LIFE
2013年08月07日 (水) | 編集 |
久しぶりに目覚ましをかけないで寝ました。
香取、まだ夏休み中です。

今朝は、あの夏の朝のことを思い出しています。

2007年の7月の終わり。
夏休みの1日。
学校に向かう車の中から見た風景。
2007年の夏。
この夏は私にとって特別でした。

海外へのお引っ越しが決まって、嵐との最後の年だと想っていたから。(想えば、あれからもう5年以上もたってますね。)

その年の夏コンはTIMEでした。
タイムコン。
私が嵐のコンサートって言ったら、なによりも一番にあげるのがTIMEかもしれません。

7月の終わり。
その年は、私が札幌のチケットを取るよ。
じゃあ、私が横アリを取りますね。
なんて、、、関東に住む大切な嵐友ちゃんと一緒に、できるだけたくさんコンサートに行こうとがんばっていました。
最後の年だから、カウコンも行こうね。
そんな話を、もう夏の頃からしていました。

札幌のきたえーるで参戦して、その7月の末は横アリで楽しく参戦しながら、別れ際に
「あと1回、嵐に会えるよね。」
そう言って、私はお友達とバイバイして帰ってくる空港バスの中で

「横浜アリーナでのコンサートは中止。東京ドームに変更。
 抽選結果は一度解消して、もう一度申し込みからやってください。」

そんなこと考えられる?
今想っても、理不尽きわまりないって想うんだけれど、でも、当時の私達には事務所の決定は「絶対」だったから、自分のこととか、私の都合なんてそこには1ミリだって立ち入ることが出来ないことわかっていました。

今でも覚えているのですが、
後何回入れるってわかっていた私は、7月の横アリコンでは、「学芸会のために」なんてジュニアちゃんのダンスを見たりしていました。
いえ、当時の嵐コンは、私にとって大切な大切な時間だったけれど、だけど今とはまた全然違う「気楽さ」みたいなものがありました。
時間通りに行って、入って、楽しむ。

そうそう、先日のアラフェスのお買い物は30分ごとにファンを入れ替えるんだけれど、列が短くてね。
「あぁ、こういうの懐かしいね。」なんて話していました。

ちょうど夏休みをとっていたときだったから、私はおふとんから出てこないで、ずっと泣いていました。
もう会えないんだ。。。って想っていました。
もう嵐と会えないまんま私は引っ越しちゃうんだと想うと、悲しくて悲しくてたまりませんでした。

横アリのチケットを取ってくれたお友達が
「もう一回東京ドームに申し込みます。香取さん、一緒に入りますよ!」
そう言ってくれました。

5人はこのことどう思ってるの?
そこにも憤りを感じたりしていました。
直後、ワイドショーでこの状況に謝る5人がいました。
お友達のところには、ファミクラから潤君の直筆の文字で謝罪文が届いたそうです。

嵐も私達も、もがいていた時代でした。
蝶が羽化するとき、さなぎが大きく何度も揺れる。。。そんな感じでした。

1日中お布団の中で、みのむしみたいになっていた私でした。(今日は昆虫の例え多いな。爆!)

それでも、一念発起でおふとんをでて仕事に行こうと出かけました。

夏休みの、いつもより少し遅い時間。
職場までの道の途中で「LIFE」が流れました。

そんなに好きな歌じゃなかった。
だけど、涙がぽろぽろこぼれました。

二ノが

「どうやって生きてくのか」

そう私に話しかけてきた。

さぁ、今日は私達嵐オタにとって、決戦の日ですね。爆!

先日、日テレさんのある汐留で24時間の宣伝用の5人の写真が柱にあるのを、写メしながら思い出しました。
2004年の24時間テレビの時も、私、汐留に来て写真撮ってた。
そのときは、私だけが撮ってたよ。あははは。

2007年、あの夏の朝。

私は、
それでも、嵐と一緒に歩いて行こう
そう想ってた。
追いかけるんだ。
そう思ってた。

2013年。
たくさんの人にまみれながらアラフェスグッズを買う私は、遠くから見たらたくさんの嵐ファンの「ただのひとり」に違いない。
大きな荷物を抱えてて、「へえ、嵐ってすごい人気なんだね。」とか想われている人達の「ひとり」に違いない。

だけど、
嵐と一緒にずっと、もがきながら歩いてきた「ひとり」だ。
君たちが、もう私達の声を聞くことの出来ない遠くに居ても
これからもずっと歩いて行く「ひとり」だ。

そんな夏の朝。
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ!
夏休みに入られてからの、ブログを読ませていただきながら毎日が充実している様に想えますが・・・。
2007年はそういう苦い思い出があったんですね!
私は、嵐ファンになって初めて買ったのが、「TIMEコトバノチカラ」だったんです。(年齢的にかなり勇気が入りました)
これは、かなりハマりまして数えきれないほど観ました。(笑)
今回、アラフェスも落選しました。
次のドームに期待したいと思います。
2013/08/07(Wed) 21:31 | URL  | 五十路 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/08(Thu) 13:10 |   |  #[ 編集]
諦められない
>五十路さん
そうですか。
TIMEはとってもいいアルバムですよね。

いい曲がいっぱい入ってるし、コンサートも大好きでした。
たぶんご覧になったDVDがドーム最終日のものでしょうか?
私もその片隅にいます。いえ、真ん中に。爆!

結局は、私達のように一度解消されてもう一度申し込んだ組にはものすごくよいお席が回ってきたのです。
しかも、その年の城ホ落選組にも、もう一度チャンスが来て、そして当選させてくれるという。
今ではそんな「ごめんなさい」な感じは欠片もありませんが、かつてはそういうこともありました。

なんやかんや文句も言ったけど、結局は黙った感じでした。爆!

アラフェスに関してはまだまだ、あきらめがつきません。
自分が国立にいる風景しか、思い浮かべられないという頑固さです。

何にこだわっているのか、何が諦められないのか、、、という苦しみですが、この苦しみと付き合って子その嵐オタなんですよね。きっと。
2013/08/08(Thu) 13:46 | URL  | 香取 #-[ 編集]
元嵐
>ヒミツのRさん

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
夏休みをとっていて、十分にうちひしがれています。爆!

全滅。。。っていう言葉通りの全滅で、するりと送られてくるさりげない「落選メール」の数々にやられました。

それでも、ツィッターなんて見てたら、やっぱり当選している人がいるわけなので、あぁやっぱりこれは現実なんだな〜って受け止めています。

手を尽くして、そして行けることを信じて。。。。そう想うのですが、どうも嵐を取り巻く状況は、私が知っているものとは大きく変わっている気がします。
いや、変わっているんだと想います。

だったら、もう嵐には、ひきずるような感情はもう持たず、もっともっと自由にやっていってもらうしかない・・・そういう気持ちです。

私達が知っていたのは「元嵐」で、今の彼らは違う人なんですよ。きっと。爆!
まぁそう想いつつも、その場所に行けたら行けたで、こんな愚痴っぽい気持ちも変わるんですけれどね。黙るんですけれどね。

すっかり、全滅なんで、お友達とは札幌は大丈夫だよね〜なんて自信満々になったりしています。
とはいえ、そんなに気持ちの切り替えの出来ていない香取でございます。
2013/08/08(Thu) 13:54 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック