4回目の24時間テレビ!!
2013年08月24日 (土) | 編集 |
さぁ!皆さん。
ハードの準備はいかがですか?ARE YOU READY?ですよ!

私も昨日までに必死に編集しまくって、やっと予約入った感じです。

さて、これ↓
携帯やスマホの方のために記事のトップにあげておきます。

ようこそ!「香取と嵐のチケットお助け掲示板」へ

こんな場所ですから、なかなか一目に触れずよいご縁もなかなか繋がらないかもしれません。ごめんなさいね。
でも、ここががんばりどころですよ!

そして、24時間テレビです。
香取がFCに入ったのは2004年1月です。(この自己紹介、近頃むっちゃしてるわ。チケット掲示板で。あははは)

2004年と言えば、初めての24時間テレビです。
そして、あの日。
あの夏。

香取は武道館にいました。

今思えば、お気楽極楽でしたよ。だって、たった1枚出した葉書がするっと当たって、特にファンじゃないっていうお友達と一緒に入るっていう。
ここで何度もこのことを書いているので、もういいわ!って人はスルーしてね。

2004年はオリンピックの年でした。野球の試合が長引いて、6時だったかな?に始まるはずだった番組が始まらず、武道館でただひたすら、徳光さんと野球を見る私達。
「嵐出してよ〜〜〜!」って思っていたけれど、やっぱりチャリティパーソナリティは番組の冒頭に登場しなければならないんですね。

当時、Dの嵐で、東山さんから「チャリティパーソナリティに任命する」って言われた5人。
「ええ〜〜〜!!」と驚き、どきどき、、、不安。。。どうしよう。。。みたいな5人でした。

今でも覚えています。
徳光さんの紹介で、武道館の5方向からステージに向かって走ってきた5人の姿。
メインステージに走ってくる、まだ20歳くらいの彼ら。
東山さんのお隣で、その緊張感たるや、、、お客さんの私達でさえ心臓が飛び出しそうになるくらいでした。こんなことで24時間もつの?だいじょうぶ?そんな想いで見ていました。

その年は、ドラマがタッキー主演。
思えば、嵐とタッキーがステージで話すっていう貴重な場面もあったんだよな=。

タッキーのドラマ中は、
「待たせてごめんね。僕たちのミニコンサートをお贈りします!」
っていう、楽しい楽しいティキソーソーや、アデイ。。みんなで楽しく楽しく盛り上がりました。

あの時代は、夜は芸人さんとのコラボじゃなくて、なんとMAとのコラボだったよね?覚えてる?
だって、屋良ちゃんとか米花君とか、スタジオに来てたよね?
町田さんも。
(うろ覚えなのは、夜ホテルで爆睡してしまったため。どっかにDVDにはありそう。きちょ〜〜)

二日目の葉書は当選しなかった香取が、当時やったこと。
何度も募金する。
武道館の周りを歩いて歩いて、なんど募金したか。あははは。
だってね。5人が心配だったの。
だいじょうぶかしら?
相葉ちゃん、身体よわいし具合悪くなってないかな?とかね。

何度も募金に入ると、ときどき5人が並んでないときがあるわけです。
「あれ、相葉ちゃんいない。とうとう倒れたのか???」って心配になると、「これで最後にしよう」って思っていた募金に、また入る。
しかもね。
当時、全然嵐ファンじゃないお友達と一緒に入ってたので、その子らに、毎回100円玉とかを渡して入るっていう。。。あはははは。いみわからん。

あわよくば、嵐が募金受け取るときだってあるかもしれないじゃん?っていう姑息な考え。
当時は、ほんとにそんな気分でしたよ。
「止まらないで」ってスタッフさんに言われても「ちょっとくらい、いいじゃん!」って感じのノリ。悪いファンでした。爆!

さあ!2013年の24時間テレビ。
私は途中抜けします。

だって、もう支えてあげなきゃ。。。って5人じゃないもの。うんうん。
だいじょうぶ、だいじょうぶ。

私のクラスの車椅子ちゃんが、マラソン大会に出場するの。これまでず〜〜〜っと、ふたりで練習してきました。明日は、その本番です。
そりゃ、家で24時間テレビ見てる場合じゃないだろう。しかもどうせ朝は北海道ローカルだしさ。

私にとっては、ひとり24時間テレビって感じですかね。
10年前も、ひとり24時間テレビでした。杉田かおるさんの走るのを武道館近くで応援してたな〜。

そして、嵐くんたち!
今年も被災地や身体の不自由な人達にいっぱいいっぱいプレゼントしてください。
君たちにできること。
たくさんの心のこもった募金を集めること。
これは、とっても大切なこと。
君たちにしかできないこと。
それから、奇跡を起こしたり
奇跡を伝えること。
それから、君たち自身も大きく大きく成長すること。

生きること。

われらが大島さんも走りますね。がんばってほしい。
そして、一緒にアラフェス行きたい!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック