日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翼君とフラメンコ
2013年04月07日 (日) | 編集 |
ほんとに素晴らしい番組でしたね。
「笑ってこらえて」。

翼君とフラメンコ。
こんな風にお稽古する姿まで見せてくれるなんて、なかなかないよ〜。
何年か前、数分間にわたるフラメンコを「プレミアム」で披露したとき、

あれ〜〜〜!翼君ってこういう世界で生きていたんだ。。。。と知りました。

去年、とうとうタキツバファミクラに入った私。隅っこの方でつばちゃんの応援をしています。
嵐を見ていると、逆にこうやって自分の世界をしっかり見据えて突き進める翼君って、なんだか「羨ましい」って想ってしまいます。

たしかに、たくさんのレギュラー番組、コマーシャルをもっている嵐は、いつだってどこでだったその姿を見ることができる。これって10年前からしたら、本当に幸せなことですよね。だって、あの頃は「Dの嵐」とか「ホムンクルス」にいたるまで、何度も何度も見たもの。次の週までの1週間。何回も見た。
だから、記憶にも思い出にもたくさん残っています。

だけど、実は近頃はリアルタイムで見ないと、もう一度見ないだろうな〜って想って見ていることが多い。(なんたること!!)

さてさて、タキツバちゃん。
去年の10周年が終わって、全然見ーひんやん!ってつっこみたい。もちろん、スペイン語講座はやってるけど、あれ再放送やん!
たしかに、コマーシャルあったけど、一瞬やん!

いやいや「笑ってこらえて」ってすごいよ。風ポンとか屋良ちゃんがゲストで出るときあるもん。これってすごいことだわ。

つばちゃんが10周年の時に
「フラメンコの世界に没頭すると言うことは、僕たちのいたダンスの世界に背を向けるということだと言う人もいました。」
そんな話をしていた翼君。
覚悟のいることだったのでしょう。

でもね〜。翼君は自由に泳いでいる感じがあっていいな〜。
「こうしなきゃとか、こうあらねばならない。」がなくていいな〜。
小さいときから培われた表現する力を、人とは違う世界で発揮できるって素敵だなぁって想います。

さてさて。
つばちゃんのフラメンコ。
こうやって、お稽古してもらっているときから見ることができるなんて、むか〜しむかしの「all or nothing」の大ちゃんカポエラとか潤君ポップとか思い出します。

その場のインスピレーションで振り付けをしていくというスペイン人の先生のもと、いとも簡単にマスターしていく翼君。(もちろん、カメラのない時の練習もすごかったんだと想うけれど)
最後に振り付けの先生が
「翼はほんもののアーティストだ!」
そうおっしゃいますが、ジャニーズのすごいところはここですよね。

本当に小さいときから、お客さんの前に立つという緊張感を何度も体験し、またお客さんを前にする人間にしか感じることの出来ない「ほんもののライブ感」を何度も味わっている。

だから、あのフラメンコレストランの舞台に立つ恐ろしさも知ってるし、ライブの怖さも知ってるからこその集中力があって、それを一瞬で爆発させるパワーがちゃんとあるんだろうな〜。
「奇跡」とかじゃなく、翼君のもっている「力」なんだな〜〜〜って想う。

たとえば、潤君が去年の24時間テレビで指揮をしたとき、
あぁこれは、あの数万人をひとつにする潤君にしかできない指揮だと想った。
小さい頃から音楽の勉強してるとか、指揮法の勉強をしてるとか、そういう「知識」のつくるものではない、あのライブ感を解っている潤君にしか出来ない指揮。佐渡さんにもできない指揮があのときあったでしょう?

たぶん、フラメンコの世界に翼君がぐっと引っ張ってきた、ジャニーズのエンターテインメントの世界。
それは、「花」であるし、彼の持つ「その佇まい」であったり、トラビスさん曰くの「翼にしかないエレガントさ」とか。。。
きっとフラメンコの世界を勉強している人にも、お勉強することだけでは身につけることの出来ないものが、絶対に翼君の中にあるんだろうな〜って想う。あのえらい振り付け師さんや、日本人フラメンコダンサーさんでもきっと持ち合わせていないものがね。

たとえば、ソロコンや去年のプレイゾーンでも「フラメンコ」風なダンスは見せても、そのものは見せない翼君。きっと「フラメンコ」は彼にとって崇高でとても大切なものなんだろうな。
だから、自分の納得いくスタイルでしか披露しないんだろうなと想う。

つばちゃんのフラメンコをこの目で見たいって想って、出来る限り遠征している私も、なかなか拝見することはできないものです。
でも、きっといつの日か彼が納得するフラメンコができたとき、私達にじっくりと見せてくれる日がくるんでしょうね。

いや〜〜〜。。。
素晴らしい番組だったわ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。