潤君のタップ 〜24時間テレビ〜
2013年08月29日 (木) | 編集 |
ようこそ!「香取と嵐のチケットお助け掲示板」へ

↑携帯、スマホからご覧下さっている皆さんへ。
あげときます。

さて、今日はもういっちょ。
24時間テレビの潤君のタップのこと。

去年のあの指揮からあっという間の1年だったんだね〜。
なんか、ほんとに1年経つのって早いね。

そして、やっぱり自宅にいながら立ち上がってのブラボーでした!
私がよくリーディングしている、エンジェルカードに、

「あなたは、スピリチュアルティーチャーです。」

というのがあって、ときどき私のもでてきます。

彼のあの24時間テレビでの様子を見ていると、このスピリチュアルティーチャーという言葉が浮かんできました。
たとえば、翔ちゃんだって同じようなことをやっているんだけれど、もちろん彼の真摯な高校生への向き合い方もちゃんと伝わってくるんだけれど、、、

なんていうか、また違う「激しさ」「熱」「湧き上がる想い」、、、
言葉ではとても表現が間に合わない、追いつかない「感動」(この言葉も、なんかちゃうな。)が彼にはあります。

なんだろう。
それはなんだろうと、、、ずっと考えています。

例えば、私達「先生」の世界には、どんだけ勉強ができたって、どんだけ研究を積んだって、どうしても真似できない「真の先生」という方がたくさんいらっしゃいます。私のスピリチュアル師匠と話していると、彼女もおっしゃいます。

「かとりんの世界の人達は、全くスピリチュアルの研究をしていない人、トレーニングをしていなくても、真のヒーラーがたくさんいると想う。」

潤君を見ていると、なんていうのかな。。。。
エンターテイナーであり、表現者である彼だけれど、
「指導者」というパワーも兼ね備えている人だなぁって想う。

もちろん、彼が「努力を惜しまない人」であり「考え続ける人」であり、「しっかり人と向き合う人」であるからなんだけれど、そういう彼自身が自分の意志でやり続けていることじゃなく、本来の彼のもつ「指導者としての力」があるんだと想います。

何の話じゃ!って想うかもしれないけれど、私、ある舞台を観たときに相葉ちゃんの背中に真っ白な羽根が見えたことがあります。(怪しないで〜)
それから、二ノは妖精に見えるときがある。

嵐のDVDを見ていると特別な波長で、自分がヒーリングされていくのを感じるときがあってね。きっとこれって、日本中世界中の人がみんなそうなんだと想うんだ。
嵐って5人ともそういう力をもっている人達なんじゃないかな。。。っていつも想ってる。

さて、潤君のタップ。
どれくらいあの子達に接する時間があったのか、、、とか、そういうのは関係無しに、会った瞬間に潤君はあの子達の心を捉えたんだと思う。
もちろん、アイドルですから。みんなの憧れですから。
でも、分け隔てなく、いいえいいえ、よりあの子達の心に添おうと努力する姿を、彼らが見逃すわけがないです。

私ね。
パフォーマンスの前の、ちょっとだけ映った場面。
本番直前にステージで体育座りしている子供達の前に立った潤君。
きっと、ほんの短い時間に伝えたんだと想う。
そういう場面って、教職の仕事してるすごく重要なんだ。
今日、この今の瞬間に伝えるって、大切なんだ。

だけどね。
それって「言葉」じゃない。
「佇まい」なんだよね。
「息」とか「空気」とか「風」とか、見えないもの。

潤君が、あの耳の不自由な子達に
「たくさんの辛いことがあるし苦しいことがある。僕も同じだよ。」
そう話す場面がありました。
あのときの「潤君の言葉」は、決してあの子達の耳には聞こえない。
だけど、「心」に届いてる。

結局のところ、言葉は無力で、さほど重要じゃなくて、伝えたいことは「目」だったり「熱」だったり、
あのステージの直前に、潤君が子供達の方を見て、子供達ひとりひとりの顔を見つめて、きっと笑顔で、「楽しもう」くらい言って、心を届ける。
そして、客席に向いた潤君が、背中で伝える。

あの日のパフォーマンス。
潤君の背中を見て、ぴったりとそろえてくるあの信頼感。
私達が感動したのは、決して上手なタップダンスじゃないんだよね。
決して、本番より上手に出来たとか、耳が不自由なのにプロ並みだったとか、、、そういうことではないんだ。

あのステージに渦巻く子供達の気持ち。
潤君に感謝とか、裏切らないでやってきたこととか、絶対ついていくって決意したこととか
潤君は潤君で、後ろを見ないで踊りきる、ステップを踏む。。
子供達は、潤君の背中にしっかりついてくる。

だけど、あぁ潤君だな〜って想う。
背中で見てる。
あの子達のことみんなのことを、ちゃんと背中で見てる。

すごい人だなぁって想う。
そして、私達の仕事に近いなぁと想う。
それから、長いことこの仕事してる私なんかよりも、あっという間にすごいことを成し得てしまう。そう言う力を持ち合わせた、誰にも真似できない、追いつけない力を持っている人。

すごい人だ。。。

あぁ、、、もどかしいわ。
結局、言葉でぐるぐる彼の魂の周りを回ってるだけみたいな記事になっちゃった。

24時間テレビのこと、とやかく言う人はいっぱい。
嵐がギャラをもらってるとかもらってないとか、どーだっていい。
嵐のやってることは、絶対に正しい。
あの子達のきれいな魂を、とやかく言うヤツ許さん。ばかばかしい。

武道館には、確かにきれいな魂がたくさんあって、
みんなの想いが募金という形になる。
十分だ。

いっぱい想いはあったけど、うまく書けなかった。
結局、言葉なんか無力ってことだ。



今日は修学旅行の回復休日で、さっきお買い物に行ってきた。
いつまでも支払ってなかったアラフェスのときの旅行代を支払ってきた。

東京行きをキャンセルする気持ちは全くないのに、いつまでも支払ってなかった。キャンセル料が発生するのは明日から。アラフェスチケット、まだ見つからないけれど、お金なんてもうどうだっていい。
10年前から、私はそうやって嵐と向き合ってきた。
お金じゃないんだ。
嵐に会いたいんだ===!!
コメント
この記事へのコメント
背中で語る人
今日もぶんぶん頷きながら読ませていただきました。
私が言葉に出来ない想いを書いてくれてありがとう。本当にうまく文字に出来なくて、言葉は無力だなって思うけど、それでも溢れ出た気持ちを残しておきたい…その想いを叶えてくれたような文章でした。

実は私、日曜日から夫不在で義両親のところに帰省中で、お嫁さんしてたので本番のタップは観れてないんです(>_<)
仕方ないって思いと、録画してるっていう油断があったんですけど…どうしても観たくなって夜中にネットで観たんです。
もうね、今ものすごく後悔してる。
あの熱を研ぎ澄まされた時間を、潤くんと全国のファンと共有したかった(>_<)
録画観たら尚更だろうな…覚悟しなくちゃ

なんか、想いが溢れて暑苦しいコメントになってしまってごめんなさい(-_-;)
2013/08/29(Thu) 22:16 | URL  | みく #-[ 編集]
だいじょうぶだいじょうぶ!
>みくさん
だいじょうぶですよ。
ちゃんと録画でもあの「熱」は伝わってきます。

逆に、私は二度と見られないです。
あのときの気持ちをもう一度体験するのは、今の私にはちょっと辛い。
なんていうのか、それを思い知らされるのはもうあの瞬間でいいやって感じです。

去年の指揮は何度も見て、そして記事をアップした気がしますが、今回は自分の記憶だけで感想を書かせてもらいました。
タップがかっこいいとかそろっていた以上に、潤君の姿勢がすごいな〜って想いました。
私もこういう人を教える仕事をしているけれど、彼はものすごいマジックもってるな〜って想います。あれは才能です。努力しても手にすることが出来ない天性のものだなぁと想います。

みくさん、いつもコメントくださって本当にありがとう。

近頃、掲示板で初めてお見かけするお名前を見ると、あぁ、ここも見てもらえてるんだな〜って想えて嬉しいんですが、なかなかコメントっていれづらいのでしょうね。うふふ。

録画楽しんでください!
2013/08/31(Sat) 11:07 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック