日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ひらぱー兄さん最高!
2013年04月20日 (土) | 編集 |
ジャニオタの心をくすぐる1時間でしたね。
昨夜のしやがれ。

やっぱり、こういうシチュエーションは、たまりませんな。
またこれが、坂本君ぐらいお兄さんじゃなくて、松岡君くらいの近い兄ぃじゃなくて、
岡田君っていうところがすてきだったな〜って想いました。

てかもう、
近頃のVのお兄さん達ってかっこいいよね。剛くんとか、岡田君とか。
例えば、FNSとかでVのお兄さんが歌ってるとき、テーブル席で今にも踊り出しそうな嵐を見るのが好きだったんだ〜。
カウコンのとき、キンキの曲に、エイトメンと向き合いながらダンスしてる嵐を見るとワクワクするんだ。

彼らは、きっと「下積み時代」のはずなのに、
ジュニア時代をとっても愛してる。

みんなに愛されて順風満帆でデビューしたみたいに見えるけれど、
なんにも問題もなく、すくすく育っているように見えるけれど、
色々あったんだろうなって想った。
それは岡田君も。

二ノが、色んなことを岡田君に相談したって言っていたけれど、当時の岡田君も答えようがなかっただろうな。
二ノは、デビューしてからも相談事があったみたいだけれど、なんかそれ、、、、解る気がする。
その時期が、なんとなく、、、なんとなくわかる気がする。

相葉ちゃんが覚えててもらえなかったっていうのも、なんか切なかったけど。
5人のジュニア時代のダンスが、あんまりきれきれじゃない感じも、、、うけたし、、、もしかして、これ、キンキちゃんだったらもっと踊れたのかな?とか想ったり。
だって、滝つばちゃんが硝子の少年をそれはかっこよく踊ってたから。(10周年で)
きっと「硝子の少年」なら死ぬほど踊ったんじゃないかしら。。。それも見たいとも想った。
光一アニキも来て欲しいよね。近いうちに。

大ちゃんが、岡田君との関係性を語るところ、、、
大ちゃんの表情が、余り見たことのない表情だったから、どきどきしましたな。
だって、あんな風に昔をたぐり寄せて、そのときの想いを話すことって大ちゃんにはない気がするから。どちらかというと彼は「今」に在って、過去も未来もふわっとやりすごしたり、波に乗ったりしてる気がするから。
もちろん、彼の身体には当時のことがしっかり染みこんでいるんだけれど、それを言葉にしたりすることはほとんどないって感じがするので、大ちゃんの語りとそれを見つめる岡田君の表情が、、、、なんかね。
ここも切なかった。

潤君の「東京タワー」。
あぁ、、、あの頃の潤君、かっこいいって想っていたけれど、想えば、やっぱり潤君って優しさがぐっとでてきたね。うんそうだわ。
なんだか昔の潤君って、私には苦手感があったもん。
コンサートのときのMCとかも、常に上目線でファンに厳しいイメージがあった。
だから、初めてのアジアツアーのあとかな、「白夜」とかも追えたあの年の潤君のご挨拶が今でも心に残ってる。
この子、変わったんだ。。。。って想った瞬間でした。
一緒に聞いてた嵐友ちゃんと「大人になりやったね。」って泣いたもん。
ぎらぎらだったんだね。あははは。
ぎらぎらを見る潤君の表情が、超かいらしかったわ〜。

それから、一番胸がきゅ〜〜〜って締め付けられたのは、翔ちゃん。

岡田君が
「おれ、呼び方変えたのわかってた?」
と尋ね、翔ちゃんが
「うん。気付いてた。」
そんな風に言ったとき。

何かの番組で、岡田君がキャッツのときはとても楽しかったけれど、ちょっと役者同士近くなりすぎて、その後の仕事がやりづらくなったって話してた。きっとそういうこともあるんだよね。
仲良しと、仕事仲間は違うだろうから。

だけど、キャッツが翔ちゃんにとって最初の頃の連ドラで、そうそう、テストのときはファミレス〜スタジオ〜ファミレスみたいに生きてた彼にとったら、きっと家族のようなぶっさんだっただろう。

大ちゃんにしても、翔ちゃんにしても、なんだか岡田君との距離って切ない感じだったよね。

特に、翔ちゃんが「気付いてた。」という話をしたとき、もしかして翔ちゃん泣いちゃうの泣いちゃうの?って想ってた。
なんか佐藤隆太くんとかの距離感と、一緒に歌まで歌ってたぶっさんとの距離が随分違うんだな〜って想ってた。きっと岡田君自身がそう言う人なんだろうね。
まわりと寄りかからない人。
自分は、ジュニア出身だけど、ちょっと周りと違うんだってず〜〜っと想いながら、剛健のような先輩と、むっちゃものすごい先輩と一緒にV6というユニットに入って、常に人との距離を取ることに心を注いできたんだろうな〜〜って想う。特に、坂本君はものすごく厳しくしていたっていうし。

まぁそんなVのお兄さんのことを、私が語るのは超おこがましいので、ごめんなさい。

ジャニーズ事務所はみんなとっても仲良しだけど、やっぱり「職場」だから、ひとりひとりが上下関係や横の関係をそれぞれのやり方でとっているんだな〜。

結構、どのアニキも嵐にぐっと寄ってくれるかわいがってくれるアニキだったけれど(ジャニーズアニキ)、岡田君は独特な雰囲気があっておもしろかったな〜。

やっぱり次はね。
ぜひともキンキちゃんのどちらかに出て欲しいな〜。いや、一緒に出てくれたら相当嬉しい。
光一さんのミュージカルの極意とか、おしえてほしい〜。

とにかく、色々と私も考えた「しやがれ」でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック