日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ちょっと語る
2013年02月10日 (日) | 編集 |
相変わらず、リフォーム祭りでぃっ!の香取です。

でも、今日は早く終わるそうだし、
昨日は岩盤浴でほっとしたし
今日は銭湯に行くか悩んでいる平和な3連休2日目。

今朝、お友達とツィッターで話していたことなんだけれど。。。。
まぁ、ちょっとしたゴシップ記事みたいなので読んだことなので、それ自体信憑性に欠けるっちゃぁ欠けるんだ。

だから、私の語ることももしかしたらお門違いなのかもしれません。

翔ちゃんがこれから取り組む「家族ゲーム」について「脚本を変えて欲しい」というファンの気持ちが高まって、署名運動に広がりつつある、、、という記事を読みました。
ほんとなら、「ファン」というくくりをやめてほしいな〜って思いました。

その記事を見て、思い出したことがありました。

それはヤッターマンNYプレミアムでのこと(この話好きやな〜。私。爆!)
映画の前に、いや、、、終わってからだっけ。翔ちゃんと三池監督をステージに上げての質問コーナーがありました。翔ちゃんはちゃんと英語でご挨拶をしてくれました。

そのとき、会場の皆さんからも質問を、、ということで、たくさんのファンの子達が手を挙げました。
前の方に座っていた、南アメリカから来たという女の子が質問をしました。

「私達の住む南アメリカの方にも、コンサートに来て欲しいです。」
彼女は英語で翔ちゃんに話しました。

すると通訳さんを介して翔ちゃんは
「映画のことについて質問してもらえますか?」
とだけ答えました。
私はそのとき、必死に潜り込んだファンとして、「うわ〜〜〜、、、なかなかにシビアな一言だな〜。」って思いました。あんな風に言われたら、私なら立ち直れない。。。って。

だけど、翔ちゃんはヤッターマンの映画のプロモで来ているわけですし、共に三池監督がいらっしゃるわけですし、ここは嵐のファンの集いではなくヤッターマンのワールドプレミアの試写会の場所だということで、そう答えたわけです。

そこで嵐の話をするのは、この映画をここまで持って来た日活さん、映画を作った三池監督、ここまで一緒に来ている全てのスタッフに申し訳ない。。。そういう強い想いがあったのだと感じました。

朝からずっと外に居て、やっと辿り着いた場所での翔ちゃんの一言は、なかなかに香取の記憶にしっかりと残ったわけですが、あぁプロだな〜と思いました。
また、彼には「ジャニーズ事務所のタレントとして」同じ事務所のスタッフに対しても気を遣ったのだと思います。変な言い方だけれど、ちゃんとしてるわ。。。この人。。。とも思いました。
自分の作品を、自分一人のものだなんて傲った気持ちをもたない、ちゃんとした人だな〜って思ったわけです。

さて、だから尚更、今回のこの記事は、なんだそれ!!って思っちゃいました。

私達ファンは、そりゃぁね。
彼らが傷つくのはいや。
彼らが氷水に落ちる姿なんて見たくないし、
人からどうこう言われるのもいや。
マネキンなんて、私、見てないからね!

嵐が人から非難されるのは、見ていて辛い。
そういう立場に彼らが行くことは、なんとか阻止したいとか思う。
しかし。

だからって、作品にまで口出しちゃだめでないかい?

たしかに今の時代「体罰」について、教育についてはデリケートな問題です。
増して翔ちゃんは、取材する側でもある報道人ですから。

だけど。
作品は作品じゃないのかな〜って思います。
私自身も「家族ゲーム」って見たような見ていないような。
松田優作さんのだよね?、、、見たのかな〜。。。くらいの記憶です。たしかに、松田優作さん役の家庭教師さんは、おっかなかった。

でも、ファンとしてそこに口出して、仮にだよ。仮にそういう想いが届いたとして、それは作品本来の姿となるのか。
こうやってリメイク版で私達の前にもう一度現れるこの作品には、それに関わる方達の想いがあるのでしょう。そこは私にはよくわからないで話していますが。

私も、嵐メンバーが出た作品でいくつか「うわ。これはもう二度と見ないだろうな。」と思うものもあります。生理的に許せないとか、ちょっと悲惨すぎる。。。とか、こわいとか。。。ね。
だけど、そういう作品は彼らを「ぐっと前に進める」作品でもあるんだろうなと思います。

相葉ちゃんは相葉ちゃんらしい役をやってくれていればいいかっていうと、たぶん本人だって「自分とは違う人」を演じたいという気持ちが強いと思う。
だって、役者さんですから。

キャスターをがんばってる翔ちゃんだって、そうでしょう。
自分をどん底に追い詰める潤君だって。
なんだってこなしちゃう二ノだって。
近頃舞台やらないね〜って感じの大ちゃんだって。

今までやったことのない役をやることは、きっと彼らがもっともっと成長する「チャンス」だろうし、何より役者冥利に尽きることだろうなと私は想う。
例えば、大ちゃんが「怪物くん」をやるって決まったとき、私はちょっと鼻から息がひゅっと出ましたよ。なんておもしろいこと!
なんて、楽しそうなこと!!

翔ちゃんは、きっと新しい自分を見つける。
だって、ピカンチの時は暴走族だったんだもの〜。
あの翔ちゃんは大好き。

ファンの私達は何が出来るかな〜。
翔ちゃんが自分で選んで進みゆく道を、応援することかな。
しかも、強い光じゃなくて
ペンライトくらいの仄かな光で照らしながら。

そう香取は想う。
今日のリフォーム終わり。
明日は、洗濯機とかが繋がって、お風呂に入れるのか===!!
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ!
リフォーム大変そうですね!今日は銭湯に行かれましたか?
そちらはこちらよりかなり寒いので風邪などひかれませんように。

「家族ゲーム」私も見た事ないかな?
今回は、少し内容が変わると何かで読んだ気がしますが・・・どうかな?
翔君の立場上、ドラマの内容によっては賛否両論が出そうですが、翔君が納得して演じられるわけですから、見守ってあげるべきではないかと、私は思います。このドラマが、これからの教育現場での何かのヒントになればいいと思ってます。

「ヤッターマン」ではそのような事があったんですね!さすが翔君らしい対応ですね。


五人がこれからも、色んなお仕事をやらせていただけるだけでもファンとしても有難い事なので、
見守って応援するしかないかな?
私は、この五人がどんな時でも笑顔で一緒にいてくれる事が一番嬉しいかな!
2013/02/10(Sun) 21:49 | URL  | 五十路 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/10(Sun) 21:52 |   |  #[ 編集]
見守って、照らして
>五十路さん

二ノが、自分のタイプは「味方でいてくれる人」って言っていましたよね〜。
長瀬君は「むずかしいね。」ってゆっていたけれど。爆!
そこがまた長瀬君らしいんだけど。うふふ。

彼らがどんな道を選ぼうと
たとえ、どんな状況になっても
どんな暗闇に立ちすくもうと

私達は、見守って、その道を仄かな光で照らしていくだけですよね。うん。

リフォーム祭りは今さいごの花火が上がって
祭りの後。。。。みたいな感じになっています。
今日は自分の家のお風呂に入れそうです。
2013/02/11(Mon) 10:03 | URL  | 香取 #-[ 編集]
ちゅう、いいよね。
>ヒミツのmさん
わぁお!蜷川舞台。
なんですか?誰ですか?いいですね〜〜〜!
理解できる舞台であることを祈っています。爆!

さて、さて。
ほんとに大人がなにしてんねんって感じですよね?
大人だから「署名運動」なんて発想するんだろうけれど、そういうことする自体でもう大人じゃないですね。

彼らの進む道を邪魔するなんて許せん!って思います。

彼らがすっごい美人さんと結婚とかしたら、心のどこかで「許せん!」って思っちゃうだろうけれど、彼らの選ぶ道は100%応援したいな。

まさにタレントさんからしたら迷惑な話ですよね。ファンを名乗って欲しくない。
近頃、ネットで署名運動できるサイトがあるので、手軽に多くの人の名前をちょうだいできちゃうけれど、だめだだめだ!そんなことしちゃ。
それは応援してることじゃないって思う。

ということで、舞台楽しんできてください。
2013/02/11(Mon) 10:10 | URL  | 香取 #-[ 編集]
ありゃりゃ
ワタクシ秘密のコメントにしちゃってたんですね、何でだろ(^^;
ま、いっか

蜷川さんの舞台は「祈りと怪物」です。
森田剛くんや勝村さんが主演でした。
少し前にKERAバージョンでもやってて、こちらは生瀬さんとか小出君も出てましたよ。
そちらも観たかったなぁ

なんと休憩2回の4時間越えの舞台で、おまけに最後まで救いのないストーリーで正直ぐったりでした(^^;

内容はまぁ、なんとか理解出来ました(^^)v
ただやっぱり、新感線とかの方が純粋に楽しめて私は好きです。(こちらは夫が月末観に行きます、いいなぁ~)

急きょチケットも2月になってから取ったんですが楽しめました。
剛くんファンもそんなに多くなかったような…
シアターBRAVAはわりと小さい箱でこれが嵐メンだったら、絶対チケット取れなそうですね(^^;
2013/02/11(Mon) 22:55 | URL  | みく #-[ 編集]
遅レスでごめんなさい!!
>みくさん
舞台の観劇おつかれさまでした。
遅レスでごめんなさい。

剛くんは舞台の上でのびのびやって、そしてV6ものびのびやってる感じで、近頃すごく素敵だと思います。
生瀬さんの舞台見てみたいな〜。
なかなか、舞台だけのために遠征はできなくて、、、、爆!いや嵐メン出てたら行くけどね!

4時間の舞台はきついですね〜。
オペラとか、平気で4時間越えしてきますけど、ストレートプレイの4時間は、、、すごい。
おつかれさまでした。

嵐もまた、舞台でのびのびしてくれる日が来ればいいな〜。
いや、今はチケット争奪戦がこわい。。。うふふ。
2013/02/17(Sun) 15:49 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック