍に居てずっと応援してきたんだろうな。。。って想える可愛いお嬢さん達。
二ノのゲームの話になったときは「まだ、やってんだ。。。」って笑いながら、荷物の片付けなんかしてる彼女たちの楽しげな姿を見て、私は嵐が大好きになった。
嵐が、「友達」みたいに愛してもらってるのが、すてきだな〜って想った。
同級生達が応援に来ているみたいな、そんなコンサート会場が大好きだった。

今、私も10年目を迎えて、ちょっと古いファンになって、ことあるごとに昔の話なんかしちゃう。
昔はよかったな〜って想うことがいっぱいあるよ。正直言うと。

だけど、こんな重たいおもりみたいなのにぶらさがられてて、嵐は先に進めないんじゃないのか。。。って近頃想うことがある。
もう、追い風なんかじゃないんじゃないか。。。って想う。

今、嵐の事が大好きなファンの子達と、もっと軽快にこの坂道を走っていった方がいいんじゃないか。。ってこの頃想うことがある。

それでも、去年のナゴヤのオーラスで、

「支えてくれてありがとう。」って優しく言ってくれた君の言葉が忘れられない。

24時間テレビで耳の不自由な子供達に
「僕だって同じだよ。」って
聞こえない言葉だけど
とびっきり優しく言った君の事が、大好きだ。

潤君。
30歳のお誕生日おめでとう。
絶対的にかっこいい大人になるだろうな。
絶対的に、優しい青年になるんだろうな。

君が駆け上る高く険しい山。
香取はまだまだ風を送り続ける。
いいよね?
ずいぶん君は山の上の方にいるみたいだけれど
まだまだ
追い風、必要だよね?
コメント
この記事へのコメント
おめでとう☆
潤くん、お誕生日おめでとう♪

潤担なのに、1日遅れてごめんなさい(^^;
でも昨日は何をしてても考えてましたよ。
本当に、潤くんが30歳って…ねぇ
私が好きになったのと同じ歳です。
その頃の自分と比べても、ちょっと大人になりすぎじゃないの?って時々思ったりします。
尖ってた昔が懐かしい…

結局、私達ファンは盲目な分美化してて、本当のところは分かってないかもしれない…
何年か前の潤くんなら「俺の何を知ってんの?」なんて言われちゃうかも知れないけど。
それでも、ちゃんと知ってる。
ふとした表情やもらした一言を見逃さないように。
すごく友達想いで笑顔が柔らかくて、自分には厳しいけど周りの人には本当に優しい人。
自分が発する熱で周りを元気にしてくれる。
歳を重ねても少しも色褪せる事のない潤くんが大好きです。
支えてもらってるのは私の方、少しでも返せるように、風を送れるように…一番後ろからでも付いていくよ♪

2013/08/31(Sat) 23:17 | URL  | みく #-[ 編集]
きっと嘘はないですよね。
>みくさん
いつもありがとうございます。

あの5人が今、日本中の人達に必要とされるのは、あの子達の目に嘘がないからだと想います。
それはもう、私達はずっと前から知っていて、ずっと応援してきているけれど。
こんな世の中だから、光なんですよね。

そして、潤君はほんとうにきれいな目をしていますね〜。
いちばん話してみたいって想うし
いちばん話しづらそうって想うし
いちばんわかってくれそうだし
いちばん傷つきやすそうだし
だけど強いし。。。

素敵な青年になりましたよね。
そういえば相当前にコンサートのときに「潤君って、いつからあんな風に大人になったんだろうね。」って嵐友ちゃん達と話したことを思い出します。
まだ20代になったばかりだったのに。。。あの子は、すごい「力」をいつも持ってる気がします。

ハッピーバースディ!もう30歳!
2013/09/01(Sun) 11:55 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック