日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
みんな違う
2013年05月03日 (金) | 編集 |
moblog_ea521db9.jpg

「うちらのGWやで!」(byみかん)

多くの人に「ゴールデンウィークどこかいくの?」って聞いたけど、香取はノープランです。
てゆうか、やっときた〜〜〜!!って感じです。

ゆっくり休みたかったぜ〜。

さて、香取の仕事。

なんだか楽しくやっています。
実は初めて、自分のポジション聞いたとき、またまた青天の霹靂でした。
私の長いこの業界での仕事の中で、一度もやったことのない分野です。
あまりくわくし言えないんだけれど、、、、ごめんね。

しかし、これが超面白い。
また違う仕事としてのおもしろさ。
それから、避けてきたわけではないけれど、覗いたことなかった分野なので、へぇこういうことになっていたのか〜〜〜と興味津津。いっぱい本も買った。読んでないけどね?

やったことない分野だけど、奥が深い。
それから、今までちょっと「違う世界」って想っていたところに身を置くと、そこが当たり前になったり、また周りがどういう風に見ているのか、、、っていうのがわかって面白い。

加えて、音楽や英語の授業もさせてもらっているので、こっちもドキドキワクワクな感じです。

去年の職場は「駒」だった。私はひとつの駒でした。こういうポジションも必要なんだろうな、、、って想う駒。だけど、さびしかったな〜。常に寂しかったです。
それでも、子供っちとの楽しい時間はいっぱいありました。

でも、今のポジションにきて、去年1年間に私がやってきたことが生きる感じです。
去年は、実は「算数」ばっかり教えていました。年間何百時間。。。爆!1年生から6年生までの全部の教科書と1年中にらめっこしていました。その中で、色々なレベルのお子さん達のお勉強を見てきました。時には、「おおむね理解してます」って感じの子供達、あるときは「さっぱりわからない、、、むり〜〜!!」みたいな子供達。
だけど、おもしろいことに、教室では「わかんね〜よ。無理だ〜。」ってゆってる子供達も、少ない人数の中で向き合ってやっていると、自分の考えもどんどん言えるし集中力をもって学習し続けられるものなのです。

そういうのは私達の業界では「習熟度別のクラス」なんて言うのですが、特にそうやってグループ分けをされるのを嫌う日本人としては、、、お友達と別なクラスになるとか(学習だけね)、誰かと区別されるっていうの。。。だめなんだよね?
人を上に見たり下に見たり。どうも、私から見ると「わからないように、みんな一緒」が好きなんだよね?日本人って。

でもね。今のポジションにいて想っているんだ。
学習するのが困難なら、やっぱり特別なケアを受けた方が子供っちにはいいんだろうな〜って。。。
集団の中に埋もれると、伸びる力も伸びない場合もあるんだろうな〜って。

しかしながら、日本人って「人と違う」のが、ほんと嫌いだよね。うん。
たかだか10年くらいしか生きてないのに、まぁ子供っち達にも脈々と流れるそういった感じ。

香取は、人の目なんかより、「自分の未来」を大事にして欲しいな〜って想う。まぁそれは子供っちっていうよりも、その子供っちの保護者さんに言いたいけどね。爆!

まぁそんなことを朝から言ってますが、楽しくやってます。
でも、通勤時間が長くて車の運転はそんなに辛くないんだけれど、背中と肩とか腰とかが異様に凝っているそうです。
今週は肩が痛いの通り越して、胸の筋肉っていうか骨がつる。。。ぼろぼろやん。

でも、元気にがんばってます。
ふわふわ〜〜〜〜ってがんばってますよ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック