日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神様のギフト
2013年08月09日 (金) | 編集 |
そっか。。。

そうだよな〜。

自分の言葉に励まされる日々。

香取:ぐろ〜い日々のまま。。爆!
アメリカにいるときによく考えたものでした。
自分がそこにいる意味。

もちろん、すばらしい体験と奇跡の連続だった私のアメリカ生活。
人生に無駄な事なんて1ミリもないって想う私は、アメリカにもアメリカで出会ったみんなに感謝して、その生活の幕を閉じました。

ただひとつ、辛かったのが嵐とのことだったな〜。。。あははは。。←って今は笑える。
だけど、そんなときに、千里さんの言葉が心に沁みたんだった。

彼が若い彼の学生仲間に悩みを打ち明けられたとき、千里さんが彼に言った言葉。(いや彼女かも)

「それは君にしか感じることが出来ない気持ち。
 それは、君だけが受け止められる気持ち。
 そして、君にしか乗り越えられないもの。
 神様のギフトなんだ。」

そして、私もまた若い職場の同僚ちゃんに相談されたり、
自分自身が仕事の壁にぶつかったときに
何度も噛みしめてきた言葉。

今回も、ぎゅっと心に抱く。

バラエティも録画してどんどん保存してるだけ、
コマーシャルだって、目の端っこで認識してるだけ
CDはがんばって買ってるけれど、そのまんま車に置きっぱなし。

そんな私への「神様のギフト」に違いない。

本当に手に入れたいのか?
人を羨んでるだけじゃないのか?
心から、その場所を目指しているのか。
安心したいだけじゃないの?

私はアメリカに居るとき、何度も何度もお友達の肩に乗っかって
色々なコンサート会場や、劇場に連れて行ってもらってた。
お友達は、みんな
「香取さん、これから入りますよ。」
入口で私にそうメールしてきてくれた。

帰国してからの私に、そんな気持ちがあったのか。

それでも、見たこともない国立競技場の鉄塔の上に座って、風に吹かれながらコンサートを見てる。
そんな風景を何度も思い浮かべてた。
あの時の気持ち。
アノトキノキモチ。

昨日より、今日。
今日より明日。
ちょいグロな感じの香取は、乗り越える。

これは
神様のくれたギフト。
私だけに与えられたギフト。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/09(Fri) 20:51 |   |  #[ 編集]
真面目ですよ!
>ひみつのMさん
いつもコメントありがとうございます。

こうやってぐろぐろ〜〜って感じの香取のことも、どこかで見守っていただけてると想うと、とっても嬉しい物です。コメントをいただけるのも、とっても嬉しいです。
ありがとうございます。

そして、私達あの時代のオタは真面目に決まってるじゃないですか!
だって、あの時代に彼らを見つけたんですよ。見つけられたんですよ。

そりゃもう、とっても真面目で、そしてとっても頼りになるファンなはず。

お子様の手を引いて、暑いそちらの気候のなか、夏休みを楽しませてあげよう。。っていう、その心意気。
もう真面目きわまりないファンですよ。

今朝引いたカードで
「あなたは、近頃ひとつの仕事に集中しすぎじゃないですか?平衡を保って!」って言われました。
まさにその通り、ずっとチケット掲示板をにらめっこして、そしてもしかしたら?っていうところにどんどんメールを送る。
昔だったらすぐにお返事が来て「ごめんなさい。」とか「よろしく」って気持ちを通わせることが出来たけれど、今の世の中はそうでもないようです。
ほんの数分で何百通ものメールを受け取ってしまうのですって。

みんな大変。
みんな大変な想いをしてその場所に行くのですよね。

私は、神様がこのことを、これからどんな風にもっと素敵なギフトに変えてくださるのか、
いえいえ、私自身がどんな形に変えていけるのか。

それを楽しむってことなのかな。
いや、そんなポジティブじゃないけれど、ネガティブでもないです。
自信もなければ、
確信のひとかけらもないけれど、
それでも明日もやってくるし
アラフェスの日はやってくるんですよね。

嵐は全身全霊を賭けて、「俺フェス」を繰り広げるんだと想います。
それは、かつて私達が望んだことだったはずなんですよね。絶対。うんうん。

歩き出しましょう。
嵐と手をつないで。
(あ。。。これ、私自身に言っていますよ。うん!)
2013/08/10(Sat) 13:24 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。