日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
大所帯〜♪
2013年02月24日 (日) | 編集 |
「わあ〜〜。もしもし?もしもし?」(byたろう)

moblog_c4abdf72.jpg

ほんやら堂さんから届きました。

「だして〜〜〜!寒かったよ〜〜〜!!」(byサブローちゃん)

ところで、ラッピングされたきれいな包みの前に、ふたりのなまけちゃんがいるのお気づき?
じつは、私、今日この子達を拾ってきました。救出してきました。

私のよく行く雑貨屋さん(言えば、たろう達が投げ売りされていた店)にタオルを買いに行ったら、タオルとかバスマットコーナーに、捨てられたようにこの子達が!!
しかも、ひとり190円。
投げ売りか!

たったふたりの、ほっぺちゃん達を、こんな日に救助することになるとわ。
今夜は、新しいなまけちゃん達が来る日。
moblog_4d0370fb.jpg

「えへへ。。。ぼく、、、ぼくな。。。サブローでっせ〜。」

いらっしゃ〜〜い!サブローちゃん。
妙にほっぺちゃんがカメラ目線やけど、この度の主役はこのサブローちゃんと、ちびちび〜ず3人組のはずでした。

なまけ騒動から数日。
とうとう、彼らがやってきましたよ。

なまけたろう復刻版。
色々あって、だぶっちゃったサブローちゃんは、どなたかにお譲りしようかとも思ったけど、いや〜〜〜。。。かいらしいし、もうあかん。うちの子ぉや!
もうあんたは、うちの子ぉや!!

君を見るたびに今後思い出すのよ。香取は。
あの日、お昼の教室でパソコンと格闘してんのに、子供っちがわさわさやってきて話しかけるという騒動を。
そして、心配なお友達は、もうひとりお迎えしちゃったっていうことを。

赤毛のアンのように、本当は君はここじゃないところに行くはずだったんだろうけれど、
でも、もう君たちはここの子達でいっ!

おりしも、本日190円で投げ売りをされていた香取に見つけられたふたりも加わった香取のなまけファミリー。
ほんとにね!
ほんとに巨大地震とか来てもらったら困るんですわ。
一緒に逃げるメンバーが増えすぎました。あはははは。

新しい子達はものすご〜〜〜い匂いを放っております。
よく考えたら、その匂いがきつすぎて、今までの子達からは匂い袋を取り去っていたことも思い出しました。

なんでも、ほんやら堂さんには「なまけたろう」初代の子達を作ったスタッフがもうほとんどいらっしゃらないそうです。そんなわけで、新しいなまけちゃんが作られてこなかったそうです。
今回は復刻版ということで、当時の抱き心地を今もいらっしゃるスタッフさんが何度も確かめての生産だったそうです。

うちのたろうは初代かなと思っていたけれど、その先代なのかな?たろうは、ぬいぐるみって感じの生地を使ってあるけれど、みかんやきんちゃんはまた違う生地でできています。
そして、今日来たサブローちゃんは、重い。
抱っこしたとき、わぁ重い~って言っちゃいました。
初代の子達はこんな感じの重さだったのかしら。

当時使われていたビーズとはまた違う物を使い抱き心地もより一層よくしてあるとか、、、ただのぬいぐるみちゃうねんで〜。なまけちゃんやねんで〜。

今回の騒動で、なまけデビューされたお友達もいます。なまけ仲間です!

そして、今日、うちの家族から珍しく電話が来て
「ちょっと、オークション見てみな!」って言われた。
見てみると、なんとなまけちゃんがオークションでもはや売られている。しかも高値で。

ひどい、、、嵐のチケットかよ。なんだよ、それ!
そんな高値を出してでも欲しいとおっしゃる方がいらっしゃればいいけれど、うちのほっぺちゃんたちみたいに、どこかの倉庫で眠っていたのを大放出みたいな感じになるのはかわいそう。

一緒に、かわいらしい写真カードが同封されていました。
そこには

「ただいま」

そう書かれていました。

おかえり!
サブローちゃん。
ちびちび〜ず。
そして、なぜかふたりのほっぺちゃん。
コメント
この記事へのコメント
サブローさん
サブローさん、お帰りなさい。

そして、もしかしてあなたは・・・・・生き別れてたジローさんの双子の弟? 帰るべくして帰ってきたんだね、かとりんの所に。


ほっぺちゃんたちは、お口がにっこりv-392なんですねv-347 癒されるわ~~~~
2013/02/24(Sun) 22:35 | URL  | ちゅみまま #JSqBSQcU[ 編集]
Re: サブローさん
>ちゅみままさん
縁あって、来てくれました。
まだ体温が冷たい感じなので、温めてあげています。

もうすぐかわいこちゃんたちを、お連れしますよ〜。
遅レスでごめんなさい。
2013/03/03(Sun) 00:29 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック